アラサーの転職

次の仕事決まってないけど辞めるのは自滅?アラサーOLの自衛策とは?

今の仕事がツラすぎるから、できる限り早く会社を辞めたい。でも、次の仕事決まってないし、一人暮らしだし、貯金もないから辞めるなんてムリ?

 

今回はこんな悩みにお答えします。

 

当然ですが、次の仕事が決まってなくても会社を辞めることはできます。

 

ですが、「一刻も早く辞めなければ鬱になってしまう…」というような危機的状況でなければ、なんとか踏ん張って転職先が決まってから会社を辞めましょう。

 

私も今年に入って「もう明日にでも会社を辞めたい!」という状況に追い込まれましたが、在職中に転職活動することを決意。

それから2ヶ月、無事に第1希望含め4社から内定をもらい、その1ヶ月後には新しい職場で働き始めました。

私-SARA-
私-SARA-
つまり、転職活動開始から3ヶ月後には新しい会社に入社。在職中でも効率的に転職活動を進めれば数ヶ月で次の会社を見つけれます。

 

今回は、以下の内容についてお伝えしていきます。

  • 転職先が決まる前に会社を辞めてはいけない理由
  • 働きながら転職活動するメリット
  • 短期間で転職活動を成功させる方法

 

私が働きながら転職活動してみて実際に起こった出来事や感じたことをお伝えしているので、できれば次の会社が決まってから辞めたいと思っているなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

次の仕事が決まってないけど辞めるのはNGな理由

 

在職中に転職活動をするのはツラいです。

でも、辞めてから転職活動するのはもっとツラいと思います。

 

「アラサーの女性は若い20代に比べると転職には不利」という話はよく聞きますし、以前は私もブログでそんな主張をしていました。

でも、自分がアラサーになって転職活動してみて、実際はそんなことありませんでした。

なので、年齢はあまり気にすることなく、今の会社が嫌ならまずは転職活動してみるべき。

 

余談ですが、求人によってはアラサーの女性をターゲットとしていることも結構多いです。

たとえば、求人を出している部署のメンバー構成のバランスや、少しでもスキルが高い人材を求めている場合など。

これは求人を見るだけでは分かりづらいのですが、実際に応募して面接まで進んでから確認することが可能なこともあります。

 

ですが、会社が嫌とかツラいという理由だけで会社を辞めてから転職活動するのは不利な状況になります。

その理由がこちら。

会社を辞めてから転職活動するリスク
  1. 応募先企業からの印象がよくない
  2. すぐに転職先が決まらない場合、収入が途絶える
  3. 焦って妥協する可能性が高い

 

一方、在職中に転職活動すると色々といいことがあります。

働きながら転職活動するメリット
  1. 応募先企業から理解を得られる
  2. 前向きな退職理由になる
  3. 次の会社にすぐ入社する必要がない
  4. 清々しい気持ちで有給消化できる

 

とくに、応募先企業から理解を得られるというのは、内定をもらって入社した後のあなたの印象にもつながってくるので、かなり重要なこと。

 

あわせて読みたい
仕事しながら転職活動は辛いけどメリットが大きすぎる話【実体験】 同じ悩みをもっていた私の経験からお答えします。 私は仕事をしながら転職活動する道を選びました。 転職活動を始...

在職中に次の仕事を見つける効率的な方法

 

この記事を読んでいるということは「できる限り早く会社を辞めたい」と思っているはずなので、ここからは以下について解説します。

✔この章でお伝えする内容

  1. 短期間で転職活動を成功させる方法
  2. できるだけ早く円満退職する方法

 

転職活動を始めてから辞めるまで、だいたい2〜4ヶ月程度を想定した内容となります。

 

① 短期間で転職活動を成功させる方法

まず、在職中に転職活動を進めるもっとも効率的な方法は、転職活動の優先順位を一番にすること。

早く次の会社を見つけたいのであれば、あなたの生活の中で仕事よりもプライベートよりも転職活動を最優先にしましょう。

 

ある意味、割り切りも必要です。

私-SARA-
私-SARA-
数ヶ月で転職活動が終わるのであれば、その期間くらいは転職活動を最優先にできるはず。そのくらいの意気込みがなければ働きながらすぐに希望の転職先を見つけるのは難しいかも。

 

具体的にはどんな行動をしていけばいいのかについて、詳しくは以下の記事からご覧ください。

あわせて読みたい
転職がすぐ決まるのは実は難しくない話【私は2ヶ月で4社内定】 こんな疑問に答えます。 転職がすぐ決まるのは実は難しくない【必要な3要素】 2ヶ月で4社から内定をもらう方法...

 

② できるだけ早く円満退職する方法

会社を円満に辞めれるかは、同僚との関係性や辞める時期(繁忙期であるかどうか)などによっても変わってきます。

また、どんな理由であれ辞めるということは少なくとも一時的には誰かの負担になるということなので「必ずみんながハッピー」という方法はありません。

 

ですが、できる限り揉めずに円満に辞めるためにできることはあります。

私が円満退職できたのは以下を実践したから。

円満に会社を辞める方法
  1. すでに転職先が決まっていた
  2. すでに引継書を作成していた
  3. 辞める理由で会社のグチを一切言わない

 

こちらも詳細については長くなってしまうので、詳しく知りたい方はこちら↓からどうぞ。

あわせて読みたい
円満に会社を辞める方法は意外と簡単でした【実体験】 私も同じような悩みを持ちながら、5年以上会社を辞められなかった一人。 ですが、つい先日、意外とあっさりと会社を辞め...

会社に頼らず生きていく力を身につけることも大切

 

ここまでお伝えしたとおり、働きながら転職活動するのがおすすめですが、それでもやはり大変であることに変わりはありません。

お金の問題だけでも解決できれば、「次の会社が決まってないけど辞めたい!」と思ったときにもっと気楽に考えることができますよね。

 

会社の給料に依存した生活をしているから「会社がツラい=人生がツラい」ということになるんです。

 

では、会社の給料以外に毎月まとまった収入があれば、転職先が決まってなくても会社を辞めるハードルが下がりませんか?

私-SARA-
私-SARA-
私は転職活動を始める前から副業をしていて、毎月10〜30万円ほどの収入を得ていました。なので、会社を辞めて転職活動することも可能でしたが、応募先企業からの印象や円満退職したいことを考え、働きながら転職活動することを選択。

 

副業からの収入があると「私はいつでも辞められる」という心の余裕が生まれます。

また、今後も「会社を一刻も早くやめたい」と思ったときや、事情により会社で働き続けられなくなったときにも自分の身を守れます。

 

消費税増税や社会保険料が年々上がっていることを考えても、アラサーOLなら副業して収入を増やすことを視野に入れるべき。

 

なので、今すぐに副業することはムリでも、転職して落ち着いてから真剣に考えてみてください。

あるいは、今仕事を辞めたい気持ちを副業でガンガン稼ぐ方向にぶつけてみるのもあり。

副業に夢中になれると、自分の中では副業が本業になってくるので、会社で嫌なことがあっても、受け流すこともできます。

まとめ

 

次の仕事が決まっていない状態で会社を辞めるのはリスクが高いです。

(ただし、メンタルや健康を病んでまでムリをするのはNG。)

 

なので、働きながら転職活動しましょう。

転職活動で意識すべきことは、最短で会社を辞めるために転職活動中は転職活動を最優先にすること。

 

そして、円満退職するために引継書の作成なども進めておきましょう。

大変かもしれませんが、計画的に進められれば数カ月程度で会社を辞めれる可能性も高くなります。

 

そこそこ真面目に働いてきたアラサーOLであれば、転職はコツさえつかめば思っているほどハードルが高くないので、ぜひ頑張ってくださいね。

 

過去の2回の転職で本当に役立った転職エージェントはこちら↓

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

 

転職活動は忙しくても実行可能。その理由は以下の記事で語っています。

あわせて読みたい
転職活動が忙しくてできないのは優先度の問題【2ヶ月で転職する方法】 こんな疑問にお答えします。 転職活動が忙しくてできないのは優先度の問題 忙しくても転職活動の優先度を上げる方...
スポンサーリンク