転職

転職活動の応募が怖いときの解決策【急がないとチャンスを逃します】

転職したいけど、どうせ私なんてどこも雇ってくれないのではと不安。応募してもどこにも受からないかもと思うと怖くて行動できない。転職活動への恐怖心を消すにはどうしたらいいの?

こんな疑問にお答えします。

  • 転職活動が怖いと感じる理由
  • 転職活動の応募が怖いときの解決策
  • 転職活動が不安でもとりあえず行動しよう

 

この記事を書いている私は転職を2回経験していますが、2回目の転職までは辞めたいと悩みながら転職活動できずに5年以上が経過。

でも、思い切って行動したら希望の会社に転職できました。

 

 

あのとき勇気を持って転職活動を始めることができなかったら、今の会社に転職できず確実にチャンスを逃していました。

 

今回は、5年以上転職活動に踏み出せなかった私が見つけた転職活動への不安を克服する解決策をお伝えします。

 

転職活動が怖いと感じる理由

 

転職活動が怖いと思う気持ちはよくわかります。

私自身、長い間転職に踏み出せなかった理由は以下のように思っていたから。

  1. 応募して落ちる=自分を否定されている
  2. 新しい環境が今より悪くなるかもしれない

 

転職活動を始める前は多くの人が同じ不安を持つのですが、これって悩んでもあまり意味がないんですよね。

この不安が足かせとなって転職活動できないことが、どれほど無意味なのかについて説明します。

 

① 応募して落ちる=自分を否定されている

転職活動の応募は書類選考から始まります。

一般的にこの書類選考の通過率は3割程度と言われており、つまり10社応募したら平均7社落ちるのが普通ということ。

 

「応募しても落ちるかもしれない」という不安を持っても、落ちるのが普通なので転職活動を始めるためには、落ちるのが当たり前であることを知っておく必要があります。

私-SARA-
私-SARA-
「落ちたくない」というのは「誰からも嫌われたくない」と言っているのと同じ。普通に考えて、全ての人に好かれるのなんてムリですよね。

 

それよりも「いかに書類選考の通過率を上げるか」「より多くの企業との面接のチャンスを掴むか」について悩んだほうが生産的です。

 

② 環境が変わるのが怖い

私自身、転職したら今よりも悪い方向に環境が変わるのではないかという不安はありました。

前職を辞めるときは「次の会社がどんな雰囲気かわからないのに今の会社を辞めるなんて、後悔するかもよ。」と言ってくる同僚も。

 

たしかに転職したらどんな環境になるのか全てを把握することはできません。でも、結果転職してよかったです。

 

 

転職活動を始めてからは開き直っている部分もあり「入ってみて全然あわなかったからまた転職すればいい」と気楽に考えられるようになりました。

 

というのも、今は転職も当たり前の時代になってきており、転職市場にはアラサー世代でも転職回数が3、4回という人も少なくありません。

なので、多少転職回数が多くてもその理由をきちんと自分の言葉で説明できれば、特段転職で不利になるということもないように感じます。

 

それに、最近は転職の口コミサイトがかなり充実してきているので、転職先に入社する前に自分が転職する会社の雰囲気を調べておくことも可能です。

 

おすすめの口コミサイトはOpenWork

転職活動の応募が怖いときの解決策

 

転職活動が怖いと感じてもあまり深刻に考える必要はないのですが、それでも不安な気持ちを簡単には克服できませんよね。

 

5年以上転職活動に踏み切れなかった私が転職活動を始めれたのは、それなりのきっかけがありました。

それは、転職しなかったときのリスクを考えたこと。

 

転職活動が怖いと感じる人は「転職したときのリスク」を考えます。

ですが、転職で後悔しないためには「転職しない場合のリスク」も考える必要があります。

 

 

上記のとおり、「転職しないリスク」を考えたら「今すぐに転職しないとヤバい!」ということに気がつきました。

私-SARA-
私-SARA-
3〜4年以内には会社員を辞めて独立したいのですが、その前の会社員であるうちにもっと経験やスキルを磨きたいというのが私のプラン。「転職しないリスク」を考えてみたら、前職では「これ以上成長できないし、新しい経験を得ることもできない」と気づきました。

さらに、アラサーという年齢もあって「早く出産・育児も経験したいのに、これ以上時間をムダにしたくない!」と思い、長年躊躇していた転職活動を始めることができました。

 

今の会社を辞めるのが正しい選択なのか自信がないなら、こちら↓の記事を参考に判断してみてください。

あわせて読みたい
会社を辞める決断ができないときに考えるべき2つの判断基準 このように会社を辞める決断ができず、同じ会社で働き続けている人って本当に多いです。 というのも、最近私は会社を辞め...

*

転職活動が不安でもとりあえず行動しよう

 

すべての結論がここに尽きるのですが、転職したければ行動しましょう。

つまり、転職活動しましょう。

 

とはいえ、一人で行動してもやっぱり不安になるし、ダラけてしまうこともあります。

そんなときのために転職エージェントを利用するのが効果的です。

 

 

転職エージェントを利用すれば背中を押してくれる存在ができるので、転職活動を前に進めざるを得なくなります。

しかも、自己分析のサポートや転職活動全般のアドバイスをしてくれるだけでなく、ときには自信を与えてくれるようなことも言ってくれます。

私-SARA-
私-SARA-
私にとって転職エージェントからの支援はとても心強かったです。

 

転職活動を始めるときに心得ておきたいことをマルコさんがTweetしてくれているので、ご紹介します。

 

 

マルコさんは年収1,500万円を稼ぐサラリーマンですが、超エリートでも転職活動で落ちるんです。

それでも、転職活動していれば評価してくれる会社に必ず巡り会えます。

 

あなたが悩んでいる間にもドンピシャの求人情報が出ているかもしれません。

でも行動しなければ、求人は次々とクローズしていくのでチャンスを潰します。

 

なので、転職活動が不安でもとりあえず行動しましょう。

転職エージェントがサポートしてくれる内容はこちら↓からどうぞ。

あわせて読みたい
最短で内定を勝ち取る転職エージェントの活用方法【知らなきゃ損】 こう考える人も多いですが、結論、転職エージェントを使った方が効率的です。 この記事では、以下について解説します。 ...

まとめ

 

転職するか悩んでいる間にも時間は過ぎていきます。

一方で転職を怖いと思う理由は、はっきり言ってあまり意味のないこと。

 

どうしても転職に対する恐怖や不安を払拭できないなら「転職しないリスク」を考えてみてください。

これで「やっぱり転職しない」という答えになるかもしれません。

 

あるいは転職への不安が克服できない場合や「転職したい」という気持ちを確信できた場合は行動しましょう。

これ以上時間をムダにする必要はないので。

 

 

大切なのはあなたが「転職したいと思う気持ち」です。

 

あわせて読みたい
在職中の転職活動の始め方【3つの手順で効率的な方法を解説】 こういった疑問に答えます。 在職中の転職活動の始め方(3つの手順) 転職活動で知っておくべき3つのこと ...
あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...
スポンサーリンク