第二新卒の転職

第二新卒の転職の失敗は自分以外に原因があるかも?【知って損なし】

第二新卒で転職を考えているけど失敗が怖いから躊躇してる。転職するとしたらどんなことに気をつければいいの?

こんな悩みに答えます。

  • 第二新卒の転職の失敗は自分以外に原因があることも
  • 失敗の原因を取り除いたら2ヶ月で転職できた話
  • 第二新卒に強い転職エージェントとは

 

この記事を書く私は、新卒で大手企業に入社しましたが、軍隊のような雰囲気を感じて内定式のときから「辞めたい」と思っていました。

入社後もその気持ちが強くなり、その結果入社から1年後には転職活動を始めたのですが、転職活動が全然うまくいかない…どこからも内定をもらえないまま半年が経過。

私-SARA-
私-SARA-
「私は必要とされない人間なんだ」と自信を失いかけ、そこから一旦転職活動休止。

 

その後心機一転して転職活動を再開したところ、あるきっかけで転職活動がうまく進み出し、2ヶ月後には希望の会社に転職してました。

(転職活動がうまくいかなかったあの半年間はなんだったのか…)

幸運にもこのきっかけのおかげで、それまでの自分の転職活動の何が間違っていたのか気がつけたし、自分に適した求人にも多数出会うことができました。

 

そこでこの記事では、私のように転職活動で何ヶ月も無駄な時間を過ごさず、できるだけ早く自分に適した会社に転職するための方法をお伝えします。

 

第二新卒の転職の失敗は自分以外に原因があるかも?

 

転職活動がうまくいかないと大抵の場合は「自分のやり方が間違っているのではないか?」「自分の能力が低いのではないか?」などと自分側に原因があると思いがち。

そして、実際それは間違っていないケースが多いです。

 

私も最初の半年うまくいかなかったのは、初めての転職活動を甘く見ていたり、転職活動の軸がぶれていたりしたことが原因だったと後から気がつきました。

自分側の原因については、当時のことを以下の記事にまとめているので、自分側の原因を自己分析したい方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
転職でどこにも受からない人の意外な3つの理由【2ヶ月で挽回可能】 こんな悩みに答えます。 転職活動での失敗【転落の始まり】 転職でどこにも受からない人の意外な2つの理由 ...

 

でも、その後もあきらめずに転職活動を続けていたことで、自分側の原因だけ解決しても転職活動はうまくいかない可能性もあるということがわかりました。

 

転職活動がうまくいかない自分の外側の原因

では、外部要因の何を見直すべきなのかというと「あなたが今利用している転職エージェントは自分に適しているか?」ということです。

 

※転職活動が初めての人ほど転職エージェントを利用したほうがいいので、ここからは転職エージェントを利用する前提でお伝えしていきます。転職エージェントの利用を推奨する理由は以下の記事からどうぞ。

あわせて読みたい
最短で内定を勝ち取る転職エージェントの活用方法【知らなきゃ損】 こう考える人も多いですが、結論、転職エージェントを使った方が効率的です。 この記事では、以下について解説します。 ...

 

実は転職エージェントにも第二新卒に強い、IT業界に強い、ハイキャリア層に強い、外資系企業に強い…など得意分野があります。

自分に適した転職エージェントであれば、自分にとって本当に必要なアドバイスを受けられるし、自分にマッチしやすい求人を出す企業とのコネクションが強いので、自分に適した求人情報を多数紹介してもらえます。

つまり、自分の属性にあった転職エージェントを利用することで、遠回りすることなく転職活動をスムーズに進められます。

 

一方、自分の属性とは違う転職エージェントを利用してしまうと、転職エージェントからのアドバイスが自分にとってはあまり役に立たず、興味を持てる求人情報も少ない…という可能性が高くなります。

さらに、自分の属性が違うことで転職エージェントにとっては優先度の低い転職者となってしまい、きめ細やかなサービスが受けられず、転職活動が長期化します。

私-SARA-
私-SARA-
転職エージェントは転職者の入社が決まって初めて企業から成功報酬を受け取れる(=売上につながる)ので、自分たちのサービス対象と属性の違う人が登録してきた場合、確実に優先度は下がり、受けられるサービスの品質が下がります。

失敗の原因を取り除いたら2ヶ月で転職できた話

 

私の転職活動がうまくいかなかったのも、第二新卒という立場だった自分に合わない転職エージェントを利用していたことが原因でした。(もちろん私自身にも落ち度はあったけど)

当時は第二新卒で経験・実績もないのに「年収を上げたい」と言う気持ちが強く、高年収の求人を多く取り揃えるエージェントや、全く自分の経験を活かせないような求人ばかり扱う転職エージェントを使っていました。

このため、転職エージェントとの面談後に「紹介できる求人がありません」と断られたり、転職エージェントにとって私の優先度が低いために丁寧に対応してもらえませんでした(連絡が遅い、教えてもらいたいことを聞きづらい雰囲気…など)。

 

ところが半年の停滞期間を経て、別の転職エージェントを利用し始めたところ話がトントン拍子で進み、2ヶ月後には新しい会社に入社。

私-SARA-
私-SARA-
何気なく登録したエージェントが第二新卒専門の転職エージェントだったわけです。

 

利用する転職エージェントを切り替えたところ、担当してくれたコンサルタントがかなり親身になってくれ、私がこれまでの転職活動でうまくいかなかった原因(自分側にある原因)を洗い出してくれました。

私-SARA-
私-SARA-
このとき耳が痛いことも受け入れる素直さがあってよかった。若いって素敵。笑

 

さらに、私の希望に沿った求人(かつ企業からも第二新卒に需要がある)を見つけ出してくれたこともあり、書類選考の通過率が格段に上がり、面接でも一次面接を通過できるようになりました

私が希望していた転職先はそれまでの経験からは高望みとも言えるような職種でしたが、担当のコンサルタントの方は私の目標を否定することなく、これまでの経験を活かしつつ、目標に近づけるような求人を提案してくれ、書類選考や面接時にも企業に対してかなり熱心にアピローチしてくれました。

この結果、第二新卒・未経験にもかかわらず、本気で転職活動を始めて2ヶ月後には憧れの仕事への転職を実現することができました。

第二新卒に強い転職エージェントとは

 

第二新卒の場合、転職活動が初めての人が大半だと思います。

社会人経験も少なく初めての転職活動だからこそ、間違った方向で進めてしまうリスクも高いので、私のように半年という期間を無駄にしたくなければ、第二新卒に特化した転職エージェントのサポートを受けながら取り組むのがおすすめ。

 

最後に、私が第二新卒のときに利用した「第二新卒の転職に強いエージェント」を紹介します。

転職エージェント名 特徴・強み
ネオキャリア 私が第二新卒のときに希望の転職の実現をサポートしてくれたエージェント。規模は大きくないですが、第二新卒の特性を熟知した的確なアドバイスとコンサルタントの熱心さは秀逸。第二新卒なら利用してみる価値ありです。
マイナビジョブ20’s 転職業界大手のマイナビが第二新卒・20代向けに展開する転職支援サービス。大手だけに求人数が多く信頼感もあります。第二新卒向けのサポート体制が充実しているので、きめ細やかなサービスを受けたい人には向いています。
dodaエージェント 業界でも豊富なデータベースを所有しているのが特徴。登録しておけば、このデータベースを利用する他の第二新卒に強い多数の転職エージェントからスカウトしてもらうことができ、自分に適した求人にたどり着きやすくなります。

 

さらに詳しく知りたい方は以下の記事でさらに詳細を書いているので参考にどうぞ。

あわせて読みたい
第二新卒で本当に役立った転職エージェント厳選5社【これで安心】 こんな疑問に答えます。 第二新卒が転職エージェントを使うべき理由 第二新卒で本当に役立った転職エージェント厳...

 

私-SARA-
私-SARA-
転職エージェントは同時に複数社利用しても問題ないので、興味があるところにはまず登録して面談てみるといいですよ。

 

「転職したいけど転職の軸が定まっていない…」という場合はこちらの記事で自己分析してみてくださいね。3分程で今の自分にあった仕事を知ることができます。

あわせて読みたい
20代後半で何がしたいかわからない人の打開策【知らないと損】 今回はこんな悩みに答えます。 20代で何がしたいかわからない人の打開策 やりたいことを見つける第一歩は選択肢...

 

スポンサーリンク