転職

転職活動が会社にバレる意外な盲点【知っていれば対策できます】

転職活動やりたいけど上司や同僚にバレるのが怖い。転職活動がバレるのはどんなとき?バレるのを防ぐためにどんなことに気をつけたらいい?

転職活動するときに誰もが抱える不安。

今回はこれらの疑問にお答えします。

  • 転職活動がバレたときに発生するリスク
  • 転職活動が会社にバレる理由4つ
  • 会社に転職活動がバレないための対策

 

これまでに2回転職しましたが、細心の注意を払ってきたのでバレたことはありません。(転職を公表したときに驚愕されるほどだったので。笑)

 

ですが、「危ない!」と思った場面は何度か経験しているし、私の周りで実際にバレてしまった人も見てきました。

「本人は知られていないつもりでも、実は意外なところでバレていた」ということはよくあるので、今回は実際にバレた(&バレそうになった)理由と対策についてお伝えします。

私-SARA-
私-SARA-
知らないと対策すらできませんが知っていればバレるのを防げるので「自分にはバレない絶対的な自信がある」ということでなければ読んでみてください。

 

転職活動がバレたらどうなる?

 

転職活動が会社にバレて会議室に呼び出され、問い詰められたという話も聞きますよね。

でも、実のところ、本人はバレていないつもりでも裏ではみんなが知っていたということが多いようです。

こっちの方が怖くないですか?

 

このような場合、賞与の時期が近いのであれば「どうせ辞めるつもりなんだから」と減額されるかもしれません。

あるいは、突然上司や同僚がよそよそしくなり、仕事がしづらい雰囲気になることもあります。

最悪の場合、転職するつもりなのに地方へ左遷させられるリスクも。

私-SARA-
私-SARA-
私自身は経験ないですが、過去にこのような状況を何度か見てきました。

 

転職活動していることがバレてしまうと、精神的にツラい思いをすることになり転職活動に支障が出ることもありますし、転職活動自体を継続できない状況に追い込まれる可能性もあります。

 

なので、正式に転職先が決まって辞めると公表できるようになるまでは、絶対にバレないように対策が不可欠。

もちろん親しい先輩や同僚であっても絶対に言わないように気をつけましょう。

転職活動が会社にバレる意外な盲点4つ【対策あり】

 

では、実際に転職活動が会社にバレた&バレそうになったケースを4つご紹介します。

何気ない行動が致命傷になることもあるので、ここでご紹介する内容はぜひとも覚えておいてくださいね。

私-SARA-
私-SARA-
私がこれまでに見たこと・経験したことを具体的に解説します!

 

ケース①:服装や持ち物でバレる

いつも私服でラフな格好なのに、いきなり上下かっちりスーツで出社したらバレるのは当然。

ところが、新卒2年目の若手社員がこれをやってしまい、周りからは完全に呆れられていました。

 

この記事を読んでいるなら、ここまであからさまな行動はとらないはず。

ですが、意外とうっかりしがちなのが足元。

 

さすがにスーツは着て行かないにしても足元については荷物になるからと、いつもはカジュアルなスニーカーなのに、いきなりフォーマルなシューズやパンプスを履いてきたら?

周りはもちろん「おや?」と気づきます。

(そして気づいているのに何も言わない人も意外と多いんです。)

 

これが複数回継続したら…疑念は確信に変わります。

 

同様のことを私も一度やらかしていて、「荷物少なめ」キャラなのに、ある日突然かっちりしたA4サイズが入る大きめのバッグで出社。

案の定、同僚から「どうしたの?」と聞かれました。

私-SARA-
私-SARA-
そのときはとっさに「彼氏からのプレゼントなんだけど使わないと悲しむからw」とおのろけ。(我ながらナイス言い訳)

 

バレないための対策

転職活動を始めたからといって、出社時の服装や持ち物は極力変えないように注意しましょう。

面接の日はスーツやバック、靴など一式を駅のロッカーなどに置いてから出社するのがおすすめ。

 

とはいえ会社の最寄り駅ではダメです。

一駅ずらすか、早朝に面接がある企業の最寄り駅付近まで行って荷物をロッカーに入れておけば、会社の人に遭遇する確率を大幅に下げることができます。

転職活動中はただでさえ忙しいので、早朝に面接地の近くまで行くのは大変ですが、ここは徹底するべきところ。

 

ケース②:いつもと違う行動でバレる

これもよくあるパターン。

私が実際に目撃したケースをご紹介します。

 

仕事が多忙なのでランチはいつも自席ですませるT先輩。

あるときから突然、ランチタイムは一人で外食するようになったんです。それも毎日。

 

結婚していたので「最近奥さんからの小遣いが増えた」とか「英語の勉強を始めた」と話していましたが、完全に怪しい。

すぐに全員が気が付きました。「転職の準備をしているな」と。

 

バレないための対策

注意すべきは、いきなり行動を変えないこと。

T先輩のようにランチタイムに転職活動の準備をしたくても、会社にバレたくないなら我慢しましょう。

いきなり毎日外食するのではなく、1日おきにするなどのバランス感覚が必要。

 

また、普段は残業ばかりしているのに突然定時ぴったりに帰宅するのも怪しいです。

仮病などうまく利用して有休をとったり、遅刻・早退などで時間を作りましょう。

※仮病の言い訳や働きながら効率よく転職活動する方法を以下で詳しく解説中。

あわせて読みたい
在職中の転職活動の効率的なやり方【短期間で成功するコツを解説】 こんな悩みにお答えします。 私も転職する前は同じく悩みましたが、働きながらスピーディーに転職活動を進める方法を見つ...

*

ケース③:スマホの画面でバレる

これは私自身の失敗談。

 

転職活動のさなか、会社の飲み会に参加。

お酒を飲みつつ先輩と占いの話で盛り上がって、当たると有名な占いサイトを見せようとスマホの画面を見せながらYahoo!を開いて検索窓にサイト名を入力しようとすると、、、

 

検索履歴に多数の「転職」の文字が…!!!

 

 

私-SARA-
私-SARA-
「先輩の顔を見るのが怖い、絶対バレた…」と思いましたね。

 

幸いお酒も入っていたこともあってバレませんでしたが、危ないところでした…。

 

バレないための対策

転職活動中はスマホの画面を絶対に会社の人に見せない。

これに尽きます。

上記のケース以外にもどんなシチュエーションで何が表示されるかわからないので、転職活動中は「スマホを見せない」対策を徹底しましょう。

 

ケース④:転職サイトからバレる

 

これは私の後輩(Aくん)が実際にバレてしまったケース。

よく転職の相談にのっていたのですが、あるとき人事部の同僚から「Aくんが転職活動しているよ」と打ち明けられました。

 

聞くと、人事が企業側として利用していたある転職サイトの足跡から判明したのだとか…!

 

人事側では、ある転職サイトに投稿している自社のページを見に来た人の足跡から以下の情報を閲覧できるのだそうです。

  • 個人名のイニシャル(本人の名前は見ることができないようです)
  • 年代
  • 現職の企業名・職種
  • 自己PR文

 

Aくんの職種は会社内では4名しかおらず、イニシャルを見て一発でわかったのだとか。

 

転職活動をしていて、自分の会社の状況も気になってつい覗いてみたのでしょう。

転職活動がバレたどころか自己PR文まで読まれてしまい、かなり恥ずかしい状況に。

とはいえ本人はバレたことすら当時は知らなかったのですが。

 

バレないための対策

まず、転職サイトに登録するときは、自分の登録情報を現在の会社やグループ会社から閲覧できないように忘れずにフィルターを設定しましょう。

 

ただし、これだけでは不十分でバレるのを絶対に防げるわけではないので、転職エージェントを利用するのが一番安心。

転職エージェントであれば一人ひとりに担当者がつき、情報の精査や保護などの役割も果たしているので、安心して転職活動を進めることができます。

 

その他にも転職活動の効率化や年収UPの交渉など利用すべきメリットが豊富なので、転職活動ではエージェントの利用は必須です。

あわせて読みたい
【朗報】転職エージェントの使い方を極めたら2ヶ月で転職成功した話最近、こんなツイートをしました。 転職するなら転職エージェントの利用はマスト😌 仕事でも他社にお願いできるこ...

*

まとめ

 

「本人はバレていないつもりでも、実は意外なところでバレていた」ということは転職活動のあるあるです。

 

これを防ぐためにできることは以下のとおり。

  1. 辞めると公表するまでは、親しい同僚であっても絶対に言わないこと
  2. 今回紹介した「バレる意外な盲点」の対策を徹底すること

バレてしまうと会社に居づらくなるばかりか、嫌がらせや左遷などのリスクもでてくるので、転職活動中は細心の注意を払いましょう。

 

なお、転職エージェントに登録しておけば、バレないためのアドバイスなどもしてくれるので、まだ登録していないならぜひ登録しておいてください。

 

あわせて読みたい
在職中の転職活動の始め方【3つの手順で効率的な方法を解説】 こういった疑問に答えます。 在職中の転職活動の始め方(3つの手順) 転職活動で知っておくべき3つのこと ...
あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...
スポンサーリンク