転職

会社を辞められないというのは妄想【引き止めを防ぎ辞める方法】

つねに繁忙期だし人手不足だから、会社辞めると言ったらみんなに嫌われちゃう。何言われるか考えただけでも怖い。ボーナスももうすぐ出るし。辞めるタイミングが難しい。と言って、会社辞めたいのにもう何年も辞めれてない。

こんな悩みを解決します。

 

今回は、会社を辞められないという妄想を打ち破ってみたいと思います。

  • 「会社を辞められない=妄想」である理由
  • 辞めるときに引き止められない方法

 

✔本記事の信頼性

この記事を書いている私は、会社を辞めたいと思いながら5年以上辞めれなかったのですが、2019年7月についに辞める決心▶2019年9月に無事退職。

2ヶ月の転職活動で第1希望含め4社から内定をもらい、年収UPを果たして新たな職場で働いています。

 

 

アラサー女子の転職限界説もありますが、実際に転職活動してみたら全然そんなことありませんでした。

 

転職先が決まってしまうと会社を辞めるのは簡単です。

 

上記を読んで、

 

  • 「あなたからできたんでしょう。」
  • 「私は忙しくて転職活動なんてムリ。」
  • 「転職したことないし、難しそう。」

 

と思った方は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてください。

 

この記事を読み終えると、会社を辞めるのはムリではないとわかり、会社からの引き止めを最小限にして辞めるための道筋が見えるようになると思います。

 

会社を辞められないというのは妄想

 

まずは多くの人が「会社を辞められない」という理由を考えてみましょう。

 

✔「会社を辞められない」理由

  1. 仕事が忙しすぎる
  2. 会社の人に辞めると言うのが怖い
  3. お金がない

 

主な理由は上記3つに集約できると思います。

 

私もこれらの理由で5年以上会社を辞められなかったので「会社を辞められない」という気持ちはわかります。

 

でも、今回はこれらの妄想を打ち破っていく必要があるので、これらを客観的に整理してみます。

 

✔「会社を辞められない」理由【客観視】

  1. 辞めるための時間をつくっていない
  2. 人目を気にしすぎている
  3. 会社に依存しすぎている

 

① 辞めるための時間をつくっていない

1つ目の理由「仕事が忙しすぎる」は客観的にみると「辞めるための時間をつくっていない」ということ。

でも、「デキる人ほどさっさと嫌な仕事を辞めていく」というのはどこの会社でも共通しているようです。

 

たとえば、上記のツイートは辞めれない人が陥りがちな勘違いを指摘しています。

 

つまり、あなたが急に休んでも、たとえ会社を辞めたとしても会社は回っていくんです。

一時的には誰かに負担がかかりますが、それでも会社は経営を続けていきます。

 

逆に、あなたが休んだり辞めてうまく経営が回らなくなるような会社はヤバいです。

私-SARA-
私-SARA-
マネジメント力なさすぎ。そんな会社はさっさと辞めるに限ります。

 

ちなみに「人手不足が解消したら辞めよう」と思っている人がいるかもしれないですが、人手不足はさらに加速しますよ。

あなたの会社がブラック企業ならなおさらです。

売り手市場ではブラック企業の採用うまくいきませんから。

 

解決策としては、辞めるための時間をつくるということですね。

具体的には、たとえば転職するための時間をつくるということ。

あわせて読みたい
在職中の転職活動の効率的なやり方【短期間で成功するコツを解説】 こんな悩みにお答えします。 私も転職する前は同じく悩みましたが、働きながらスピーディーに転職活動を進める方法を見つ...

 

② 人目を気にしすぎている

2つ目の「会社の人に辞めると言うのが怖い」=「人目を気にしすぎている」ということですね。

 

上記のツイートがこれをよく表している例かな、と思います。

 

はっきり言って、こんなことを気にしていたらいつまでも辞められません。

 

会社を本気で辞めたいなら

  • 上司や同僚からどう思われるかを優先して生きていくか
  • 自分や家族の人生を優先して生きていくか

を考えれば、おのずと答えは出てきますよね。

 

私-SARA-
私-SARA-
人目ばかり気にしている人ほど会社でも出世できないイメージ。自分の中に芯がないと何をやってもうまくいかないと思う。

 

とは言え、私も世間体が気になるタイプなので、辞めたいと思いながら5年以上同じ会社から抜け出せなかった一人。

辞めるときに意識したのは「いかに上司や同僚の気分をよくして辞めるか」ということでした。

あわせて読みたい
円満に会社を辞める方法は意外と簡単でした【実体験】 私も同じような悩みを持ちながら、5年以上会社を辞められなかった一人。 ですが、つい先日、意外とあっさりと会社を辞め...

*

③ 会社に依存しすぎている

3つ目の理由は「お金がない」=「会社に依存しすぎている」ということ。

 

上記のツイートが核心をついていますが、人は自分の時間や労力を投じてきた環境に長くいるとそこからの離れられない傾向があるようです。

つまり、変化を受け入れられないということですね。

 

普通に考えてみればわかるのですが、今の会社以外でもお金を稼ぐ手段なんていくらでもあります。

転職して別の会社で働くなり、副業して会社の給料だけに頼らない基盤をつくったり、とりあえず辞めてアルバイトや派遣で食いつなぐことだって可能。

 

お金がないことが会社を辞められない理由なら、もっと視野を広げてみましょう。

今の会社以外でもお金を稼ぐのはそれほど難しいことではないですよ。

引き止められずに会社を辞める方法

 

「会社を辞められない」というのは妄想ですが、それでも会社から引き止められるのは面倒です。

 

できるだけスムーズに辞めるためには、会社に居続けられない理由を先につくってしまうのが得策。

 

とは言ってもでっち上げで「実家の母が介護が必要になった」「結婚して家庭に入ることになった」などはおすすめしません。

バレたらさらに面倒になりますからね。

 

私の場合、辞めると言う前に転職活動して転職先を決め、入社時期についても転職先と調整してほぼ固めてから会社に辞めることを伝えました。

 

激しい引き止めに合わず、うまくいったポイントは

「希望の会社から内定をもらえたのはみなさんのご指導のおかげ。転職はキャリアアップのためであり、これまでこの会社で経験させていただいたことを新しい環境で試したい。

というようなポジティブな理由&感謝の気持ちを伝えたこと。

※会社への不満や愚痴は厳禁です。

 

上司や先輩もまんざらでもない様子でしたよ。笑

 

私-SARA-
私-SARA-
この他、引継書を準備したり、就業規則で退職までに必要な期間を確認しておくなど、事前準備もぬかりなく行っていたのもポイント。

 

そして最終日まで、嫌いな上司や同僚に対しても「立つ鳥跡を濁さず」という意識で過ごしました。

*

まとめ

 

つまり、会社を辞めたいなら辞めればいいんです。

 

会社から引き止めが心配なら、断固とした意志を貫くことが大切。

ですが、大抵の人にはそれが難しいので、転職など辞めなければならない理由をつくってしまうのがおすすめです。

 

行動し続けていれば人生なんとかなるものです。

流され続けずに自分の足でしっかり人生を歩みましょう。

 

 

在職中に転職活動して2ヶ月で4社から内定をもらい、第1希望に入社できた方法を記事にしました。↓

あわせて読みたい
【朗報】転職エージェントの使い方を極めたら2ヶ月で転職成功した話最近、こんなツイートをしました。 転職するなら転職エージェントの利用はマスト😌 仕事でも他社にお願いできるこ...
あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない…そんな私が第一志望に転職できた理由 こんな悩みに答えます。 スキルも資格もない私が転職できた理由 転職でスキルに自信がない人がまずやるべきこと【...
スポンサーリンク