転職

29歳の転職-女性・独身のベストな転職タイミング【実体験を解説】

29歳独身。結婚の予定なし。転職するなら今?それともこの年齢ではもう遅すぎる?30歳を目前にして今後の人生に悩む

こんな悩みに答えます。

  • 独身29歳女性なら迷わず転職してOKな理由
  • 年齢が不安で転職を躊躇するのは無意味
  • アラサーの転職で失敗しないための打開策

 

実は私もアラサーで2度目の転職を経験したのですが、この年齢での転職が不利だと感じたことはほとんどありませんでした。

転職活動はむしろ順調で、2ヶ月の転職活動の結果、4社から内定獲得。

 

 

そこで今回は、転職に迷う独身の29歳の女性向けに、現在の転職市場の状況と転職すべきタイミング、転職するときの注意点についてお伝えします。

 

独身29歳女性なら迷わず転職してOKな理由

 

女性の29歳って微妙な年齢で転職には不利だと思ってたんですが、私自身の経験から言うと、「まだ全然若いな」という感じ。

というのも実は私の場合、29歳をちょっと超えたアラサーで転職したんですが、十分需要があると感じたので。

 

冒頭でもお伝えしましたが、この年齢でも書類選考では20社通過、うち半分以上は辞退しつつ4社から内定をいただきました。

さらに、この4社全てから全職よりも高年収でオファーされるという結果に。

私-SARA-
私-SARA-
一番高いオファーは前職より130万程UPでした。

 

最終的には、ずっと興味があったけど前職ではなかなかチャンスがめぐってこなかった未経験の職種に転職。(それでも年収70万円増)

 

というわけで、29歳含めそれを多少超えたアラサーでも転職市場では十分にチャンスありです。

もちろん既婚・子持ちとなると条件は少し変わってくるかもしれません。

でも、彼氏がいるいないにかかわらず、独身で転職に興味があるなら迷わず転職活動してみるべき。

 

結婚を前提にした彼氏がいる場合でも、まずは独身の特権をいかせるうちに転職活動してみて、自分のキャリアにどれほどの可能性があるか知るべきです。

転職するかしないかは、転職活動中や内定が出てから考えればOKなので。

年齢が不安で転職を躊躇するのは無意味

 

とは言ってもアラサーでの転職は不安ですよね。

「転職活動では20代半ばまでの若い方が有利では?」という気持ちもわかるし、「転職できたとして、この年齢で新しい環境になじめるかわからない」、あるいは「転職先の環境が悪くて後悔したらどうしよう」という不安。

 

でも、当然のことですが誰にとっても転職に不安はつきもの。

29歳であろうがなかろうが、アラサーであろうがなかろうが、年齢にかかわらず不安なものは不安なんです。

 

しかも転職に対する不安は年齢を重ねるごとに大きくなります。

なので、(もちろん転職では若い方が有利と言われていることも事実ですが、)今転職したいなら今転職活動すべきです。

今この時点では、これからの人生の中で今のあなたが一番若いので。

 

転職への不安を払拭する方法

転職への不安を払拭するための答えはシンプルで、とりあえず行動してみることです。

私-SARA-
私-SARA-
つまり、転職活動してみましょう。

 

「不安」は考えれば考えるほど大きくなるものです。

でも、行動してみることで「自分がするべきこと」を考える必要があり「不安」について考えている時間が減るので、必然的に不安な気持ちは和らぎます。

さらに、行動してみないとわからないことはたくさんあるので、動いていれば新しい解決策が見つかったり、自分の新たな希望を発見したり、「実は思っているほど難しいことではなかった」ということに気がつくこともあるんですよね。

 

では、具体的には何をすればいいのかというと、まずは転職エージェントや転職サイトに登録してみればOKです。

以下の記事で具体的な手順を詳しく解説しています。

あわせて読みたい
在職中の転職活動の始め方【3つの手順で効率的な方法を解説】 こういった疑問に答えます。 在職中の転職活動の始め方(3つの手順) 転職活動で知っておくべき3つのこと ...

アラサーの転職で失敗しないための打開策

 

実は私自身は転職するか5年以上も悩んで、アラサーになってやっと重い腰を動かしたという感じなのですが、アラサーという年齢でも転職して本当によかったです。

正直なところほとんど後悔していないし、「よくぞここまで自分にあった転職先を見つけたな」と思っています。

 

 

私自身がアラサーの転職でも失敗しないために注意したことは主に以下3つ。

  1. 転職で年収を上げることにこだわった
  2. 同年代が多い転職先を探した
  3. 転職口コミサイトを活用した

 

詳しく解説します。

 

① 転職で年収を上げることにこだわった

たとえよい会社に転職しても、年収が下がったら私の場合は確実に後悔するとわかっていたので、転職のときには年収を上げることにこだわりました。

ここは人によるのかもしれませんが、個人的には「お金」は仕事へのモチベーションどころか人生のモチベーションを左右すると自己分析しているので、ここは転職するうえでもとても重要でした。

 

一方、私の希望職種は前職とは違う職種だったので、年収を上げるのはかなり難しいことは覚悟していました。

それでも未経験の希望職種に転職しつつ前職より70万円年収UPできたのは、以下のように行動したからです。

あわせて読みたい
転職で年収を上げる誰でも使えるテクニック【注意点あり】 転職しようとすると誰もがこういった悩みに直面しますが、今回はこんな疑問にお答えします。 転職で年収を上げる...

 

② 同年代が多い転職先を探した

私の弱みでもあるのですが、「年下だけど職務経験は自分よりもずっと上」という人が多い職場環境ではいずれ自分がツラくなってしまうのではないか、ということも転職活動では想定していました。

アラサーであれば、まだ年下が少なめの職場の選択肢も多いです。

私-SARA-
私-SARA-
未経験の職種希望だったので、年下に一から教えを請えるか不安でした。「転職ではプライドを捨てろ」と言いますが、自分の性格も踏まえたうえで、転職活動では転職後のこともしっかりイメージすべき。

 

社員の平均年齢や応募先企業(部署)の年齢構成を調べる方法は以下のとおり。

応募先の年齢構成を調べる方法
  • 企業HPから有価証券報告書や定時株主総会の招集通知を確認する(上場企業のみ)
  • 求人の募集要項に所属する社員の年齢構成の記載がないか確認する
  • 面接の場で質問する
  • 転職エージェント経由で確認してもらう

 

この結果、私は同年代が多い職場に転職することができ、主に年上の社員・上司に一から仕事を教えてもらっています。

もちろん同じ部署に年下で経験豊富な同僚もいますが、転職者が多い職場ということもあり、未経験の私に対してもこれまでの実績や経験をリスペクトしてくれるので、年下の同僚ともとてもいい関係を築けています。

私-SARA-
私-SARA-
「転職してきた人が多い職場」を選ぶこともポイントですね。転職者が多い職場はその分人の流動性が高い可能性もありますが、色々なバックグランドの人が多い方が職場に馴染みやすいです。一方、プロパー社員ばかりの職場への転職は馴染むのに苦労するという話も多いです。

 

③ 転職口コミサイトを活用した

転職活動では転職に特化した口コミサイトのチェックも必須です。

 

実際に私が利用した口コミサイトは「転職会議」です。

300万件以上の情報が掲載されていて、ほとんどの企業の口コミは網羅されているので転職するなら登録マストです。

 

会社の「良い点」、「気になること・改善した方がいい点」、回答者の年収、有給取得率など生の口コミが読めます。面接で聞かれたことなど転職活動に関する口コミもあるので、転職活動ではかなり重宝しました。

 

 

かなり赤裸々な口コミ情報を確認できますし、気になる企業をお気に入りに登録しておけば新着の口コミをすぐにチェックできます。

回答者の職種や属性を確認したうえで口コミを見れるので、部署によって評価が全く違うこともわかります。

 

転職の口コミサイトを利用するときは、一つの口コミサイトを信じすぎず、2つほど併用して総合的に判断するようにしましょう。

他の口コミサイトでは「Openwork」もおすすめです。

まとめ

今回お伝えしたことをまとめます。

  • 29歳女性でも転職市場では十分に需要があります
  • 転職したいなら迷わず転職活動を始めましょう
  • 転職で後悔しないために紹介した打開策も実践するのがおすすめ

というわけで今回は以上です。

「行動した後悔」よりも「行動しなかった後悔」の方が後味が気持ち悪く残るので、まずは行動してみてくださいね。

 

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...
あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない…そんな私が第一志望に転職できた理由 こんな悩みに答えます。 スキルも資格もない私が転職できた理由 転職でスキルに自信がない人がまずやるべきこと【...
スポンサーリンク