転職

初めての転職が怖い人に私の失敗談と成功談教えます【不安を克服】

初めて転職を考えているけどうまくいくか不安。後悔せず自分が納得する転職をするためにはどんなことに気をつければいいの?

こんな不安に答えます。

  • 私の初めての転職活動がうまくいかなかった理由
  • 転職がうまくいくための第一ステップ
  • 初めての転職で「不可能」を「可能」に変えた方法

 

この記事を書く私は現在アラサーで、これまでに2度の転職経験があります。

今は3社目の会社でこんな感じで働いています↓

 

でも、実を言うと最初の転職活動は全然うまくいかずに何ヶ月もの間どこからも内定がもらえず「人生絶望…」と感じていたこともありました。

このときは新卒で入社した会社で働いて約1年ほどだったので、第二新卒としての転職活動で何をやっても本当にうまくいかなかった…

それでも最終的には希望の職種、勤務地、待遇の会社に転職することができたし、この失敗経験をもとに2度目の転職もうまくいき、2ヶ月の転職活動で4社から前職より高年収でオファーをもらえました。

 

そこで、今回は私の最初の転職活動がうまくいかなかった原因、そしてそれを克服して希望の会社に転職できた理由をお話します。

私-SARA-
私-SARA-
20代で最初の転職を検討している人向けに書いた記事です。失敗経験を赤裸々に語っているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

初めての転職が怖い人に私の失敗談教えます

 

私が最初に入社したのは金融系の会社。営業の仕事でとにかくノルマがきつく、さらに毎日の強制的な飲み会で体はボロボロ。

150人いた同期が入社から半年で10人ほどが退職し、1年後には4分の1が辞めてしまいました。

私-SARA-
私-SARA-
いわゆるブラック企業で「この環境に長くいては身体も精神もダメになる…!」とかなり焦って転職活動を開始。

 

とはいえこのときの私の転職理由は「ブラック企業から早く抜け出さないとヤバい!」ということであり、転職活動ではそれが全面に出ていたと思います。

(もちろん自分ではそんなつもりがなかったのですが…)

また、営業は私にはつらすぎるから絶対に次は営業の仕事はしないと決めていて、これが知らず知らずのうちに高望みとなっていました。

 

はたから見ると私の転職活動がうまく行かなかった理由は明らかなのですが、案外自分では気がつけないもの。

半年以上転職活動を続けた末、幸い私はあるきっかけがあって自分の落ち度に気がつき、転職活動のやり方を見直したことでそこから2ヶ月で希望の会社に無事転職が決まりました。

 

振り返って思うことは、初めての転職活動では私に限らず客観的な視点を忘れがち。

「自分は一生懸命やっているはずなのになぜかうまくいかない」という場合は、大抵は相手目線(転職で言うと面接官など)が抜け落ちていることが多いです。

 

初めての転職活動で半年以上どこにも決まらなかった理由、そこからどのように挽回したのか、さらに具体的な内容は以下の記事からどうぞ↓

あわせて読みたい
転職でどこにも受からない人の意外な3つの理由【2ヶ月で挽回可能】 こんな悩みに答えます。 転職活動での失敗【転落の始まり】 転職でどこにも受からない人の意外な2つの理由 ...

転職がうまくいくための第一ステップ

 

最初の転職活動こそうまくできなかったものの、1度目の転職で幸運にも希望の会社に転職することができ、2度目の転職でも2ヶ月で第一希望の会社へ入社できたわけですが、そこから学んだことは始めに目的を定義することが重要だということ。

といっても難しいことをするわけではなく、やるべきことはとてもシンプル。

 

✓転職がうまくいくために最初にすべきこと

  1. 転職の動機を明確にする
  2. やりたい仕事を見つける
  3. ①、②ができたら迷わず行動する

具体的に説明します。

① 転職の動機を明確にする

転職活動を始める前に、まずは「なぜ自分は転職したいのか」という目的を明確にする必要があります。

ただしここに注意点あり。私が初めての転職でダメだったのは「ブラック企業が嫌だから転職したい」が目的になっていたのですが、この他責思考は転職活動ではNG

私-SARA-
私-SARA-
転職に限らず「他責思考」は人生全般において持たないほうが物事がうまく気がしてます。

 

ここでは「自分は転職によって何がしたいのか、何を得たいのか」という自分主体で転職の動機を見極めるべきです。

これを見つけられれば、転職することに自分で納得感を持つことができて、その後の行動がブレにくくなるし、転職活動がうまくいかない時期があっても前向きに乗り越えられます。

一方、転職がうまくいかない人はこれが曖昧で、転職後に「前の会社のほうがよかった」と後悔する人も少なくありません。

 

② やりたい仕事を見つける

私自身は常に5年先までのやりたいことが比較的明確だったので、これまでの仕事探しにはあまり悩まなかったし、転職後も後悔したことがありません。

でも、今の仕事は辞めたいけどやりたいことがわからない場合、転職活動をする前に自分はどんな仕事に興味があるのか、どんな仕事なら向いているのかを知る必要があります。

私-SARA-
私-SARA-
とりあえず内定をもらえた会社に入社するのはかなり危険。自分の意志で選んだという感覚が乏しいため、嫌なことがある度に「こんなはずではなかった。転職しなければよかった。」とすぐに嫌になってしまう人が多いので。

 

「やりたい仕事がとくにない」という人に共通しているのは、知っている仕事(企業や職業、働き方など)の範囲が少ないこと。

知っている仕事が少ないということは、その少ない知識の中から仕事を選ばなくてはならないので選択肢が必然的に少なくなります。

というわけで、やりたい仕事を見つけるためにはまずはどんな仕事があるか、知識量を増やすことが必要。そうすればおのずとこれまでのキャリアや経歴を生かせる仕事が見つかります

 

ただし、闇雲に色々な職業を調べても時間の無駄なので、自分のスキルや特性を活かしつつ、どんな仕事が向いているのか、どんな企業なら転職の可能性があるのか調べる具体的な方法を以下の記事にまとめました。

すでにやりたいことが決まっている人にとっても意外な新しい選択肢などの発見があるのでおすすめ。(私も転職活動中に全部試しました!)

あわせて読みたい
20代後半で何がしたいかわからない人の打開策【転職に効果的】 今回はこんな悩みに答えます。 20代で何がしたいかわからない人の打開策 やりたいことを見つける第一歩は自分を...

 

③ 迷わず行動開始!

上の①、②ができたら(転職の動機を明確にして、やりたい仕事がわかったら)、もう転職活動を始める準備万端です。

 

初めての転職で怖い人がやるべきことは、「行動しなければならない状況をつくる」こと。

このために、まずは転職エージェントに登録するのがおすすめ。そして、できるだけ早く転職エージェントの担当者と面談してみてください。

私-SARA-
私-SARA-
そうすれば行動するしかなくなるので、流れに身を任せて動いてみましょう。転職するかどうかは内定をもらってから考えればOK。

あまり深刻にならず、転職エージェントが手順を教えてくれるので、とにかく動いてみてください。

 

転職活動して改めて今の会社の良いところに気づき「もっとここで働いていきたい」と思うことがあるかもしれないし、新しい会社で「こんなことにチャレンジしてみたい」という可能性に出会えるかもしれません。

転職活動するだけなら(交通費などを除き)タダです。なので、まずは不安になりすぎず行動してみることが大切です。

あわせて読みたい
転職したいけど怖いから動けないのは妄想【短期間で人生は変わる】 こんな悩みに答えます。 転職したいけど怖いから動けないのは妄想です。 転職の最初の一歩を踏む出す方法 ...

 

初めての転職で「不可能」→「可能」に変える方法

 

最初に入社した会社は営業職でしたが、最初の転職では第二新卒でなんの経験がないにもかかわらず、未経験の企画系の仕事に転職することができました。

私-SARA-
私-SARA-
一般的には新卒や第二新卒ではなかなか経験できない職種で、人によっては花形の仕事という人もいますね。本当にラッキーでした。

また、2度目の転職でも前職の経験を活かしつつ、ずっと興味のあった未経験の職種(しかも大企業)に転職。(現在はここで働いています。)

 

どちらも比較的人気のある職種であり、2度目の転職では業界でも(というか国内でも)大手の企業なので難易度は高かったと思うのですが、いずれも第一希望に転職ができました。

この不可能を可能に変えてくれたのは転職エージェントを利用したことが大きく、転職サイトだけでは絶対にこれまでの仕事は経験できていなかったと思います。

転職サイトはリクナビNEXTなどWebから直接企業に応募して自分で転職活動を進めるスタイルですが、転職エージェントを利用すると企業への応募や面接の調整、年収交渉などコンサルタントが企業との間に入って進めてくれます。

なお、転職エージェントはこれだけのサービスを受けられるのですが、手数料などは一切なく、無料で利用できます。

私-SARA-
私-SARA-
そこで、転職エージェントは何社も存在しているのですが、私が実際に初めての転職で利用して本当に役立ったエージェントと、今初めての立場で利用するなら使いたいエージェントを紹介します。

 

① リクルートエージェント

リクナビは新卒の就活のときに利用した人も多く、馴染みがあると思います。そのリクナビが提供しているエージェントサービスがリクルートエージェント

私も2度の転職で必ず登録していたエージェントで、リクルートをおすすめする最大の理由は、求人数が圧倒的に他社より多いから。

 

第二新卒で未経験の仕事を希望する人ほど、内定の確率を上げるためにできるだけ多くの企業に応募するべきだし、初めてのときほど多くの選択肢を見て学びを深めるべき。

他のエージェントで扱ってる求人の中から希望のものが見つからなくても、リクルートエージェントならほぼ確実に興味のある求人が見つかります。

>>【公式】リクルートエージェント

 

② dodaエージェント

dodaエージェントは2度目の転職出始めて利用したエージェントですが、企業に提出する履歴書や職務経歴書の添削スキル、面接対策のサポート、面接後の企業に対する適切なフォローアップのレベルの高さに驚きました。

これだけのためにdodaエージェントを利用する価値があるというくらい、コンサルタントには転職活動をしっかりサポートしてもらいました。

 

dodaはチームでのサポート体制も確立していて、担当のコンサルタントが不在の場合でも同じチームのメンバーがしっかりフォローしてくれて、常に安心して転職活動を進められました。

私-SARA-
私-SARA-
その結果、2度目の転職で内定をもらった4社のうち2社はdoda経由だったし、そのうちの1社が第一希望だったので、そこへ入社しました。

>>dodaエージェントサービス

 

③ ネオキャリア

ネオキャリアは私が初めての転職で不可能を可能にしてくれたエージェントです。

私のダメダメな転職活動から救い、正しい転職活動の方法を教えてくれて、さらにダメダメな私を企業にしっかりアピールしてくれて、まさかの憧れの未経験の仕事に転職できたのは、本当に彼らのおかげ。

 

こちらでも当時の経験を詳しく書いていますが、ネオキャリアの担当コンサルタントには今でも感謝しきれません。

ネオキャリアはとくに第二新卒の転職に強いエージェントなので、第二新卒の事情を熟知していてわからないことをきめ細やかに教えてくれるし、書類選考時の企業へのフォローが素晴らしくて、未経験でも書類の通過率が高いのだとか(実際私も経験済み)。

あなたが第二新卒であればぜひ一度話してみるのをおすすめします。

>>20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

転職で失敗しない人たちの共通点

 

いかがでしたか?

最後のエールとして転職に失敗しない人たちの共通点をお伝えしたいと思います。(ここでいう「失敗しない」というのは「後悔しない」とも同義。)

 

転職で失敗しない人たちはよく分析し、そしてすぐに行動します。

つまり、この記事でお伝えした以下の手順(再掲)をきちんと踏めば、転職がうまくいく可能性も高まるかなと思います。

✓転職がうまくいくために最初にすべきこと

  1. 転職の動機を明確にする
  2. やりたい仕事を見つける
  3. ①、②ができたら迷わず行動する

私-SARA-
私-SARA-
応援してます。

 

あわせて読みたい
転職したいけどスキルがない…そんな私が第一志望に転職できた理由 こんな悩みに答えます。 スキルも資格もない私が転職できた理由 転職でスキルに自信がない人がまずやるべきこと【...
あわせて読みたい
本当に転職していいのか迷う人が取るべき行動は一つだけ【事実】 こんな悩みに答えます。 本当に転職すべきか迷う人が取るべき行動 転職していいのか迷ったときに知っておくべきこ...

 

スポンサーリンク