会社を辞めたい

仕事の時間がもったいないと感じるなら5年後は後悔の塊【断言】

仕事の時間がもったいない。毎日同じ時間に会社に行きつまらない業務の繰り返し。サービス残業してまた同じ時間に帰る。こんな日常から何が得られるの早く抜け出したい。

こんな悩みに答えます。

  • 仕事の時間がもったいないと感じるなら5年後は後悔の塊
  • 解決したいなら受け身をやめて行動するしかない

この記事を書く私は仕事に楽しさややりがいを感じられず、5年以上会社を辞めたいと悩み続けました。

 

転職したことで「仕事の時間がもったいない」と感じることはなくなり、毎日が充実しているので転職して本当によかった。

あのとき転職してなかったらと思うとゾッとします。

 

今回は私の経験も踏まえて、時間がもったいないと感じる環境にいつづけるリスクと解決策について語ります。

私-SARA-
私-SARA-
3分ほどで読めるので気軽に読んでみてください。

仕事の時間がもったいないと感じるなら5年後は後悔の塊

 

仕事の時間がもったいないと感じるのは、今やってることが将来の自分にとって無価値だから。

 

仕事の時間がもったいないと感じる理由

仕事内容が自分が楽しいと思えるもので、好きなことであればこんなふうには感じません。

あるいは、仕事がツラくても「自分のためになることだ」と思えれば時間の無駄にはなりません。

 

でも、今の仕事が同じことの繰り返しで学びもなく昇給・昇格も期待できないなら、自己成長を感じられないですよね。

自分が興味のあることから仕事内容があまりにもかけ離れていたり、むしろツラいと感じる場合も時間がもったいないと感じる理由。

 

人間関係も影響します。

人間関係が良好な職場なら仕事自体を楽しいと感じることもあるし、この先もずっと付き合っていきたいと思える仲間ならそこで働く価値があります。

ですが、職場の人間関係が最悪の場合、負の作用しかないと思うんですよね。

 

5年後は後悔の塊」の意味

これがわかっていたのに私は数年間、環境を変えるための行動ができませんでした。

 

直近の転職には正直満足してますが、「もっと早く行動できていたら、また違った条件で転職できていたかな」とふと思うこともあります。

 

「仕事の時間はもったいない」と感じているのは、まだあまり危機感を感じていない証拠。

でも、5年後、10年後を考えてみてください。

 

今のまま仕事を続けることで将来あなたが豊かになる可能性はどれくらいありますか?

現状維持、あるいは衰退していく可能性の方が高いのでは。

「時間がもったいない」と感じるなら、すぐにでも将来の自分のために行動する必要があると思います。

*

解決したいなら受け身をやめて行動するしかない

 

今の状況を変えたいなら、周りに解決を望んでも無駄。

あなたができることは、あきらめて現状を受け入れるか、自ら行動するしかないですよね。

行動するとしたら何ができるかというと、具体的には以下のとおり。

 

解決策① 今の会社でやりたいことをやる

たとえば、今の会社でやりたい仕事があれば異動を申し出るなり行動してみましょう。

あるいは、プライベートの時間さえ好きなことができれば会社はお金を稼ぐ場所と割り切れるなら、無駄なサービス残業を減らしたり飲み会に行かないなど、今よりも余暇の時間を増やす工夫をしてみるのがいいと思います。

 

今の会社で自分がやりたいことを最優先にして行動しましょう。

そこで「時間がもったいない」という悩みを解決できるのであれば、それが一番労力を使わず簡単かもしれません。

 

でも、「今の会社でやりたいことがない」「今の会社のために働いている時間そのものがもったいない」「会社を辞めたい」と感じるのであれば、これ以上その会社に残る意味はないと思います。

 

解決策② 会社を辞める

一番簡単な方法ですね。

仕事の時間がもったいないなら辞めればいいんです。

 

とはいえ、家賃を払ったり生活費を稼ぐ必要があるわけで、あまり現実的な方法ではないですよね。

私自身、本音を言ってしまうと転職せずに会社員自体を辞めてしまいたかったです。

会社員だと満員電車での通勤がつきものだし、人間関係や理不尽さなど組織の大きな歯車から逃れられないので。

 

私-SARA-
私-SARA-
なので、ブログや転売など副業を始めて独立を目指しましたが、そもそも会社の拘束時間が長すぎて時間がない。よって、時間の自由度が高い会社へ転職することを決意。

つまり、大抵の人は「辞める=転職」がセットとなりますね。

 

解決策転職する

転職する場合は、少しでもやりたい仕事や興味のある仕事ができる会社、あるいは自分の将来に何かしらの形で貢献してくれる仕事に転職しましょう。

転職するならできるだけ早い方が有利です。今の日本ではどうしても若い方が転職しやすいので。

私-SARA-
私-SARA-
今日のあなたがこれからのあなたの中で一番若いですからね。

在職中の転職活動は大変ですが不可能ではないので、仕事にやる気を感じないなら仕事で持つべきモチベーションを転職活動にぶつけましょう。

 

将来の自分にとって本当に必要なことを明確にして転職したことで、はっきり言って人生変わりました。

こんな感じに。

 

私-SARA-
私-SARA-
今の会社は時間の融通が利くので、前の会社よりも副業しやすくなり、今は本当に独立目指してます。リモートワーク(在宅勤務)と副業は相性がいいという研究結果もあるようです!
あわせて読みたい
在職中の転職活動の効率的なやり方【短期間で成功するコツを解説】 こんな悩みにお答えします。 私も転職する前は同じく悩みましたが、働きながらスピーディーに転職活動を進める方法を見つ...

まとめ

 

今の仕事が時間の無駄と感じているなら、これ以上その会社で時間を浪費するのはやめましょう。

転職など行動することは、生活の大きな変化を意味するので、最初は勇気がいることです。

 

辞めたいと思いながら何年も何十年も行動できず、「別の会社にいったり独立するなんて今さら手遅れだ」とあきらめて同じ会社で働き続ける年配の社員をこれまでに何十人も見てきました。

そうはなりたくないですよね?

 

私は転職したことで自分が望む働き方に近づくことができました。

 

 

今回は以上です。

5年後、10年後を見据えて自分に最善と思える行動を考えてみてくださいね。

 

あわせて読みたい
在職中の転職活動の始め方【3つの手順で効率的な方法を解説】 こういった疑問に答えます。 在職中の転職活動の始め方(3つの手順) 転職活動で知っておくべき3つのこと ...
あわせて読みたい
会社を辞める決断ができないときに考えるべき2つの判断基準 このように会社を辞める決断ができず、同じ会社で働き続けている人って本当に多いです。 というのも、最近私は会社を辞め...
スポンサーリンク