転職

転職で年収が下がるのが怖いあなたへ【20代で後悔しないために】

経験が浅い20代が転職したら年収が下がるのかな。ただでさえ今でも年収が少ないのにこれ以上下がったら困るのだけど…でも若いうちに挑戦したい気持ちもある。転職で少しでも年収を上げるにはどうしたらいい?

こんな不安に答えます。

  • 私は20代の転職で年収が下がりました
  • 20代の転職で年収を上げるための戦略
  • 年収を上げるためには賢く交渉すればいい

 

この記事を書く私はこれまでに2度の転職経験があり、1度目は第二新卒、2度目はアラサーになってから転職しました。

第二新卒で挑戦した未経験の憧れの職種への転職では年収は前職から30万円ダウンしましたが、2度目は(またしても未経験の仕事だったにもかかわらず)年収は100万円UP。

これらの経験からわかった20代でも転職で年収を上げるための戦略年収が下がっても転職するべき判断基準について語ってみたいと思います。

私-SARA-
私-SARA-
転職で年収を上げたい人、今転職活動してるけど年収が下がりそうな人にはぜひ読んでみてほしい記事です。

 

転職で年収が下がるのが怖い20代のあなたへ

 

20代での転職では経験や実力を評価されて採用されるケースは少なく、ポテンシャル採用が多いことから前職よりも年収が下がるのは珍しくありません。

実際、私も第二新卒で転職したときは年収が30万円下がりました。

年収が下がった理由は、前職の業界が相対的に年収が高かったこと、未経験職種への転職だったこと、社会人歴2年弱とほとんど何の経験もなかったことなどであり、客観的に見て年収が下がって当然の状況でした。

 

地方からの上京転職だったし、家賃負担ほぼなし→家賃は全額自己負担となる転職だったので、年収が下がることはかなり不安でした。

それでも転職することを選んだのは、同じ会社に留まっていては思い描いた未来(目標)を実現するのは不可能だけど、内定をもらった会社に転職すればなりたい自分に近づけると確信したからです。

 

つまり、多少年収が下がっても将来の方向性や目標が定まっていて、内定をもらった先でそれに近づけるのであればそれほど迷う必要はないということです。

私-SARA-
私-SARA-
それに今の時代、収入が減るのが嫌なら副業すればいいんです。20代で独身なら仕事が忙しくても自分で自由に使える時間も多いので。また、20代であればこれから年収が上がるポテンシャルも十分あります。

 

将来のビジョンが曖昧な人・なりたい自分がわからない人は、以下の記事も参考にしてみてください↓

あわせて読みたい
転職の決め手となるたった一つの条件とは【失敗しない人の選び方】 こんな疑問に答えます。 転職の決め手となるたった一つの条件とは 失敗しない人の転職の決め手とは【具体例3つ】...

 

20代の転職で確実に年収を上げる方法

 

…と、年収が下がるケースについてお話してきましたが、「いやいや、年収が下がるなんて受け入れられないよ。結局年収を上げるにはどうしたらいいわけ?」という人のために、20代でも年収を上げるにはどのように転職活動を進めればいいのか、お伝えしていきます。

 

大手転職エージェントのdodaの調査(以下)によると、転職で年収アップに成功した人の平均年齢は31歳。(私も2度目の転職はこのくらいの年齢。)

年収の平均増加額は57万円です。

一方、全年齢に占める転職で年収が上がった人の割合を見ると、第2新卒と言われる20代前半で年収が上がった人は1割ほどですが、20代後半になると年収が上がった人は大幅に増えています。

引用元:doda

 

このように、第二新卒の転職で年収を上げるのは難易度が高くなりますが、20代半ば以降であれば年収UPも十分狙えるということです。

 

では、具体的に年収を上げるためにはどうすればいいのかというと、ポイントは以下のとおりです。

✓20代の年収UP術

  • 即戦力となれるポジションに転職する
  • 年収が高い業界・職種に転職する
  • 年功序列ではない会社に転職する
  • 今よりも責任が重いハイポジションに転職する
  • 応募社数を増やす

転職で年収UPするための詳しい解説は「転職で年収を上げるためにできること【私も100万円UP】」よりご覧ください。

年収を上げるための交渉術

 

転職で年収を上げるためにはもう一つ重要なことがあります。それは、面接前から年収交渉を意識して転職活動を進めること。

実際、私もこのおかげで2度目の転職では未経験ながら前職よりも年収100万円UPを実現できました。

私-SARA-
私-SARA-
年収交渉しなければ年収が上がったとしてもここまで上がらなかったと思います。

 

採用する企業としては利益確保のために固定費となる人件費をできるだけおさえたいので、できるだけ低い年収で採用したいと考えている一方、良い人材の採用にはどの会社も頭を悩ませています。

そこで年収が確定する前に年収交渉を挟むことによって、「あなたがどれだけ良い人材であり、他の企業からも引く手あまたであり、採用したければ他の企業よりも高い年収でオファーしなければ、あなたのような良い人材を他にとられてしまいますよ」ということを企業に自覚させることができます。

 

とはいえ、どうやって年収交渉知ればいいのか、どのタイミングが適切なのかわからないですし、そもそも自分で年収交渉するのは気まずいしそれでライバルより不利になるのは困りますよね。

でもご安心を。転職活動を何度かやったことのある人にとっては常識なのですが、転職エージェントがあなたの代理で年収交渉を行ってくれます。

転職エージェントに任せることで客観的かつ論理的に交渉してくれるし、あなたが知らない転職のルールを駆使してより有利に転職させようとしてくれるので安心です。

 

つまり、転職するなら転職エージェントを利用するのは必須。年収交渉に関する詳細は以下の記事にもまとめています。

あわせて読みたい
転職で年収を上げるための交渉術【未経験でも年収70万円UP】 こんな疑問に答えます。 転職で年収を上げるための大原則 未経験職種への転職で年収を上げる交渉術 転職先...

 

まずは今いる場所から一歩踏み出してみることから

 

ここまでお伝えしたポイントをまとめると、20代前半での転職は年収が下がるリスクが高いですが、20代半ば〜後半の年齢であれば転職活動のやり方次第で年収UPも十分狙えます。

具体的な年収UPの戦略についてはこの記事内で紹介しているリンク先の方法を確認してみてほしいのですが、迷って立ち止まっているだけでは何も始まらないのでまずは行動してみることが大事。

 

では何からやればいいのかというと、まずは転職エージェントに登録して担当のコンサルタントと相談してみること。

そうすればこれから自分がやるべきことが自然と見えてきます。

私-SARA-
私-SARA-
頑張ってください。

 

20代の転職に強い本当に役立った転職エージェントはこちら↓の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
第二新卒で本当に役立った転職エージェント厳選3社【これで安心】 こんな疑問に答えます。 第二新卒が転職エージェントを使うべき理由 第二新卒で本当に役立った転職エージェント厳...

 

スポンサーリンク