20代の転職

女だけの職場のストレスは努力では解消できない【最善の解決策とは】

女性ばかりの職場で毎日気を遣って我慢ばかりでストレスが溜まる…本当はもっと自由に楽しく働きたいのに。これではなんのために働いているのかわからない。

こんなに悩みに答えます。

  • 女だけの職場のストレスが解消できない理由
  • 女だけの職場でみた恐怖体験
  • 女だけの職場のストレスから抜け出す最善最速の解決方法

 

この記事を書く私もかつては女性ばかりの職場で疲弊していたことがあります。

常に誰かがターゲットにされてはじかれているような環境で、「次は自分の番かもしれない…」という不安といつも隣り合わせだったことを今でもよく覚えています。

残念ながら、この環境の中でどれだけジタバタしてもこの状況を変えることはできません。

 

そうです。つまり、今のストレスから開放されるためには自分から新しい環境を見つけていくしかないんです。

それでも不安な気持ち、わかります。

そこでこの記事では、今の環境に居続けてもストレスからは逃れられない理由と、環境を変えるための最速最善の方法をお伝えします。

私-SARA-
私-SARA-
今の状況を続けることがあなた自身のキャリアのリスクを高めることにもなるので、ぜひ読んでみてください。

 

今すぐ無料で転職相談する

 

女だけの職場のストレスが解消できない理由

女性ばかりの職場ではストレスが多いと感じる人は少なくありません。

とくに女性が多い職場では以下のような特徴があり、これが居心地悪いと感じる人はとことんその職場には合いません。

そしてこれらはあなたがどれほどあがいてもあなた一人の努力では解決できないもの

同調圧力

女社会でとくに顕著なのが同調圧力。

たとえば、誰かが「かわいい」と言ったらみんなでその対象に対して同じ意見を言わなければならない空気があります。

つまり、女性が多い職場では自分の意見を持って自分の意思で行動することは良しとされず、みんなと同じ行動をとることが良しとされます。

このため、自立心のある女性ほど息苦しく感じます。

裏表のある付き合い

仲良くしていたかと思えば裏では悪口を言い合っている。それが頻繁に起こるのが女性社会です。

私-SARA-
私-SARA-
以前の職場でもこんなこと日常茶飯事で、誰を信用すればよいのかわからず、結局同じ部署内では誰とも親しくしないと決めたこともありました。

女ばかりの職場では、毎日笑顔で話していて仲がいいと思っていても、そう思っているのはあなただけかもしれません。

年齢&社歴による上下関係

「お局」という言葉があるように、女性が多い職場では年齢の上下関係がはっきりしている場合が多いです。

また、古い体質の会社ほど、年齢よりも社歴が重視され、転職者の肩身が狭いこともめずらしくありません。

この環境で年齢や社歴が浅い場合、あなたがどんなにキャリアアップしたくても、仕事上で積極的に挑戦したくても、先輩達を差し置いて前に出るなんてことは許されません。

このため、仕事に対してのやる気や上昇志向のある女性ほどストレスを抱えやすいです。

女だけの職場でみた恐怖体験

女中心の職場では、いつ誰が、誰を裏切るかわからないのが怖いところ。

会社に対するネガティブな発言や自分の弱みを話そうものなら、それは悪用されると思った方がいいです。

 

以前の職場でとても仲がよかった秘書の先輩たち(全員女性)がいました。

ある秘書が産育休に入ることになったとき、それまで仲がよかった秘書の同僚の態度が一転。

産育休に入る秘書が過去におかした失敗や業務をサボっていた話、悪口を担当の役員たちに言いふらし、結局産育休に入った秘書は産休明け後に希望の仕事に戻ることができず、全く関係のない仕事に追いやられ、最終的には辞めてしまいました。

 

私の推測ですが、結婚していない秘書や子どもに恵まれなかった他の秘書たちの逆恨みが原因だったと思います。

こんなことが女性が多い職場では当たり前のように発生します。

私-SARA-
私-SARA-
最悪なのはその環境にい続ける限り、自分も同じことを誰かにしかねないということです。

女だけの職場のストレスから抜け出す最善最速の解決方法

解決方法はただ一つ、その職場を離れるしかありません。

簡単に異動できる環境なら異動で済むと思いますが、大抵は簡単にはいかず、やはり転職するしかない場合がほとんどです。

とはいえ、実は転職が今のストレスをなくすための最善最速の方法です。

というのも、同じ職場の女性たちや会社を変えることはあなたがどんなに努力しても実現できませんが、転職は自分の環境を変えるだけなので、最小の努力で大きな成果が得られます。

転職後も同じ悩みを繰り返さないために選ぶべきは以下3つの環境です。

  1. 男性が多い職場
  2. 転職者が多い職場
  3. リモートワーク可能な職場

詳しく説明します。

①男性が多い職場

私自身は女性同士のいざこざが原因で転職したわけではないですが、今思うと転職活動時は自然と女性が多い職場は避けていました。

今は男性が多い職場で働いていますが、男性の方が性格があっさりしている人が多く、個人的には働きやすいと感じます。変に気を遣いすぎることもなく、業務に集中できます。

そこで、男性が多い職場を見分ける方法を紹介します。(私も実際に使った方法です。)

 

✓求人の募集要項で確認する

転職活動してみるとわかるのですが、求人票に配属されるチームのメンバー構成が記載されている場合も多いです。

性別だけでなく、年齢層や未経験者の有無も記載されている求人票もあります。たとえば「男女同比率」「30代メイン」「育休明けの女性が2名」など。

以下のようにかなり詳しく掲載してくれている求人もあるので、こうした情報を参考に応募先を選ぶこともできます。

 

転職口コミサイトで確認する

求人票から情報が得られなくても転職口コミサイトで会社全体の男女比を予想することもできます。

口コミサイト大手に転職会議では、各企業で働く人達の生の声を知ることができる情報が充実しているのでおすすめです。

正確な男女の人数まではわかりませんが、大まかな現場の情報を得ることができ、実際にそこで働く社員が思う会社の雰囲気、入社後に感じたギャップ、女性の育休取得率等の情報が豊富です。

 

✓面接で確認する

転職先の職場のメンバー構成や雰囲気を知るもっとも手堅い方法は、面接時に面接官に直接確認すること。

これは書類選考に通って面接に進まなければ直接聞くことはできませんが、情報としては信頼度が一番高いので、上記それぞれの方法で知りたい情報が得られなければ面接で聞いてみてください。

私-SARA-
私-SARA-
私も面接では「チームの雰囲気を教えて下さい」「部の女性比率はどれくらいですか?」など質問しました。これで企業に対して悪い印象を与えることもないので大丈夫ですよ。

 

✓転職エージェントに確認する

面接で聞き逃してしまったり、直接企業に確認しづらい場合は転職エージェント経由で聞いてもらうことも可能です。

転職エージェントは企業と直接連絡を取り合っているので、代理で質問してもらうことも可能です。

その他にも転職エージェント側ではすでに社風や仕事内容、チームの構成などの情報を持っていることもあるので、聞いてみるといいですよ。

 

なお、転職エージェントを利用していると、企業に代理で質問してもらえるだけでなく、面接対策や年収交渉など多岐にわたるサービスを受けられるので、転職活動中はエージェントをうまく活用したいものです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
最短で内定を勝ち取る転職エージェントの活用方法【知らなきゃ損】 こう考える人も多いですが、結論、転職エージェントを使った方が効率的です。 この記事では、以下について解説します。 ...

②転職者が多い職場

転職者が多い会社に転職するのも一つの手です。

というのも「転職者が多い=人材の流動性が激しい」ということなので、再び人間関係で悩むことがあっても、自然に人が出入りして入れ替わることでリセットしやすいからです。

また、同僚も転職組が多いので、自分が転職後も環境に馴染みやすく仲間に溶け込みやすいというメリットもあります。

 

私-SARA-
私-SARA-
一方で、転職者が多いということは何かしら不満があって辞める人が多いケースもあるので要注意。

これらの見極めは、前章で紹介したように転職口コミサイトの転職会議を利用したり、転職エージェントに質問して、気になる企業の離職率、離職率が高い場合はその理由を確認してみるといいですよ。

 

③リモートワーク可能な職場

職場の人間関係でトラブルに巻き込まれたり孤立しやすい人におすすめなのが、リモートワーク可能な職場を選ぶこと。

リモートワークであれば女性同士の余計な雑談はほぼなくなるし、一人だけランチに誘われず孤立してしまう状況が生まれにくいからです。

私-SARA-
私-SARA-
今はほぼフルリモートワークになり、精神的にとても楽になりました。人間関係のトラブルで悩むこともほぼないです。

まとめ

女性が多い職場では同調圧力や裏表のある付き合いなど、ストレスは尽きません。

これが居心地がいいと感じる人もいますが、違和感や窮屈だと感じたり、ストレスが多い場合にはできるだけ早くその環境から出るのが賢い選択。

 

今や転職は当たり前の時代です。多少転職回数が多くても全く問題ありません。むしろ年齢を重ねるほど女性の転職は難しくなります。

そんな中、ストレスフルな環境に身を置き続けるほど、今の会社はあなたにとって価値がありますか?

外に目を向ければもっといい会社なんていくらでもあります。

まずは一歩でも半歩でも前に踏み出して行動してみてくださいね。

 

最後に丁寧で細やかなサポートを受けられて、女性にも優しい転職エージェントを紹介します。私も実際に利用して多数の内定を獲得できたエージェントなので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントは、扱う求人数転職決定数が圧倒的ナンバー1なので登録しておいて間違いないです。

リクルートエージェントはあらゆる求人を幅広く掲載しているのが特徴。他にはない非公開求人を多数抱えているので、希望の求人が見つかります。

また、業界ナンバー1だけに、優秀なキャリアアドバイザーが多いことには定評があるので、面談して見るだけでも様々なアドバイスを得られます。

なお、キャリアアドバイザーなど人に相談するのが苦手な場合は、「リクナビNEXT」(転職サイト)だけでもキープして、豊富な求人数(情報量)だけでも確保しておくのがおすすめ。

登録はこちら(公式サイト)

 

dodaエージェント

【公式サイト】https://doda.jp/

 

dodaエージェントは、業界でも豊富な転職者情報のデータベースを持っているのが特徴。ここに登録しておけばこのデータベースを利用する他社エージェントからアプローチしてもらえます。

自分が登録した職歴や希望条件から他社エージェントに自分を見つけてもらうことで、自分に適した求人にたどり着きやすくなります。

実際、私もdoda経由でオファーをくれたエージェントの紹介で内定をもらっています。(同時にdodaエージェントの紹介でも2社内定をもらっていて、今はそのうちの1社で働いています。)

また、dodaエージェントは応募書類の添削や面接対策のバックアップのサポートスキルが高いので、これだけでも利用価値はあります。

登録はこちら(公式サイト)

 

パソナ

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手企業やホワイト企業の求人情報を多く持っている転職エージェント。

特徴としては女性へのサポートが手厚いことでも有名で、女性に寄り添った的確なアドバイスやサービス提供ができることで定評があります。

また、転職初心者向けの支援体制も整っていて20代〜30代の結婚や出産、育児を意識している女性でも親身に相談にのってもらえるだけえなく、求人を紹介してもらえます。

年収でいうと400〜500万円台の求人に注力しています。全国どこでも幅広く求人を扱っているので、現在この年収ゾーンあれば利用を検討してみてください。

長期的なキャリア形成を真剣に考えている女性におすすめの転職エージェントです。

無料登録はこちら(公式サイト)

 

■20代に強い転職エージェントまとめはこちら↓

あわせて読みたい
本当に使える転職エージェント10選|20代におすすめ【全業界・業界別】今や転職活動には必須となった転職エージェント。 とはいっても転職が初めての人や前回の転職がうまくいかなかった人にとっては、転職エー...

 

■30代向けの転職エージェントまとめはこちら↓

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選9社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

 

スポンサーリンク