転職

転職するリスクが怖いときに私が実践したこと【結果、転職成功】

転職して失敗するリスクが怖くて動けない。人間関係が悪い職場かもしれないし、待遇が悪化するかもしれないし…不安を払拭するにはどうしたらいいの?

こんな不安に答えます。

  • 転職するリスクとは
  • 転職するリスクが不安なときに私が実践したこと
  • 失敗しないための転職活動の手順

 

この記事を書く私も転職するリスクばかり考えて5年以上動けなかった一人。

でも、あるきっかけで意を決して転職を決意して転職活動を始めたところ2ヶ月で第一希望含めて4社からオファーをいただきました。そして、その1ヶ月後には転職。

転職してみて実際にどうだったかと言うとこんな感じ↓

 

結果的にはリスクだと心配していたことはほとんど起きず、転職して約1年たつ今でも転職して本当に正解だったと思ってます。

そこでこの記事では転職に対する不安をなくすためにできること、できるだけ失敗のない転職を実現するための手順についてお話しします。

私-SARA-
私-SARA-
私自身も実践して転職成功につながったので、参考にしてみてくださいね。

 

転職にリスクは付き物です。

 

まず知っておいてほしいのは転職にはリスクは付き物だし、転職するときにリスクを考えて怖いと感じない人はいないということ。

不安なのはみんな同じです。

私-SARA-
私-SARA-
私も転職すると決めたときはものすごく怖かったです。

 

どこにも採用してもらえないかもしれない。

転職しても人間関係がうまくいかないかもしれない。

職場の雰囲気が自分には合わないかもしれない。

残業が増えるかもしれない。

間違ってブラック企業に転職してしまうかもしれない。

 

考え出したらきりがありません。転職は実際に転職してみないとわからないことばかりで、わからないことこそが怖さや不安の原因。

それでも転職する人は転職します。

 

私も5年という長い期間悩みはしましたが、最終的に転職した一人。リスクばかり考えていたらこんな結果は得られませんでした。

 

では、転職に踏み切れる人と転職できない人の決定的な違いはなにか、転職するためにはどうすればいいのか、次の章でお伝えします。

転職するリスクが怖いときに私が実践したこと

 

結論から言うと、転職する人と転職できない人の決定的な違いは行動するかしないかだけ。当たり前のことですね。

 

行動せずに転職のリスクを考えれば考えるほど不安は増大します。でも、実は不安を感じるのは余裕がある表れでもあるんですよね。

私が今後のキャリアを考えるうえでよく参考にしている起業家の大東めぐみさん(元研究者でありP&Gの元マーケティング担当)も言っていますが、「不安を感じる=頭の中に余裕がある」からなのだとか。

 

一方で、行動して頭と手を忙しくすれば不安を感じている暇ががなくなります。

実際私もクヨクヨ悩むのを止めて転職活動を始めたことで、忙しくなり不安にかられる時間が減りました。

もちろん転職活動中も一定の怖さや不安はあるのですが、行動し始めると次に行動すべきことが見えてくるので、次から次へと行動せざるをえなくなるんですよね。

 

たしかに転職は人生を大きく変える一大イベントでもあるので怖いです。

でも、ピンチや難しい状況は今までできていたことができなくなることであって、これからできることの可能性が減っているわけではない(←大東さんの言葉)ので、必要以上に不安を感じる必要はなく、そこにあるチャンスに気がつくことも大切です。

 

以下に大東さんのVoicyの音声を載せておくので、こちらもぜひ聴いてみてください。

転職の話ではないけど転職にもつながることだし、聞いているだけで元気が出て転職活動を始めてみようという気持ちになれますよ。

 

なお、転職活動を始めてみると他社と今働いているの会社を客観的に比較できるようになり、逆に今の会社に勤め続けることがリスクだと気がつくかもしれません。

実際、私は転職活動を始めた後から転職しないリスクに気づかされました。

私-SARA-
私-SARA-
というわけで、少しでも転職に興味があったり、転職したい気持ちがあるならまずは転職活動してみるべきです。最終的に転職するかは内定をもらってから決めても遅くないので。転職活動自体にリスクはほとんどありません。

失敗しない転職活動の手順【私も実践済み】

 

とはいえ行動すると言ってもやっぱり転職するリスクへの不安はあるし、具体的には何から始めていいかわからないですよね。

そこで、ここでは5年以上も行動できなかった私が行動できた過程を3つの手順にまとめてみたので、「とりあえずやってみようかな」と気持ちが傾き始めた方は読み進めてみてください。

 

① 自分にあう仕事、やりたい仕事を見つける

転職してやりたい仕事、自分に合う仕事がわからない場合はじっくり自己分析して自分の可能性を知り、モチベーションを上げることから始めてみてください。

やりたいことがわからない場合、自分が知っている仕事や働き方の範囲が限定されている可能性があるので、仕事に対する知識を広げて深める必要があります。

 

やりたいことを見つける方法は以下の記事で詳しく解説しているので、まずはこちらを読んでみてください。

あわせて読みたい
20代後半で何がしたいかわからない人の打開策【転職に効果的】 今回はこんな悩みに答えます。 20代で何がしたいかわからない人の打開策 やりたいことを見つける第一歩は自分を...

今やりたいことが明確だという人も、新しい可能性に気づいたり自分の意外な一面を知るきっかけになるのでおすすめです。

 

② 転職活動を始める

上の①ができたらさっそく転職活動開始です。といっても進め方はシンプルで、まずは以下の3つの流れで進めるだけ。

転職活動の始め方
  1. 方向性を決める
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 応募書類を作成する

 

詳しく書くと長くなってしまうのでこちらの記事からご覧ください。転職活動を始める前に最低限知っておいてほしいことも書いています。

あわせて読みたい
在職中の転職活動の始め方【3つの手順で効率的な方法を解説】 こういった疑問に答えます。 在職中の転職活動の始め方(3つの手順) 転職活動で知っておくべき3つのこと ...

なお、私が実際に利用して本当に役立った転職エージェントはこちらで紹介しています。

 

③ 転職で失敗する確率を減らす

転職活動を本格的に始めたら、基本的には転職エージェントがサポートしてくれるので細かい段取りなどは転職エージェントの担当者と相談しながら進めてOK。

ただし、それだけでは転職のリスク(失敗)をなくすためには不十分なので、並行して次のことを頭に入れておき、全部は無理でもできることは実践してみるのがおすすめです。

 

✓失敗する確率が減る転職のコツ

  • 年収を上げることにこだわる
  • 転職者が多い職場を選ぶ
  • 自分の希望を明確にする
  • 「完璧な職場はない」と心得る
  • 「次の会社で最後」と思わない
  • 転職口コミサイトを有効活用する

私-SARA-
私-SARA-
私自身、このように意識して行動できたからこそ転職がうまくいったのだと思います。

 

各項目の詳細は以下の記事で説明しています。

年収を上げるためにどのように行動したのか、企業に質問しづらい待遇面などは事前にどのように確認したかなども書いているので、読んで見る価値ありだと思います。

あわせて読みたい
転職失敗して辞めたいと思う確率が70%減る転職のコツ【体験談】 こんな不安を解決します。 転職では「失敗を恐れずチャレンジ」は不要 転職で失敗する確率を70%減らす転職方法...

まとめ

 

いかがでしたか?今回お伝えしたかったポイントをまとめます。

  • 転職のリスクが怖いのはみんな同じ
  • 行動した人だけが新しいチャンス(転職)を手に入れられる
  • 不安を払拭するためには適切な手順で転職活動しよう

転職活動するだけなら失うものはほとんどないので、まずは行動してみるといいですよ。

 

なお、これまでの転職で不安を和らげるもう一つの方法として、転職エージェントを複数使うのが効果的でした。理由はこちらの記事からどうぞ↓

あわせて読みたい
転職エージェントを複数使っても大変じゃなかった話【むしろ成功】 この記事ではこんな疑問に答えます。 転職エージェントを複数使っても大変じゃなかった話(理由5つ) 複数の転職...

 

あわせて読みたい
初めての転職が怖い人に必要なこと【失敗リスクを低減する方法】 こんな不安に答えます。 初めての転職が怖い人に必要なこと 転職で失敗するリスクを少なくする方法6つ 転...

 

スポンサーリンク