20代の転職

転職したいけどスキルなしでも20代後半はチャンスが豊富すぎる件

転職したいけど20代後半なのにスキルなし。こんな状態じゃ希望の会社に入れるわけないよね。スキルがない私が転職する方法は、ブラック企業に入るか年収を大幅に下げるしかないのかな。

こんな悩みに答えます。

  • スキルがなくても20代後半は転職のチャンスが豊富
  • 理想の転職を実現するための正しい手順
  • 転職前に新しいスキルを身につける方法【意外と知らない】

 

この記事を書く私は、特別誇れるスキルがあるわけでもなく、あまり名の知れていない中堅企業出身でしたが、転職活動してみたら憧れの未経験の仕事&大手企業に転職できました。

 

 

結論から言うと、20代後半はまだ若い!なのでスキルがないと思っていてもあきらめる必要は全くありません

むしろ20代後半こそ転職のチャンス

 

今回は、このように断言できる根拠と20代後半の転職で失敗しない方法を語ります。

私-SARA-
私-SARA-
意外と知られていない転職方法も紹介してます。3分ほどで読めるのでぜひお付き合いください。

 

スキルがなくても20代後半は転職のチャンスが豊富

 

冒頭でお伝えしたとおり、20代後半であれば(スキル不足だと感じていても)転職のチャンスは豊富です。

というか、20代という若さ自体が武器

20代後半であれば一定の社会人経験がある一方で社会の中では若手の部類のため、未経験の職種にも挑戦しやく、上の年代に比べれば給料も低いので企業としても採用しやすいからです。

 

転職市場で20代後半に期待されているのは、スキルや経験よりもこれまでの社会人経験でどんな行動をしてきたか、意欲的にチャレンジしてきたか、などの仕事に対する姿勢

そして「素直さ」や「柔軟性」も大事。

なので、まだ20代後半であって転職してみたいなら、迷わず転職してみても全く問題はないです。

転職したいならできることから行動するのが大事

 

というわけなので、悩んでいるよりもまずはできることから一つずつ行動してみましょう。ここからは転職初心者が希望の転職を実現するための手順を紹介します。

① 転職活動を始める

まず最初に知っておいてほしいのは、何のコネも人脈もない人が転職活動するなら転職エージェントの利用は必須。理由の一つは以下のとおり。

 

これを踏まえたうえで転職活動を進める手順はこちら。

転職活動を始める3つの手順

  1. 転職の方向性を決める
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 応募書類を作成する

詳しい進め方は以下の記事からご覧ください。

あわせて読みたい
在職中の転職活動の始め方【3つの手順で効率的な方法を解説】 こういった疑問に答えます。 在職中の転職活動の始め方(3つの手順) 転職活動で知っておくべき3つのこと ...

 

② どんな仕事に転職したいかわからないときの対処法

ですが、転職エージェントを利用する場合はある程度次のキャリアプランが決まっていることが前提。

それがなければ転職エージェント側もあなたにマッチする求人情報を紹介できないからです。

私-SARA-
私-SARA-
やりたいことがよくわからず転職活動して、結果的にエージェントが決めた会社になんとなく転職するのは嫌ですよね。

 

そこで、今の時点で「自分が本当にやりたいことがわからない」「将来やりたいことはあるけど漠然としていて、次にどんなキャリアを選べばそれに近づけるかわからない」という場合は、以下の方法で今後のキャリアを見つける方法もあります。

 

✓どんな企業で働ける可能性があるか診断してみる

「初めての転職だからどんな仕事に応募できるかわからない」という場合は、本格的に転職活動を始める前に以下のサービスを使ってみるのがおすすめ。

【公式サイト】https://miidas.jp/

こちらはミイダスという転職専用アプリで、簡単な登録だけで自動的にあなたのこれまでの経歴やキャリアの希望を分析して企業とマッチングしてくれます。

選択式の質問に答えるだけで3〜5分ほどで登録が完了

このあと、AIが自動的に企業とマッチングしてくれて、企業が興味をもってくれればオファーを受け取ることができ、書類選考なしに面接に進むことができます。

 

スキルがないと思っていても、AIの高度な技術があなたに魅力を感じてくれる企業に導いてくれるので、これを参考にどんな業界や職種なら自分には可能性があるのかを知ることができます。

ミイダス経由でこのまま選考を進めてもいいし、分析結果をもとに転職の方向性や応募先を絞るのも効率的な方法です。

\市場価値診断でオファーを受け取る!/
ミイダス公式HP

あわせて読みたい
ミイダスの仕組みと効果的な使い方【登録してみた感想は?】 ミイダスに登録してみた。 いきなりオファーきた会社が本当かどうかわからんけど、全部年収100万ぐらい上がりそうなの草 — げにう...

私-SARA-
私-SARA-
現時点で転職した場合の想定年収も確認できちゃいますよ。実際に渡しも転職前に試しましたが、思ったよりも高い年収で評価されて転職活動のモチベーションに繋がりました。

 

✓将来のキャリアについて相談してみる

将来のキャリアに悩んでいるときにツラいのが「孤独感」。家族や友達に相談しても分かってもらえないことも多いし、当然ながら会社の上司や同僚には相談できない。

転職活動中なら転職エージェントの存在もあるけど、相談できるのは転職活動中のプロセスや応募書類の書き方、面接対策、企業の絞り込みなど目先の転職に関することに限られます。

私-SARA-
私-SARA-
「キャリアプランについて相談できる相手がいない」という悩みは多くの人に共通していて、私自身も数年前までは同じ悩みを抱えていました。

 

このブログを運営していると様々な転職関連の情報に触れることが多いのですが、上記のような世の中のニーズを受けて、転職に詳しい第三者に相談できるサービスも生まれていることを知りました。

具体的には、長期的なキャリアプランや将来的な人生設計も含めた相談ができて、的確なアドバイスや選択肢を示してくれたり、転職活動のサポートまでしてくれるというもの。

 

こうしたサービスは基本は有料ですが、私が知る限り一番安くて長期的にサポートしてもらえるのがmentors(メンターズ)のキャリア相談。

実際に相談すると以下のようなイメージでサポートが始まります。

相談の流れ
  1. スタートアップセッション:キャリアの棚卸し、課題・目標の深堀り
  2. キャリアカルテ作成:メンターがあなただけのカルテを作成
  3. 定期的なセッション:メンターがあなたのゴール達成を中長期的にサポート

私-SARA-
私-SARA-
20代のうちに5〜10年先のゴールを明確にして、そこまでの道順を整理しておくことをおすすめします。個人的な経験からそれが曖昧な人ほど成長機会を逃しているように思います。

「転職したいけどスキルもないし何がしたいかわからない」という場合はとりあえず試す価値ありです。悩んで何もせず立ち止まっている時間ほどもったいないものはないですよ。

キャリア相談を体験する

 

転職前に新しいスキルを身につける方法【意外と知らない】

 

すぐに転職するのではなくしっかりとスキルを身につけてから転職したいと考える場合でも、20代後半ならチャンスは豊富。

職業訓練校などを利用すれば、会社を辞めてから無料でじっくり新しいスキルや技術を習得して転職できます。

20代におすすめの職業訓練
  • 簿記・経理・会計
  • IT・プログラミング
  • 医療事務
  • 国際ビジネス・貿易実務
  • パソコンスキル(Word, Excel)

職業訓練校について詳しくは以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
公共職業訓練と求職者支援訓練のどっちを選ぶべき?【転職前に必見】 こんな疑問に答えます。 公共職業訓練と求職者支援訓練の違い 公共職業訓練と求職者支援訓練の選ぶときの基準 ...

 

とくに転職に有利なIT・プログラミングなどの職業訓練は30歳以下に限定されてい場合が多いので、20代の今だからこそできるチャンスです。

とはいえ公的機関が運営する職業訓練校は「訓練期間が長いわりにレベルはいまいち…」という評価が多数なので、高度なスキルを身につけて確実に転職したい場合は民間企業が運営するスクールに通ったほうが効率がいいです。

無料でプログラミングについて学べるスクール情報や未経験でIT転職を成功させる方法については以下の記事からどうぞ。

あわせて読みたい
職業訓練校でおすすめのプログラミングスクール8選【完全無料あり】 こんな疑問に答えます。 職業訓練校とはそもそも何? おすすめのプログラミングスクール8選 プログラミン...

まとめ

 

転職活動を振り返って思うことは、転職するなら若いほうが有利だったということです。

ライバルに高いスキルを持つ人がいたとしても、転職では若さのポテンシャルのほうが評価されることも多々あるためです。

もちろん未経験の仕事への転職は不安がつきもの。とはいえ私自身は未知の世界に転職したことに全く後悔はありません。

20代後半と言えど、まだ20代。可能性は無限大なので、悩みすぎずチャレンジしてみてくださいね。

 

なお、20代の転職が得意なエージェントはこちらです。

マイナビジョブ20’s

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sは20代、第二新卒向けの転職エージェントで、未経験OKの求人ラインナップが豊富。

転職初心者向けに訓練されたキャリアアドバイザーが対応してくれるため、サポート体制が手厚いことで評判が高く、実際に提案される求人も20代向けかつ希望に沿った案件が多いです。

また、他社と比較してWeb適性検査のクオリティが高いことで有名なので、これは転職活動前に一度試して見る価値あり。自分の長所や特徴を客観的に知って転職活動にいかせるだけでなく、現職が自分に適しているかの判断にも役立ちます。

転職の方向性やタイミングに迷っているなら、まずはマイナビジョブ20’sのWeb適性検査を受けて、キャリアアドバイザーとの面談で適性検査をもとに今後の戦略を立てるのがおすすめです。

登録はこちら(公式サイト)

dodaエージェント

【公式サイト】https://doda.jp/

 

dodaエージェントサービスは国内でトップクラスの規模を誇る総合型転職エージェント。男女問わず幅広い世代が利用している転職エージェントで、20代後半向けの求人案件も多数取り揃えています。

全国に拠点を持ち企業とのコネクションも太く、豊富で良質な求人案件が揃っています。

職種でいうと企画系、営業系等の案件に強いだけでなく、最近企業からの需要が高まっているIT、医療、エンジニアなどの専門領域でも存在感を増しています。

最大の特徴は、厳選された比較的ハイレイヤー層の案件が豊富であること。具体的に言うと、取り扱う求人案件の年収は450万円〜600万円がメイン。

国内の人材業界ではトップクラスの会社という安心感もあり、応募書類の作成や面接対策などのサービス内容も充実していてコンサルタントの教育も行き届いていると感じました。

登録はこちら(公式サイト)

 

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントは、扱う求人数転職決定数が圧倒的ナンバー1なので登録しておいて間違いないです。

dodaが求人の質を絞っているのに対し、リクルートエージェントはあらゆる求人を幅広く掲載しているのが特徴。他にはない非公開求人を多数抱えているので、希望の求人が見つかります。

また、業界ナンバー1だけに、優秀なキャリアアドバイザーが多いことには定評があるので、面談して見るだけでも様々なアドバイスを得られます。

なお、キャリアアドバイザーなど人に相談するのが苦手な場合は、「リクナビNEXT」(転職サイト)だけでもキープして、豊富な求人数(情報量)だけでも確保しておくのがおすすめ。

登録はこちら(公式サイト)

 

あわせて読みたい
20代後半で何がしたいかわからない人の打開策【知らないと損】 今回はこんな悩みに答えます。 20代で何がしたいかわからない人の打開策 やりたいことを見つける第一歩は選択肢...
あわせて読みたい
初めての転職マニュアル【20代で一度はチャレンジすべし】 こんな疑問に答えます。 初めての転職を20代で経験すべき理由 転職活動の具体的な手順 初めての転職活動...

 

スポンサーリンク