転職ノウハウ

転職までの有給休暇のおすすめの過ごし方【120%有意義に使う】

転職まで有給休暇を消化できるから、転職先でも役立つ過ごし方が知りたい。短期間でもできることや長期の休暇だからこそやるべきことって何?転職経験者の実体験を教えて。

こんな疑問に答えます。

  • 転職時の有給休暇のおすすめの過ごし方6つ
  • 転職時の有給休暇でやっておけばよかったこと
  • 退職時は必ず有給休暇を取得しよう

 

この記事を書く私は半年前に転職したのですが、そのときの有休残日数は36日

転職先とうまく日程を調整して、結果的に1ヶ月分有休を消化できて大満足して次の会社へ入社。(全日数消化できませんでしたが、結果オーライです。)

 

 

そこでこの記事では、私が有給休暇中にやってよかったこと、やっておけばよかったことをまとめました。

私-SARA-
私-SARA-
次の会社にも役立つ過ごし方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

転職までの有給休暇のおすすめの過ごし方6つ

 

転職時の有休消化で一番残念な過ごし方は、何もしないでダラダラ過ごすこと

社会人になってからお金や業務の心配をせずに長期間まとめて休める機会はめったにないので、数週間、あるいは1ヶ月以上有休があるなら、この機会を最大限有意義に過ごしましょう。

私-SARA-
私-SARA-
ここからは私が有休中にやってよかったことを紹介します!

 

① 旅行する

有給消化中、10日間ロサンゼルスへ旅行に行ってきました。

ハワイには行ったことがあるのですが、アメリカ本土となると片道で12時間ほどかかるので、まとまった休みでもないとなかなか行けませんよね。

10日もあると主要な観光地はもちろん、ホテルのプールサイドでゆっくり読書したり日焼けを楽しんだり、ぶらりとローカルのスーパーを訪れてみたり、かなりゆったり過ごすことができて日頃の疲れも癒えました。

 

旅行は転職時の有休の王道の過ごし方ですが、気持ちの切り替えにも役立つので個人的にもかなりおすすめ。

それに、旅行はただ楽しいだけでなく社会勉強にもなるんですよね。

たとえば、それまではアメリカの華やかな部分しか知らなかったけど、実際に現地に行ってみると高級住宅地ビバリーヒルズのすぐ側にホームレスがたくさんいたり、地下鉄を利用しているのは一部の低所得者層だけ、など知らなかったことを知るいいきっかけにもなります。

 

そして何より、旅行は非日常で思いっきり羽を伸ばして楽しめるという意味でも有休中のおすすめの過ごし方。

私-SARA-
私-SARA-
長期の旅行がムリなら数日間でも国内のこれまで行ったことがない地域へ旅行してみるのもいいですね。

 

② 体を鍛える

私の場合、短期集中型で転職活動したので、定期的なジム通いをストップしたり、面接の合間などカフェで過ごす時間が増えたことで、2ヶ月の転職活動中にだいぶ太ってしまいました。

短期間で転職を成功させる秘訣は以下の記事からどうぞ↓

あわせて読みたい
転職活動が忙しくてできないのは優先度の問題【2ヶ月で転職する方法】 こんな疑問にお答えします。 転職活動が忙しくてできないのは優先度の問題 忙しくても転職活動の優先度を上げる方...

 

そこで転職活動を終えてからはジム通いを再開し、退職までの有給消化中はほぼ毎日ジム通い。

一ヶ月でも集中的にジムに通った結果、余分な贅肉が落ちていい感じで体が引き締まり、服を選ぶのが楽しくなりました。

ロサンゼルス旅行中も水着を着るのに抵抗なく楽しめたのはこのおかげ。

私-SARA-
私-SARA-
ちなみに旅行中は1日に15km以上歩いたり、ホテルのジムに行っていました。

 

また、ジムで体を鍛えるメリットは、転職先でも初対面の相手にいい印象を与えられたこと。

太っていてだらしない体型の人よりも運動の習慣があってヘルシーな体つきの人の方が仕事ができそうに見えるし、爽やかで好印象。

同じくジムに通っている同僚たちとも男女問わず共通の話題で会話が盛り上がり、すぐに職場に馴染むこともできました。

 

③ 料理を楽しむ

有給消化中は手の込んだ料理を楽しむのもおすすめです。

仕事をしていると平日は手抜き料理になったり、あるいはコンビニやスーパーの惣菜で済ませたり、外食になってしまうことも多いのですが、有休の間こそ料理の腕に磨きをかけるチャンス。

健康を意識したヘルシーな食事と上述した運動習慣とあわせて、より健康的な体づくりができますよ。

私-SARA-
私-SARA-
私が毎晩丁寧に料理したことで一番喜んだのは同棲している彼。毎日夕食を楽しみに帰ってきてくれました。

 

④ 読書する

 

普段なかなか読書の時間がないという人は、この機会にいつもは読まないジャンルの本を読んでみるのもおすすめ。

時間があるときこそ気持ちにも余裕があって新しいことにチャレンジしやすいので。

私-SARA-
私-SARA-
私自身は有休中に不動産投資の知識を身につけたいと考え、関連した本を何冊も読みました。今も勉強中です。

 

あるいは、読まずにたまっている本があるならそれでもいいですし、一度読んだ本を改めて読み返してみると新しい発見があります。

有休中は時間をコントロールしやすいので、「毎日この時間は読書の時間」と決めてアラームをセットしておくと継続しやすいです。

 

⑤ 副業を始める

まだ副業未経験の人であれば、この期間に副業を始めてみるのもいいですね。

副業を始めること自体は実は簡単なのですが、やったことがない人にとってはハードルが高く感じるので、時間と気持ちにゆとりがあるこの時期に始めてみるという人も多いです。

 

コンビニなどのアルバイトなどではなく、在宅でできて転職先に入社後も継続できる仕事を選ぶのがおすすめ。

代表的なもので言うと、私がやっているようなブログやアフィリエイトなどは初期費用をほとんどかけずにできるので男女問わず人気が高いです。

 

ブログやアフィリエイトが敷居が高いと感じるのであれば、最初はメルカリやヤフオクなどで不用品を売って自力でお金を稼ぐ経験を積み重ねてみるだけでもOK。

自宅の不要なものが減ってスッキリするだけでなく、お金も得られるのでおすすめです。(転職時ではないですが、私も副業はここからスタートしました!)

私-SARA-
私-SARA-
私はすでに副業を始めていたので、この期間にブログの構想を見直したり、新しい副業(不動産投資)の勉強時間として有休を利用。

 

⑥ とにかく楽しむ

もちろん有給休暇中は「とにかく楽しむ!」という思考も大切です。

何のしがらみもなく時間を気にせず楽しめるのは、今だけかもしれません。

 

「とにかく楽しむ」方法は、たとえばこんな感じ↓

 

(別に有休期間中でなくてもいいのですが、)たくさんお金をかけなくても友達や恋人と楽しめるものもあれば、1人でも十分楽しめるアイディアも。

私-SARA-
私-SARA-
有休中は、普段忙しくて会えなかった大学時代の友達とホテルのランチビュッフェに行ったり、メゾンカイザーでパンを買い込んだり、育休中の友達とそれぞれの自宅で食事しながらTV電話で長話したり、5,000円以下でもかなり楽しみました!

 

転職時の有給休暇でやればよかったこと

 

ここまでお伝えしたように有休中も毎日忙しく充実していたのですが「これもやっておきたかったな」ということもあります。

2つだけなのですが、みなさんの参考になればと思います。

 

里帰り

1ヶ月も有休期間があったので「数日だけでも里帰りすればよかったな」と思っています。

都内から実家までは新幹線で3時間ほどかかるため、社会人になってからは毎年1〜2回しか帰省できず、だからこそ両親や祖父母に会いにいくべきだったかな、と。

元気な顔を見せに帰るだけでも両親にとっては親孝行になるとも言いますよね。

私-SARA-
私-SARA-
とはいえ、今は在宅勤務を柔軟に使える会社なので、今後は平日に帰省して(新幹線で移動中も仕事できる)、日曜日に東京に戻ってくるということもできそうです。

 

イングリッシュブートキャンプ

転職先で英語が必要になる可能性があり、有休中に英語を勉強しておこうと思っていたのですが、ほぼ勉強せずに有休期間が終了。

留学経験はあるものの社会人になってからは英語を話す機会があまりなかったので、自信がないまま転職先へ入社しました。

今のところ、まだ英語は使っていないのですが、同じ部署の同僚たちは毎日バリバリ英語を話しているので「やっぱり少し勉強しておけばよかったかな」と思っていたところ…

 

かほこママのVoicyを聞いてイングリッシュブートキャンプを知りました。

(「かほこママって誰やねん!」と思った方に説明しておくと、かほこママはトレンダーズの創業者で女性実業家の経沢香保子さんです。)

 

イングリッシュブートキャンプは、たった2日間で英語が喋れるようになるという国内留学のプログラム。

 

プログラムの詳細や英語が話せるようになる理由、参加している人たちについては、Voicyからかほこママの体験談を聞いてみてください↓(無料で聞けます。)

 

※「音声を聞くのが面倒」という方はこちらからも詳細を確認できます。

 

金額としては少し高額ですが、ランチや軽食など含むことも考えれば1時間あたりの金額は納得感のある価格。

そして何より2日間だけという短期集中型なので、転職時の有休では試せなかったものの、これから普通に有休をとってチャレンジしてみたいと思っています。

私-SARA-
私-SARA-
転職先はホワイト企業で有休も多いので、現実的にチャレンジできそうです。実際に通ったらまたレポします!

>>週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

退職時は必ず有給休暇を取得しよう

 

こんな感じで、(ちょっと心残りはあるものの)有給休暇では充実した日々を過ごすことができて、気分爽快で転職先での仕事を始められました。

私自身の経験から言えることは、これから転職する人たちにはできるだけ長く有休を取得することをおすすめします。

 

「辞める会社に言いづらいから」とか「転職先とうまく日程を調整できるかわからない」という人もいるのですが、転職時の有休をしっかり確保するには転職活動のときから逆算して行動することが重要です。

私-SARA-
私-SARA-
転職活動しながら引継ぎの準備も進めましょう。

 

有休の取得は労働者の権利なので、退職時は堂々と有休をとらせてもらいましょう。

また、有休中の過ごし方について、有休に入る前からしっかり計画を立てておくと充実した時間を過ごせますよ。

 

円満に退職する方法も記事にまとめてみました↓

あわせて読みたい
円満に会社を辞める方法は意外と簡単でした【実体験】 私も同じような悩みを持ちながら、5年以上会社を辞められなかった一人。 ですが、つい先日、意外とあっさりと会社を辞め...

 

転職先と入社時期や年収を上手に交渉する方法はこちら↓

あわせて読みたい
最短で内定を勝ち取る転職エージェントの活用方法【知らなきゃ損】 こう考える人も多いですが、結論、転職エージェントを使った方が効率的です。 この記事では、以下について解説します。 ...

 

スポンサーリンク