転職

転職したいけど時間がない私が2ヶ月で転職できた訳【頑張りすぎ注意】

転職したいけど、残業多いし帰宅後は家事もしなくちゃならないから、気がつくと毎日0時過ぎ…自分のキャリアについてじっくり考える時間もない。こんな状況じゃいつまでたっても転職できない。どうすればいいの?

こんな悩みに答えます。

  • 現代人が転職できないほど忙しいのは当然
  • 忙しい中で転職活動する時間を作った方法
  • 時間がない私が2ヶ月で転職が決まった最大の理由

 

この記事を書く私は在職中に転職活動して2ヶ月で4社から前職の年収を上回る金額でオファーをもらい、最終的には第一希望の会社に転職することができました。

転職活動を始めてから今の会社に入社するまで3ヶ月。(最後の1ヶ月は有給消化)

 

最近は在宅勤務になって転職活動しやすい環境になった人もいる一方で、いまだに会社に出社しなければならない人も多いですよね。

私も転職活動したときは在宅勤務なんて想像できなかったし、実は仕事が忙しすぎて5年以上転職したいと思いながら動けなかませんでした。

 

それでも短期間で転職できたのは、自分なりに工夫したり無理しすぎないように配慮したから。

その結果、今はこんな状態です↓

私-SARA-
私-SARA-
なお、今は週数回のリモートワークではなく、ほぼフル在宅勤務しています。

 

そこで、この記事では私が在職中の多忙な生活の中でどのように転職活動して、希望の会社に入社することができたのか、その過程(体験談)をお伝えします。

忙しくて転職できないと悩む人の参考になると幸いです。

 

現代人が転職できないほど時間がないのは当然

 

転職活動しようと思うと、転職サイトに登録して履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成し、企業研究して、志望動機を考え、面接対策をして、面接に行き…など多くの工程が必要になります。

でも、普通に仕事をしていたらこんなに多くのことを同時進行するのはムリ。

 

業務量が多くて残業が常態化しているなど長時間労働の場合や、帰宅後も家事負担が多い場合はとくに、同時に転職活動をこなすのはかなりきついです。

実際、私は外出の機会が少ない企画職で、仕事が忙しくてあまり席を外すこともできず、繁忙期には遅くまで残業していたし、帰宅後に買い物に行って食事の支度をしてご飯を食べて、それからシャワーを浴びたらすでに深夜…こんな毎日でした。

 

でも、前の会社で忙しいと言ってる間に転職も昇進もできずに年下の上司に罵倒されている40代、50代になったおじさんたちや、転職時期も婚期も逃したお局さんたちを見て「自分もモタモタしていると同じようになるのでは」とものすごく恐怖を感じました。

なので私は必死で転職する方法を考えました。

私-SARA-
私-SARA-
そこで私が見つけた解決策は、転職活動中は完璧を目指さないこと、自分で全て抱えないこと、短期集中型で転職活動することでした。

忙しい中で転職活動する時間を作った方法

 

在職中で時間に余裕がない中で転職したい場合はある程度の割り切りは必要です。

前章でも話していますが、経験上転職活動をうまく進めるためには、完璧を目指して頑張りすぎないこと、上手に他人を頼ること、ダラダラと続けないことが不可欠だと思っています。

そこで私は転職活動で主に以下に書いている3つの工夫や行動をして、最終的には2ヶ月で転職活動を終わらせることができたし、行きたい会社への転職を実現しました。

 

① 仕事は手抜きできるところは手抜きする

転職すると決意したなら、もう今の仕事では完璧を目指さなくていいと思います。

もちろん給料をもらっている以上はやるべきことはやる必要がありますが、評価されることを目指して自分の業務以上のことまでやる必要はありません。

私-SARA-
私-SARA-
「手を抜く」というより「肩の力を抜く」と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

 

私自身はこんな感じで仕事の手を抜きました。

 

これくらい割り切らないと忙しい中で転職活動するのは難しいです。

きちんとやっているように見せかけて、実はクオリティはいつもより低いという感じでしょうか。

仕事の種類にもよりますが、できる限り体力・気力を転職活動に向けれるように仕事を頑張り過ぎないのがポイントです。

あわせて読みたい
在職中の転職活動の効率的なやり方【短期間で成功するコツを解説】 こんな悩みにお答えします。 私も転職する前は同じく悩みましたが、働きながらスピーディーに転職活動を進める方法を見つ...

 

② 家事は代行サービスを使う

「家のことが忙しすぎて転職活動する時間がない」という場合は、この期間だけでも掃除、洗濯、買い物などで家事代行サービスを利用するのもおすすめです。

家事代行というと金額が高いイメージがあるのですが、最近は庶民でも手が届くサービスがたくさんあります。

 

私が転職活動中に使い始めたの買い物代行サービス。

2〜3日に1回でも買い物に行くだけで往復1時間くらいはかかるので、転職活動中は買い物の時間もあなどれません。

 

実際に私が使ったのはツイディというサービスで、ネットスーパーと違い、いつもの最寄りのスーパーで必要な食材や日用品を買ってもらい、自宅まで運んでもらえます。

金額も全然高くなく、いつものスーパーで買い物する金額に代行手数料500円がかかるだけ。これなら転職活動中くらいは許容範囲ですよね。

 

また、忙しいときって新しいサービスに登録するのも面倒ですが、ツイディの初期設定は名前、電話番号、住所、クレジットカード情報を登録すればすぐにネット上から買い物できます。

しかも、注文した日に商品が届くので忙しくて注文するのが遅くなっても安心。

 

初回は代行手数料1,000円クーポンがもらえるので手数料無料以上にお得。まずは試してみて自分の生活に合うか確認してみるのがおすすめです。

私-SARA-
私-SARA-
私が登録したときは3,000円分のクーポンを3回に分けて使えました!便利すぎて転職から1年近くたった今でも使い続けています。

買い物に行く時間が浮くだけでも面接に行ったり企業研究の時間が捻出できます。家事も頑張りすぎないことがポイントです。

【ツイディ】はこちらから!

 

③ 転職活動をプロに任せる

転職活動する時間がないと悩む人ほど、家事代行サービスと同様に転職活動もプロに助けてもらうべき。

つまり、転職エージェントを使った方が効率的だということです。

 

 

転職サイトだけでは企業探しから応募、面接対策など全て自分で進めますが、転職エージェントはその名のとおり「転職活動の代理人」をしてくれるので、転職のアレコレを全部自分でやる必要はなく、担当のコンサルタントが幅広くサポートしてくれます。

私-SARA-
私-SARA-
しかもタダで利用できるので、忙しい中で使わない理由はないですよね。
あわせて読みたい
最短で内定を勝ち取る転職エージェントの活用方法【知らなきゃ損】 こう考える人も多いですが、結論、転職エージェントを使った方が効率的です。 この記事では、以下について解説します。 ...

時間がない私が2ヶ月で転職先が決まった最大の理由

 

上でお伝えしたような方法で、私は転職活動中は完璧を目指さない、自分で全て抱えない、短期集中型で転職活動することができたのですが、中でも転職エージェントの影響が一番大きかったです。

 

一方で転職エージェントを使う場合、担当のコンサルタントとの連絡が面倒という人もいますよね。

たしかにコンサルタントとの連絡のやり取りは発生しますが、転職活動で発生する色々な手間を考えるとそれ以上に時短メリットがあり、コンサルタントとの連絡だけで色々と面倒なことが片づくと知っていれば、転職エージェントを使わないのがいかに非効率で愚かな選択かわかるはずです。

私-SARA-
私-SARA-
とくに面倒と言われているがコンサルタントとの初回面談ですが、最近は電話やWeb面談が主流なので、最初のハードルもかなり下がってますよ。

 

私は転職エージェントを使ったことで夜19時以降に面接を組みやすくなったし、仕事が忙しくて何度かリスケした後もエージェントが間に入ってくれたことで応募している企業から悪い印象を持たれることはありませんでした。

(実際、3回面接をリスケした会社からも前職の年収以上で内定をもらいましたよ。

 

また、企業研究する時間がない、面接で何を話せばいいかじっくり考えてる暇がない、希望に合致する企業を探す時間がないといった悩みも転職エージェントがすべて対応してくれたり、サポートしてくれました。

しかも、応募先企業に推薦文を書いてくれたり、面接後に企業へさらなるプッシュをしてくれるなどのアフターケアもあり、自分ではできない年収交渉までしてくれるので、使わない理由が本当に見当たらないです。

 

というわけなので、忙しくて転職活動できない人こそ転職エージェントを使いましょう。

忙しいと言っている間に気がついたら半年、1年、3年と時間が過ぎ、年をとればとるほど新しい挑戦がしづらくなり転職活動でも不利になるリスクも心に留めておいてください。

 

なお、個人的には電話がしつこくなく、企業の特徴や企業ごとの面接対策の情報がしっかり蓄積されていて、LINEを使ったコミュニケーションが取れるなどが在職者向けのサポート体制が整っているdodaエージェントサービスがとく使い勝手がいいと感じました。

私-SARA-
私-SARA-
ちなみに内定をもらった4社中2社がdoda経由でした。
あわせて読みたい
転職エージェントの比較は狙う年収別が成功の基本【女性向け】 こんな疑問についてお話しします。 転職エージェントの比較は狙う年収別が基本 【年収400万円台】パソナキャリ...

まとめ

 

今回紹介した方法を利用しても転職活動を始めると普段より忙しくなるのは知っておいてください。

そのうえで、たとえば転職エージェントを使った転職活動とそうでない転職活動では、一つ一つの作業にかかる時間が全然違ってくるし、結果も大きく変わってくるので、最初の登録は面倒でも利用してみるのが賢い選択かなと思います。

 

私が転職できたのも「とりあえずサービスを使ってみるか」という軽い気持ちから始まり、時間を捻出できたことや背中を押してくれる相手ができたからこそ。

ということで今回は以上です。手遅れになる前に動き始めてみてくださいね。

 

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

 

あわせて読みたい
転職がすぐ決まるのは実は難しくない話【私は2ヶ月で4社内定】 こんな疑問に答えます。 転職がすぐ決まるのは実は難しくない【必要な3要素】 2ヶ月で4社から内定をもらう方法...

 

スポンサーリンク