20代の転職

初めての転職マニュアル【20代で一度はチャレンジすべし】

転職したいけど初めてだから何から始めればいいかわからず不安。転職する手順やタイミングの決め方が知りたい。

こんな疑問に答えます。

  • 初めての転職を20代で経験すべき理由
  • 転職活動の具体的な手順
  • 初めての転職活動での注意点

 

この記事を書く私はこれまでに2度転職したことがあり、初回は第二新卒のとき、そして2回目はアラサーになって転職しました。

これまでの自分の経験を振り返ってみると、わからないながらも20代のうちに一度転職を経験したことは大きな財産だと思っています。

ですが、もちろん初めての転職活動では苦労続きで転職するまでに半年以上もかかってしまいました。

そんな経験をもとに、この記事では20代で転職すべき理由と、初めての転職活動で遠回りせずに希望の転職を実現する方法について解説します。

私-SARA-
私-SARA-
この記事を順番通りに読んで、そのまま行動していけばスムーズに転職活動を軌道に乗せることができますよ。

 

初めての転職を20代で経験すべき理由

 

「石の上にも三年」という言葉があるように、まずは最初の会社で3年は勤め続けるべきだと思っている人も多いのですが、この考え方に縛られる必要はありません。

私自身の話をすると、社会人2年目の春には転職活動を始めて(途中で休止期間は会ったものの)年明けには転職しました。でも、今振り返ってもなんの後悔もなく、むしろあの時に転職する決断ができてよかったと思っています。

ここで何が言いたいのかというと、転職したいと思った時、あるいは転職に興味を持ったときがあなたの転職するべきタイミングです。

 

今の会社や仕事が好きならいいのですが、職場に不満を持ちながらもいつまでも同じ場所にとどまっている人の多くはこのタイミングで行動しなかった人ばかり。

一方で、20代の行動力を侮るなかれ。

20代のうちであればフットワーク軽く行動できる柔軟性があるので、新しい環境にも飛び込みやすいです。

私-SARA-
私-SARA-
実際、私もスキルも経験も貯金もなかったけど、地方から東京へ、それも未経験の職種への転職に挑戦できました。

でもこれができずに30代、40代で初めての転職を経験するとなると心理的にも、仕事の責任の重さからも、職場内の人間関係的にも、転職のハードルはかなり高くなり行動できなくなります。

そんな年配社員、あなたの周りにもいるのではないでしょうか?

20代で転職を経験することのメリット

20代で転職する場合に転職後もメリットがたくさんあります。

未経験の仕事に挑戦しやすい

今の職種や業界ではなく、未経験の仕事に転職したいのであれば20代のうちがチャンス。

30代以上の場合、基本的にはこれまでの経験やスキルが重視されるので、未経験の仕事への門戸は広くありません。

でも、20代であればまだ社会人経験が浅いため、30代以降とは採用の基準が全く異なり、転職したいという熱意や今後のポテンシャルが重視されます。

企業側も未経験の採用では年齢に制限を設けていることもあるので、20代という時期は転職する意味でもとても貴重です。

 

新しい環境に馴染みやすい

どんな人でも最初に入社した会社の社風や制度、人間関係が基準となりがちなので、転職後に新しい環境に違和感を感じたり、新しい会社のやり方に納得できなかったり、人間関係をうまく構築できない人も出てきます。

これが30代、40代と年齢を重ねてくるとさらに顕著になってきます。

でも、最初の会社に染まりきっていない柔軟で吸収力のある20代のうちに転職すると、新しい環境にも比較的馴染みやすく、スムーズに職場に溶け込むことができます。

また、20代で一度この経験をしておくことで、その後に転職を繰り返しても、すでに一度「豪に入れば郷に従え」を経験しているので、次の環境も自然と受け入れることができます。

私-SARA-
私-SARA-
金融業界から40代前後で初めて転職してきた同僚がいましたが、私たちが年齢関係なく意見を交わす環境が受け入れられず、入社後数ヶ月で退職してしまいました。前の会社では年齢による上下関係が相当厳しかったようです。

 

上司・先輩が年下ではない

20代のうちに転職するもう一つのメリットは転職後も上司や先輩が年下ではないということ。

年齢を気にしない人なら問題ないかもしれませんが、転職後に自分よりはるかに年下の先輩から業務を教わったり間違いを指摘されることに抵抗を感じる人も少なくありません。

私が第二新卒で転職したときは、同じ部署や関係する部署には年下は一人もおらず、わからないときには素直に「わかりません、教えてください。」と言いやすかったし、自分だけではなく上司や先輩たちも気を遣うことなく私に接してくれました。

私-SARA-
私-SARA-
年齢が若いうちは上司や先輩にも可愛がってもらえるというのも20代の特権ですよね。

 

 

逆にメリットに比較するとデメリットはほとんどないと言ってもいいくらいです。と言っても不安だと思うので、20代で転職する場合のデメリットについては以下の記事から御覧ください。

※記事を執筆中

転職手順①:将来のキャリアプランを考える

20代で転職すべき理由が理解できたら、ここからは具体的な転職の手順です。

とはいってもいきなり転職したい企業を探して応募するのではなく、新卒の就職活動のときと同じように、まず重要なのは「自己分析」です。

なたはなぜ転職したいと思っているのか、転職後にどんな仕事をやりたいのか、将来の中長期的なキャリアプランをどのように描いているのか、を考えます。

そして、転職活動はここで考えた内容を基盤に進めます。

 

自分のやりたいことがわからない、キャリアプランを考えたことがないという場合は以下の記事を参考に自己分析を進めてみてください。簡単な分析ツールなども紹介しています。

あわせて読みたい
20代後半で何がしたいかわからない人の打開策【知らないと損】 今回はこんな悩みに答えます。 20代で何がしたいかわからない人の打開策 やりたいことを見つける第一歩は選択肢...

 

自己分析は一人で対応しなければならないわけではありません。キャリアのプロと一緒に進めてより有利に転職活動を進めたい人は以下の記事をご覧ください。転職だけでなく、異動や独立を視野に入れている人にもおすすめです。

あわせて読みたい
転職相談サービスが今後のキャリア形成に必須な理由【厳選3社】 こんな疑問に答えます。 転職相談サービスと転職エージェントの違いとは 転職相談サービスが今後のキャリア形成に...

転職手順②:転職活動の全体像を理解する

自分のやりたいことやキャリアプランを整理できたら、転職活動の全体像を理解します。

一般的に転職活動にかかる期間は2〜3ヶ月程度。で、転職先が決まって現職に辞職を伝えて引き継ぎをして…という過程を経ても転職活動を始めてから半年後には次の会社に転職しているケースがほとんど。

応募〜次の会社への入社までの流れを理解して、その時々で必要なことを事前に把握しておくことで転職の不安も和らぎます。

 

転職活動全体のフローについて詳しくは以下の記事で解説しているので、こちらもぜひご覧ください。

あわせて読みたい
初めての転職で失敗しないために知っておくべき当たり前のこと【必読】 こんな悩みに答えます。 転職活動の流れと期間 転職で失敗する理由【具体例あり】 初めての転職で知ってお...

転職手順③:転職エージェントに登録する

転職活動で転職エージェントの利用は必須。とくに転職活動が初めての人にとっては不可欠の存在です。

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、応募書類の添削や推薦状の提出、面接対策、面接後の企業へのフォロー、年収交渉など、転職エージェントのサービスは多岐にわたります。

 

転職希望者が増えて大手企業やホワイト企業ほど人気が高まり、ライバルとの競争が激しくなっている中で、転職エージェントを使わないのは非効率なだけでなく不利になってしまいます。

このため、このステップまで来たら自分に適した転職エージェントに登録しましょう。20代であれば、まずは20代の転職に強みを持つエージェントに登録しておけばOKです。

私-SARA-
私-SARA-
転職エージェントと面談しておけば、その後のステップは転職エージェントが案内してくれます。

 

■20代におすすめの転職エージェントはこちら↓

転職エージェント名 特徴・強み
dodaエージェント 業界でも豊富なデータベースを所有しているのが特徴。登録しておけば、このデータベースを利用する他の第二新卒に強い多数の転職エージェントからスカウトしてもらうことができ、自分に適した求人にたどり着きやすくなります。
マイナビジョブ20’s 転職業界大手のマイナビが第二新卒・20代向けに展開する転職支援サービス。大手だけに求人数が多く信頼感もあります。第二新卒向けのサポート体制が充実しているので、きめ細やかなサービスを受けたい人には向いています。
リクルートエージェント 扱う求人数転職決定数が圧倒的ナンバー1。あらゆる求人を幅広く掲載しているのが特徴で、他社にはない非公開求人を多数抱えている。

 

初めての転職活動での注意点

ここまでの流れを把握できていれば転職活動の滑り出しは順調です。

でも、これだけでは納得のいく転職を実現させるには不十分で、他にも知っておくべきことがあります。

 

私自身の最初の転職活動での反省でもあるのですが、転職活動にはマインド面も整えて望む必要があります。

過去の私含め転職活動がうまくいかない人の特徴と克服方法については以下の記事で紹介しているので、転職活動を本格的に始める前に読んでおくといいですよ。

あわせて読みたい
転職でどこにも受からない人の意外な3つの理由【2ヶ月で挽回可能】 こんな悩みに答えます。 転職活動での失敗【転落の始まり】 転職でどこにも受からない人の意外な2つの理由 ...

また、もう一つ重要なことが転職エージェントとの関係構築。

転職エージェントは無料で利用できるので「自分はサービスを受ける側だから」と勘違いして横柄な態度で接したり、何でもかんでも本音で話してしまう人がいるのですが、これは絶対NGです。

転職エージェントとの付き合い方については以下の記事で紹介しているので、ぜひこちらもマスターしてみてくださいね。

あわせて読みたい
【転職エージェントとの付き合い方】有利に転職するための秘訣8つこれまでに2度転職を経験してきましたが、転職エージェントとの付き合い方を意識した結果、希望の会社から内定をもらうことに成功。 というの...
あわせて読みたい
転職エージェントを複数使っても大変じゃなかった話【むしろ成功】 この記事ではこんな疑問に答えます。 転職エージェントを複数使っても大変じゃなかった話(理由5つ) 複数の転職...

初めての転職が不安な人へ

いかがでしたか?

転職活動はわからないことが多くて最初は誰でも不安です。

でも、実際に始めてみることでわからないことがわかるようになり、徐々に不安は解消されていきます。

なので、まず最初に大切なことは始めてみること。とにかく最初は気合を入れて行動してみれば、次にやるべきことが見えてきます。

 

私自身も2度転職できたのは始めるという「気合い」のおかげで今があると思っています。

転職したいのに何年経っても同じ会社に留まっている人と、転職できた人との決定的な差は行動しているかどうか、それだけです。

柔軟性があって、しがらみもなく、この気合を一番発揮しやすいのが20代。今回紹介した順序で転職活動を始めてみてください。

 

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選9社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

 

あわせて読みたい
転職で年収を上げる誰でも使えるテクニック【注意点あり】 転職しようとすると誰もがこういった悩みに直面しますが、今回はこんな疑問にお答えします。 転職で年収を上げる...

 

スポンサーリンク