転職

転職エージェントに見捨てられるとヤバい理由【市場価値が低いから】

転職活動でエージェントを使ってるけど、面談してから連絡もまばらだし紹介してくれる求人も希望とはかけ離れていて微妙。もしかしてエージェントはやる気ない?それとも見捨てられてる?このままじゃ転職できない

こんな悩みを解決します。

  • 転職エージェントに見捨てられるとヤバい理由
  • 見捨てられても簡単に挽回する方法
  • 転職エージェントから優遇されて有利に転職活動する方法

この記事を書く私は、アラサーになって転職活動を始めて2カ月で第一希望含め4社から内定を獲得。第一希望の会社は未経験業界&職種にもかかわらず、年収70万円UP

これが実現できたのは、転職エージェントの担当者が転職活動をしっかりサポートしてくれたからです。

 

一方、最近こんなツイートを見かけました

 

転職エージェントから「紹介できる求人はない」とここまではっきり言われることは稀ですが、このように転職エージェントから見放される人は少なくないです。

転職エージェントに見捨てられる理由はシンプルで「転職市場での価値が低いと判断されたから」

 

そこで今回は、転職エージェントに見捨てられる理由と、見捨てられたらなぜヤバいのか、そして、見捨てられてもそこから転職活動を挽回する方法を解説します。

私-SARA-
私-SARA-
「転職エージェントに見捨てられてるかも?」と心当たりのある方はぜひご覧ください。

 

転職エージェントに見捨てられるとヤバい理由

 

今の転職活動では転職エージェントを利用するのが主流になってきており、そんな中転職エージェントに見捨てられるということは、転職活動で不利になることを意味します。

というのも、ライバルたちも転職エージェントを利用しているからです。

 

ここで、転職エージェントに見捨てられる原因見捨てられたら実際どうなるのかについて解説します。

 

転職エージェントに見捨てられる原因

転職エージェントに見捨てられる人には共通点があります。

とくに多いのが「他責思考」。

転職したい理由として「上司からパワハラを受けているから」、「会社の給料に不満だから」、「人間関係がツラいから」、「やりたい仕事を回してもらえないから」などと言っていませんか?

 

「〜〜してくれない」とか「〜〜される」のように他人からの影響が転職理由となっている場合、転職エージェントからは「他責思考の傾向がある」と受けとられます。

そして、これらを理由にする人は転職の面接などでも言葉の端々からそうした一面がみえるので「転職しても問題があると周りのせいにしてしまう人なのでは?」と思われます。

そして、結果的に希望の会社から内定をもらえず、転職を断念することが多いよう。

 

転職エージェントからすると、「転職先が決まらない=売上にならない(市場価値が低い)」という仕組みで営業しているので、他責思考の人のように転職先がなかなか決まらない人は転職エージェントから見捨てられるというわけ。

転職エージェントの営業の仕組みについては「転職エージェントの仕組みとは」からどうぞ。

私-SARA-
私-SARA-
実はエージェントから見捨てられる人は珍しくありません。私も初めて転職活動したときに経験があります。

転職エージェントに見捨てられたら転職できない?

 

転職エージェントから見捨てられても転職の可能性が全くなくなるわけではありません。

ただし、確実に不利になります。

 

というのも転職エージェントからの支援がなくなると、以下のようなサービスが受けられなくなるので。

 

もう少し具体的に例を挙げると以下のような感じ。

✓転職エージェントから見捨てられると生じる不都合

  • そもそも連絡が来ない
  • 連絡をしても他の求職者の後回しにされる
  • 非公開求人など優良・人気求人を紹介してもらえない
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえない
  • 応募企業の詳細を教えてもらえない
  • 企業との間に入って年収交渉をしてもらえない
  • 転職活動全般の丁寧なサポートが受けられない
  • 企業への推薦状(※)を書いてもらえない 等

※転職活動での「推薦状」についてはこちらの記事で解説しています。

 

これらのサービスを受けられず、自分一人で転職活動を行うのは他のライバルたちに比べて情報不足で圧倒的に不利になるし非効率。

私-SARA-
私-SARA-
転職エージェントのサポートなしには私自身ここまでキャリアアップできなかったと思います。

転職エージェントに見捨てられても簡単に挽回する方法

 

私も初めての転職活動のときにエージェントから見放されたことがあり、このときは転職エージェントから求人情報をほとんど紹介されず、転職サイトから検索した求人に応募するしかない状況。

転職活動の右も左もわからず、応募してもほとんど書類選考で落とされ、せっかく面接に行けても一次面接から先に進めない…

私-SARA-
私-SARA-
当時の反省点については別の記事で改めてお話ししたいと思います。

 

転職活動がうまくいかずに悩んでいた期間もあったのですが、そこから挽回するのは意外にも簡単でした。

 

というのも、一度転職エージェントに見放されても 別の転職エージェントに登録するだけでOKだったので。

転職エージェントは国内に何十社もあるので、一社や二社から見捨てられた程度では、実のところ全く問題ありません。

このため、「見捨てられた」「合わない」と感じた時点で早々に転職エージェントを切り替えるのが賢い行動です。

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

転職エージェントから優遇されて有利に転職する方法

 

ただし、転職活動(転職エージェント)への向き合い方を変えない限りは、転職エージェントを変えても意味がありません。

転職エージェントからサポートを受けて、短期間で有利に転職活動を進めたいなら、転職エージェントから期待される存在になることが大事です。

これができれば圧倒的に有利な立場で転職活動できる可能性が高まります。

 

1度目の転職活動で挽回した経験をもとに、直近(2回目)の転職活動では自分の中で転職エージェントとの付き合い方のノウハウをつかめていたので、かなりいい感じで転職することができました。

 

このときに私が意識した転職エージェントとの上手な付き合い方は以下の記事で詳しく解説しています。(キャリアコンサルタントとの面談前に読んでおくのがおすすめ。)

あわせて読みたい
【転職エージェントとの付き合い方】有利に転職するための秘訣8つこれまでに2度転職を経験してきましたが、転職エージェントとの付き合い方を意識した結果、希望の会社から内定をもらうことに成功。 というの...

まとめ

 

今回お伝えしたことをまとめます。

  • 転職エージェントから見捨てられると転職では不利
  • だけど、挽回する方法は簡単(=別のエージェントに登録するだけ)
  • 次の転職エージェントには「期待される存在になる」ことが不可欠

ということで今回は以上です。

すでに転職エージェントに見捨てられたと感じているなら、早速別のエージェントに登録してみましょう。

転職エージェントとの面談前には「転職エージェントとの上手な付き合い方」もぜひ読んでみてくださいね。

 

あわせて読みたい
転職エージェントの比較は狙う年収別が成功の基本【女性向け】 こんな疑問についてお話しします。 転職エージェントの比較は狙う年収別が基本 【年収400万円台】パソナキャリ...
あわせて読みたい
転職エージェントが信用できないときの対処法【判断基準も解説】 こんな悩みに答えます。 信用できない転職エージェントの見分け方とは 転職エージェントを信用できないときの対処...

 

スポンサーリンク