転職

転職でどこにも受からない人の意外な3つの理由【2ヶ月で挽回可能】

転職活動してもう半年も経つのにどこにも受からなくてツラい…私自身を否定されているような気がして自信喪失。私なんて雇ってくれる会社はもうないのかも。

こんな悩みに答えます。

  • 転職活動での失敗【転落の始まり】
  • 転職でどこにも受からない人の意外な2つの理由
  • 転職活動を2ヶ月で挽回した方法【体験談】

 

この記事を書く私はこれまでに2度の転職を経験していますが、初めての転職活動では6〜7ヶ月くらい本当にどこにも受からないどころか、書類選考すらほとんど通りませんでした。

「私なんてどこにも受け入れてもらえない存在なんだ。私はダメ人間なんだ。」と自暴自棄になっていた時期もありました。

 

それが、あるきっかけでなぜ転職活動がうまくいかなかったのかに気がつき、そこから気持ちを切り替えて転職活動したところ2ヶ月で憧れの職種への転職を実現。

 

そして、現在はアラサーとなり3社目の会社に勤務中。

前回の転職活動での学びのおかげで、今回は比較的うまくいきました。

 

そこでこの記事では、初めての転職活動で私がどこにも受からなかった理由そこから挽回して希望の会社へ転職できた方法をお伝えします。

私-SARA-
私-SARA-
転職活動がうまく進んでいない人全てに当てはまる理由ではないかもしれませんが、私と同じ理由で受からない人にとって気づきになると幸いです。

 

初めての転職活動での失敗【転落の始まり】

 

新卒で入った会社は証券会社で俗に言う「ブラック企業」。

そんな会社で営業として働きながら毎日疲弊して過ごしている中、同期は次々と辞めていくので「最低でも3年」と思っていた私も焦り始め、入社1年を過ぎた頃から転職活動開始。

 

転職活動の右も左もわからず、とりあえずネットで検索してヒットした転職サイトに登録して、ネットの情報をもとに応募書類を作成。

営業以外で興味を持てる仕事、第二新卒OK、希望勤務地などの条件がそろった求人に手当り次第応募していきました。

 

その結果、書類選考の時点で落とされる企業がほとんど。数少ない面接のチャンスでも一次面接から進めない状況で、気がついたら6〜7ヶ月ほどが経過。

転職でどこにも受からない人の意外な3つの理由

 

さすがに半年以上も転職が決まらないと「私自身になにか問題があるか、あるいは転職活動の方法が間違っているのでは」と思い始め、これまでの転職活動を見直したところ、あることがきっかけで自分の転職活動の大きな過ちに気がつきました。

(この「きっかけ」については次の章でお伝えします。)

 

そこでわかった私の転職活動がうまくいかなかった理由がこちら。

✓転職で受からない理由3つ

  1. 転職理由が他責思考になっていた
  2. 転職したい軸がブレていた
  3. 転職を甘く見ていた

 

普通に考えれば「そりゃ受からないでしょ」という当たり前のことで、もちろん私も頭ではわかっていましたが、いざ自分で動いてみると意外と気づかずに陥ってしまうもの。

詳しく説明します。

 

理由①:転職理由が他責思考になっていた

ブラック企業の営業で疲弊していた私は「とにかくツラい状況から逃げたい。もっとまともな生活がしたい」というのが転職したい本音でした。

ただし、もちろん転職活動ではそんなことは言えません。

なので、面接の場では「自己成長のため」とか「今の環境では3年後、5年後に成長している自分をイメージできない」ことを転職理由として説明していました。

 

でも、面接では企業はあの手この手で転職理由を聞いてきますよね。

最初はきれいな言葉で取りつくろっていても「今の会社を辞めようと思った理由は?」と繰り返し質問されるうちに、面接では正直であることも大切だと思っていた私はつい本音がポロッと出ていました。

 

「飲み会が強制されて帰れないので、毎日帰宅が深夜12時過ぎで体力的にキツい」

「仕事がツラすぎて鬱になっている人も多い」

「上司の先輩に対するパワハラがひどくて見るに堪えない」

 

企業の採用担当者と1時間という長時間面接しているうちに打ち解けた感覚になっていまい、ここまでダイレクトではないものの、本音で晒してしまうこともありました。

入社してからであればこんな話をしても全く問題ないのですが、面接の場で現在勤めている会社の悪口や愚痴はご法度。

 

「〜〜してくれない」「(嫌なのに)〜〜される」「〜〜な状況でツラい」という言い方は他責思考と思われる表現です。

上記の例ほどでないにしても、こんな話し方をしていませんか?

心当たりがあれば、これが転職活動で受からない理由かも。

私-SARA-
私-SARA-
自分にそのつもりがなくても他責思考の話し方は、企業から完全に引かれてしまいます。「メンタル的に問題があるかも」と思われたり、「ウチに来ても同じように不満を抱えるかも」とネガティブな印象しか与えません

 

理由②:転職したい仕事の軸がブレていた

上述のとおり、当時の私は営業の仕事からとにかく逃れたかった。

どんなにノルマをクリアしても翌日にはリセットされ、また1から積み上げなくてはならず、精神的にかなり追い詰められていました。

 

なので「営業以外で華やかさのある仕事なら何でもいい」くらいの感じで転職活動を進めていたので、応募先に共通点があまりなく、説得力のない志望動機になっていました。

しかも、まだ1年くらいしか社会人経験がないのに転職先の仕事で華やかさを求めた結果、これまでの経験とは全く無関係のメーカー広報や化粧品会社の商品企画系の職種にばかり応募。

私-SARA-
私-SARA-
これでは何十社応募しても受かるわけがありませんよね。希望職種の軸がブレていただけでなく、完全に高望みしてしていたのが失敗の原因でした。

理由③:転職を甘くみていた

さらに悲劇だったのは、私が転職(世の中自体)を甘く見ていたこと。

当時は、「世の中に企業はごまんとあるわけだから、私のよさに気がついてくれる会社が一社くらいはあるはず」などと今思うと恥ずかしいくらい戯けた考えをもっていました。

よって、それほど危機感も持たず、なんとなく転職活動を始めてなんとなく応募をしていたのが転職活動の失敗につながる最初の一歩でした。

 

ここさえ見誤っていなければ、前述した①、②の失敗もなかったかもしれません。

転職活動は甘くないです。

本気で希望の会社に転職したければ、たとえば転職活動期間中は転職活動を最優先にしたり、「3ヶ月以内に転職する」と期限を決めたり、徹底的に自己分析して自分の転職の軸を見極めるなどの本気さが不可欠

 

あわせて読みたい
在職中の転職活動の効率的なやり方【短期間で成功するコツを解説】 こんな悩みにお答えします。 私も転職する前は同じく悩みましたが、働きながらスピーディーに転職活動を進める方法を見つ...

どこにも受からなかった私が2ヶ月で挽回した方法

 

半年以上どこからも内定をもらえない状況を変えられたのは、ある転職エージェントに登録したことがきっかけでした。

それまで転職エージェントに頼らず、ほとんど自力で転職活動を進めていたのですが、気になる求人を見つけ、応募する際にその転職エージェントを経由する必要があったので必然的にその転職エージェントに登録。

 

私-SARA-
私-SARA-
その前にも転職エージェントには何度か登録していたのですが、社会人になって一年そこそこの私は全く相手にされず、結果自分で転職活動するしかない状況でした。

過去の私のように転職エージェントに相手にされない人の特徴は以下の記事で説明しています。

あわせて読みたい
転職エージェントに見捨てられるとヤバい理由【市場価値が低いから】 こんな悩みを解決します。 転職エージェントに見捨てられるとヤバい理由 見捨てられても簡単に挽回する方法 ...

 

でも、このときたまたま登録したのは第二新卒に注力している転職エージェントで、当時のような私でもしっかりと転職のサポートをしてくれました。

その転職エージェントというのが第二新卒エージェントneo by ネオキャリアです。

 

当時担当してくれた男性コンサルタントがかなり親身になってくれ、私がこれまでの転職活動でうまくいかなかった3つの理由(①他責思考、②転職の軸のブレ、③転職活動を甘くみていた)を洗い出してくれました。

これによって自分のダメだったところに自覚を持って改善しながら転職活動を進められるように。

さらに、担当のコンサルタントが私に適した求人を見つけ出してくれたこともあり、書類選考の通過率が格段に上がり、面接でも一次面接を通過できるようになりました

 

なお、冒頭でもお伝えしたとおり、私は営業の仕事は絶対に嫌で「企画系の内勤の仕事がしたい」という希望がありました。第二新卒で実績もなく高学歴でもない私にはかなり高望み…

それでも彼は私の目標を否定することなく、私のこれまでの経験を活かしつつ、今後のキャリアでその目標に近づけるような仕事を提案してくれ、書類選考や面接時にも企業に対してかなり熱心にアピローチしてくれました。

 

この結果、第二新卒・未経験にもかかわらず、本気で転職活動を始めて2ヶ月後には憧れの仕事への転職を実現することができました。

私-SARA-
私-SARA-
今ではもう一度転職して、自分の望む方向へ着実にキャリアアップしています。一度目の転職で失敗したりあきらめていたら今の自分はなかったと思うと、当時のコンサルタントには心から感謝です。

 

1度目の転職活動では第二新卒に強い転職エージェントを利用しましたが、2度目の転職活動で本当に役立った転職エージェントは以下の記事をどうぞ↓

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

まとめ

 

この記事でお伝えしたかったことをまとめます。

✓転職活動で注意すべきこと

  1. 他責思考にならない
  2. 自分の転職の軸を見極める、高望みしすぎない
  3. 転職を甘く見ない

 

また、転職活動は転職エージェントと二人三脚で進めることをおすすめします。

自分一人では転職が長期化する傾向がありますし、長期化すればするほど盲目になってしまい、自分の過ちに気がつくことができません。

ですが、転職エージェントと一緒なら不安なときに相談できるし、わからないこともすぐに解決できるだけでなく、転職に関わるあらゆるサポートを受けられるので、どう考えても効率がいいです。

 

ただし、転職エージェントであればどこでもいいというわけではなく、有利に転職活動を進めるためには転職エージェントに気に入られる必要があります。

転職エージェントとのいい関係の築き方は以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【転職エージェントとの付き合い方】有利に転職するための秘訣8つこれまでに2度転職を経験してきましたが、転職エージェントとの付き合い方を意識した結果、希望の会社から内定をもらうことに成功。 というの...

 

転職エージェントで利用すべきお得なサービスはこちら↓

あわせて読みたい
最短で内定を勝ち取る転職エージェントの活用方法【知らなきゃ損】 こう考える人も多いですが、結論、転職エージェントを使った方が効率的です。 この記事では、以下について解説します。 ...
スポンサーリンク