転職

転職で年収を上げるための交渉術【未経験でも年収70万円UP】

未経験の職種に転職したいけど年収が下がるのは避けたい。未経験でも年収を上げるにはどうしたらいい?未経験でも企業に年収交渉することはできる?

こんな疑問に答えます。

  • 転職で年収を上げるための大原則
  • 未経験職種への転職で年収を上げる交渉術
  • 転職先で年収UPが難しい場合の代替案

 

未経験への転職は一般的には年収が下がるケースが多いのは事実ですが、この記事を書く私はアラサーで未経験業界・未経験職種に挑戦したところ、前職より70万円年収UPで転職。

前職に勤め続けていたら一度に70万円も昇給するのは難しかったことを考えると、年収を上げたいなら転職は効果抜群ですね。

私-SARA-
私-SARA-
一度に70万昇給すると、生活が大きく変わるわけではないですが金銭的にも精神的にも余裕が出てきます。

 

このように私も含め、年収を高めながら未経験の転職を経験している人も実は意外と多く、未経験でありながら100万円以上年収を上げて転職している人もいるほどです。

未経験の転職でもしっかり年収UPして転職している人には共通点があって、それはそれぞれが戦略に沿って転職活動を進めていたこと。

そこでこの記事では、未経験の仕事への転職でも着実に年収を上げて転職するために知っておくべきこと年収交渉術を含めた転職活動の進め方についてまとめてみました。

私-SARA-
私-SARA-
知っているのと知らないのでは結果に大きな差が出るので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

転職で年収を上げるための大原則

 

未経験の仕事に転職する場合、前職よりも年収が下がることは珍しくないのですが、以下の大原則に従えば転職で年収を上げることはそれほど難しくありません。

  1. 今よりも年収が高い業界に転職する
  2. 今よりも年収が高い職種に転職する

詳しく説明します。

 

① 年収が高い業界に転職する

転職で年収を上げたければ、給与水準が高い業界(あるいは企業)に転職するのが確実な方法。

 

求人広告を比較すればすぐに分かるのですが、同じ職種でも業界によって年収には結構な差があります。

たとえば、ITや金融、不動産、コンサルなどの業界は他業種に比べて年収が高い傾向があり、営業などの同じ職種でこれらの業界に転職するだけで年収が大幅に上がる人も珍しくありません。

私-SARA-
私-SARA-
私自身はこれまでに2度転職していて、初めての転職では年収がとくに高い金融業界から広告業界に転職したところ、年収downを経験。(冒頭の「年収70万UP」は2度目の転職の話。)

 

ちなみに、たとえば金融を例にあげると全体の平均年収は約440万円ですが、細分化すると同じ業界でも年収には開きが出てきます。

引用元:doda「平均年収ランキング 最新版 【業種別】」

 

このように同じ業界内であっても都市銀行→証券会社へ未経験転職する場合は年収が上がる可能性が高くなるので、これをうまく利用して年収UPを狙うのもありだと思います。

 

② 年収が高い職種に転職する

未経験転職として最近注目されている「軸ずらし転職」を職種に当てはめて年収UPする方法もあります。

「軸ずらし転職」発案者のmotoさん(転職業界では有名な方です)もこの方法と前述した「①年収が高い業界に転職」を組み合わせて転職を繰り返すことで、20代前半から30代前半までの間に年収240万→1,000万まで伸ばしています。

 

軸ずらし転職といってもイメージが付きづらいと思うので、以下の事例を紹介します。(業界と職種の両方が未経験の転職の事例です。)

 

moto:最近だと、介護施設で管理栄養士をしていた人が、食品メーカーに転職した事例がありました。管理栄養士は、職場を変える転職をする人が多いですが、食品を作るメーカーに転職することで大きく年収をあげることができていました。

現場で調理をこなすだけでなく、その上流の食品を提供する側に回ることで、現場の経験を活かし、転職したのです。

参照元:MONEY PLUS

 

この事例のように今までの経験やスキルを活かしたうえで、どんな職種なら転職できるかを知ることができれば、自分が選べる仕事の幅も年収の上げ幅も広がります。

 

なお、一般的には以下のような職種は各業界で共通して年収が高い傾向があります。

  • 専門職:コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人
  • 企画/管理系:内部監査、知的財産・特許、経営企画・事業企画、法務
  • 技術系(電気/電子/機械):先行開発・製品企画、プロジェクトマネージャー、回路・システム設計
  • 技術系(IT/通信):プロジェクトマネージャー、プリセールス、ITコンサルタント 等

私-SARA-
私-SARA-
私の2度目の転職では、業界の平均年収は前職と同程度だったものの、未経験の高年収職種への挑戦によって年収UPを実現。

転職で年収を上げるための交渉術【未経験でも年収UP】

 

ここまでお伝えしてきた内容だけみると「未経験の転職でも年収をあげるのはそれほど難しくないかも?」と思ってしまうかもしれません。

が、残念ながら世の中そこまで甘くないんですよね。

 

というのも…

  • どんな業界・職種でポテンシャルを発揮できるか自分で発見するのは難しい
  • ライバルは経験者であり、彼らを出し抜いて内定を獲得するのは難易度高め
  • 企業はできるだけ年収を下げて採用したいので、未経験はとくに年収交渉必須

というような課題があるから。

 

転職を効率的に有利に進める方法

では未経験の転職した人たちがどのように年収UPを実現したのかというと、共通するのは転職エージェントを利用していたこと。

転職エージェントを利用することで先ほどあげた問題のすべてをフォローしてくれるので、転職活動がかなりスムーズになります。

 

転職エージェントを利用することで受けられる具体的なサービスはこちら↓

✓転職エージェントに登録して得られる恩恵

  • 自分の知らないポテンシャルを発見してもらえる
  • ホワイト企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 応募時に推薦状を書いてもらえる
  • 面接対策のサポートが受けられる
  • 志望動機のアドバイスをしてくれる
  • 企業から面接後のフィードバックを確認してくれる
  • 面接後に企業に対して自分をさらに推薦してもらえる
  • 自分から企業に聞きづらい福利厚生面などを質問してくれる
  • 企業への年収交渉をしてくれる 等

 

無料で利用できるのにここまで手広くサービスが受けられるのはありがたいですよね。

私-SARA-
私-SARA-
私は2度めの転職活動時、これらのサービスをフル活用したことで、結果として2ヶ月で第一希望(今勤めている会社)含め4社から前職を上回る年収でオファーされました。

 

未経験の転職で年収を上げるための交渉術

そこでお気づきだと思いますが、年収交渉は自分でしなくていいんです。むしろ自分で交渉しないほうがいいです。(年収交渉はなかなか自分からはしづらいですし…)

というのも、企業との年収交渉は転職のプロである転職エージェントに任せたほうが論理的に交渉してくれるし、自分が知らない転職のルールを駆使してより有利に転職させようとしてくれるし、自分が気まずい思いをすることもありません。

私-SARA-
私-SARA-
2度目の転職では転職エージェントがかなり熱心に頑張ってくれて、内定をもらったときに年収UPとは別にお祝い金60万円を打診してくれた企業もあります。結局そこには転職しなかったのですが…

 

(「お祝い金」について詳しくは別の記事を用意しますね。)

 

このように転職エージェントを利用することで企業との年収交渉に加えて待遇面まで調整してもらえるので、未経験の業界・職種に挑戦したい場合には転職エージェントの利用は必須。

そして、確実に年収UPを狙うなら一社だけではなく複数の転職エージェントを同時進行することをおすすめします。

詳しくは以下の記事からどうぞ。こちらは具体的に私が未経験転職で年収UPした過程をさらに詳細に書いているのでぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい
転職で年収を上げる誰でも使えるテクニック【注意点あり】 転職しようとすると誰もがこういった悩みに直面しますが、今回はこんな疑問にお答えします。 転職で年収を上げる...

【番外編】転職先で年収を上げるのが難しい場合

ここまで読んでみて、「自分のケースでは未経験の転職で年収を上げるのはムリかも…」という場合、転職しつつ、その他の手段で年収を上げる方法もあります。

結論から言うと、副業しやすい会社に転職して副業を始めること。

 

たとえば、副業OKの会社に転職する、自分で時間をコントロールしやすい仕事に転職することで、年収が前職から変わらない/下がる場合でも、副業からの収入が得られるようになればトータルの年収は上がりますよね。

 

私自身は転職で年収UPは実現しましたが、転職したことで副業しやすい環境となり、さらにトータルの年収は上昇中です。

 

なお、仮に転職先で副業が禁止されていても正直言って関係ないです。その根拠は以下の動画がわかりやすいので、興味がある方は見てみてください。

 

このように年収を上げるために副業しやすい会社に転職するという方法も(今の時代はとくに)選択肢に入れてもいいんじゃないかな、というのが私の意見。

となるとリモートワークできたり残業が少ない会社を探す必要がありますが、dodaエージェントサービスJACリクルートメントはホワイト優良企業の厳選された求人案件が豊富なので利用してみるといいですよ。

私-SARA-
私-SARA-
私自身も今の会社に転職できたのはdoda経由でした!

まとめ

 

今回の記事の内容をまとめます。

未経験転職で年収を上げるポイント
  1. 年収が高い業界に転職する
  2. 年収が高い職種に転職する
  3. 転職活動は複数の転職エージェント経由で進める

 

私がこれまでの転職活動で本当に役に立ったと感じた転職エージェントは以下で紹介しているので、自分にあいそうなエージェントを探してみてくださいね。

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

 

なお、転職エージェントはかなりありがたいサービスですが、誰でもサービスを受けれるわけではないので注意が必要です。詳しくは以下からどうぞ↓

あわせて読みたい
転職エージェントに見捨てられるとヤバい理由【市場価値が低いから】 こんな悩みを解決します。 転職エージェントに見捨てられるとヤバい理由 見捨てられても簡単に挽回する方法 ...

 

スポンサーリンク