転職

履歴書を手書きさせる企業が時代遅れと判断した結果、転職成功した話

希望の会社では手書きの履歴書が必要みたいだけど、これって普通?くだらないことに時間をかけさせる企業にはあまりいいイメージが持てないのだけど…

こんな疑問に答えます。

  • 転職活動では手書きの履歴書不要
  • 手書きの履歴書が必要なケース
  • 履歴書を手書きの企業が時代遅れと判断したら転職成功

 

手書きの履歴書提出については賛否両論ありますが、個人的には以下の意見に同意。

 

ということで、直近の転職では手書きの履歴書提出を要求してきた企業はことごとく候補から外しました。

その結果、自分の理想に近い会社に転職することができ、転職後1年ほど経った今でも満足度が高い状態で働くことができています。

 

こうした私自身の経験からも、手書きの履歴書の提出要否は最終的に転職先を決めるときの一つの判断基準にできると思います。

詳しく説明するので、ぜひ読んでみてください。

 

転職活動では手書きの履歴書は不要(例外あり)

 

一般的なサラリーマンの転職活動では基本的には手書きの履歴書は使いません。

厳密に言うと、転職活動で手書きの履歴書が求められるシーンは少なくなっていると言ったほうが正しいですね。

というのも最近の転職活動は基本的に転職エージェント経由(あるいは転職サイト経由)で行うのが一般的であり、履歴書は転職エージェントにデータ形式で提出したものをエージェントが企業側に代理送付するからです。

 

一方で、企業の採用HPから直接応募する場合などは企業の人事の方針によりデータではなく手書きの履歴書提出が必要な場合もあると思います。

でも、実は転職エージェント経由であっても一部の企業に対しては手書きの履歴書を提出する場合があります。

 

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

手書きの履歴書が必要なケース

 

転職エージェントから紹介された案件や転職サイト経由で応募する場合、基本的にはパソコンで作成してPDF化した履歴書・職務経歴書を提出します。

私-SARA-
私-SARA-
転職エージェントが専用のフォーマットを用意していることが多いので、それを利用して作成しておき、一度作成したらそれをベースに微修正しながら使いまわしてOK。

 

でも、一部の企業では書類選考通過後の一次面接の際に手書きの履歴書持参を求められる場合があります。

 

私が直近で転職活動をしたときは短期間で40社に応募し、そのうち半数で書類選考を通過。

(私が一度の転職活動で短期間に40社も応募した理由は「転職活動は同時進行で何社受けると内定もらえる?【有利に進める方法】」で解説しています。)

そのうち10社ほどに絞り(他は辞退)面接に進もうとしたところ、3社から面接に手書きの履歴書を持参するよう指示がありました。

私-SARA-
私-SARA-
(私個人の経験からだけになりますが)3割の企業はいまだに手書きの履歴書を採用している可能性があるという考え方もできますよね。

履歴書を手書きの企業が時代遅れと判断したら転職成功

 

そこで冒頭でも述べましたが、私は手書きの履歴書提出を要求してきた企業はことごとく候補から外しました。

(言い方が悪くて申し訳ないのですが、)そんなくだらないことに時間をかけさせる会社に疑問を感じたからですね。

といっても転職活動上の戦略があったので手書きの履歴書が必要な企業の面接もちゃんと受けました。(その結果、3社中1社は二次面接で辞退、1社は最終面接落ち、1社は内定獲得)

 

そこで、実際に面接に行ってみて感じたことことは、手書きの履歴書を求めてきた企業は体質が古い会社であるという印象。

具体的に言うと、そもそも面接に出てくる人の年齢層が高い、内勤でもスーツなどかっちりした服装で仕事をしている人が多い、年功序列を匂わせる雰囲気、頭が固そうというイメージ。

私-SARA-
私-SARA-
手書きの履歴書提出を求められた時点で会社の雰囲気はだいたい想像つきましたが、面接に行って確かめられてよかったです。

 

私個人としては風通しよくフランクに自由な環境じゃないと絶対にあわないタイプだと自覚しているので、手書きの履歴書提出を要求してきた企業はことごとく候補から外したわけです。

 

 

この結果、最終的には2ヶ月の転職活動で4社から内定をもらうことができ、現在は理想の環境で働くことができています。詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

あわせて読みたい
転職で人生は変わると断言できる根拠を語ります【本音ベース】 こんな悩みに答えます。 転職で人生が変わるとはどういうこと? 転職で人生が変わると断言できる根拠 私が...

まとめ

 

私は手書きの履歴書 が必要な会社を否定しているわけではありません。

古い体質の会社の方が居心地がいい人もいると思うし、そうではなくても実際に面接に行ってみたら好印象をもったと感じる人もいるはずです。

なので手書きの履歴書が必要な場合でも、面接の機会を得られたならまずは企業に足を運んで社員の人に会ってみて判断するべきというのが私の意見。

とはいえ、最終的に入社する会社を決めるときに「手書きの履歴書の有無」は一つの判断基準の材料としては有用だと思いますよ。

 

あわせて読みたい
転職の決め手となるたった一つの条件とは【失敗しない人の選び方】 こんな疑問に答えます。 転職の決め手となるたった一つの条件とは 失敗しない人の転職の決め手とは【具体例3つ】...
あわせて読みたい
転職失敗して辞めたいと思う確率が70%減る転職のコツ【体験談】 こんな不安を解決します。 転職では「失敗を恐れずチャレンジ」は不要 転職で失敗する確率を70%減らす転職方法...

 

スポンサーリンク