20代の転職

新卒2年目でメンタルが辛いと感じたらとるべき行動【老害に注意】

新卒2年目になって以前よりも仕事が辛いと感じることが増えてきた。最近は会社に行くのも憂鬱。このまま今の職場で働き続けられる自信がない

こんな悩みに答えます。

  • 新卒2年目で仕事が辛いと感じやすい理由
  • メンタルが辛いと感じただすぐにとるべき行動【体験談あり】
  • 社内の老害からメンタルを守るために

 

この記事を書く私(@SARA18olsb)は新卒で入社してすぐに「この環境ではやっていけないな」と悟って新卒2年目で転職。

「まだ転職するには早すぎるかも…」という不安もありましたが結果的には転職して正解でした。

転職したことで自分の住みたい場所に住むことができ、職場環境が大幅によくなって人間らしい暮らしを実現することができたからです。

 

「我慢は美徳」という言葉のとおり、ときには我慢して耐え抜くことも大切ですが、中には無駄な我慢をしていることもあります。

でも、社会人2年目では今の我慢が意味のあるものなのか、無駄なのかを判断するのが難しいですよね。

そこでこの記事では、会社に行くのが辛いけどこれからどうすればいいかわからない若手社会人に向けて、今すぐとるべき行動をお伝えします。

私-SARA-
私-SARA-
適切な対応策を知らないことや行動しない後悔は人生の損失です。手遅れにならないように、ぜひ読んでみてください。

 

新卒2年目で精神的にツラいと感じる人が多い理由

実は社会人2年目で仕事に悩んだりメンタル的に辛いと感じて、このまま会社に残り続けるか、転職するかを真剣に考え始める人は多いです。

実際、第二新卒の離職率は高くて、同期の中でも退職者が増えてくる時期です。

※平成29年は入社2年目での離職率、30年は1年目の離職率
引用元:学歴別卒業後3年以内離職率の推移(厚生労働省)

私-SARA-
私-SARA-
社会人2年目で会社を辞めることはそれほど珍しくないです。私が2年目で辞めたときも同期が結構辞めていました。

社会人2年目特有の4つの悩み

多くの社会人2年目の社員がメンタル的にキツくなってくることにはいくつか理由があります。

新卒1年目は研修が多かったりなんでも先輩が教えてくれるのが当たり前で、学生とあまり変わらない気分のまま働いている人も多いです。

でも、2年目からはそれまでと違う立場になって、さらに高いプレッシャーにさらされることから、以下のような理由でメンタル的にツラくなってきます。

  1. 任される仕事の量と質が上がる
  2. 初めて後輩ができて焦る
  3. 動機との差が顕著に開き始める
  4. 周りがよく見えるようになってくる

上から3つ目までの悩みやストレスはこれから会社で成長していくうえでは避けられない悩みです。

でも、必死だった1年目よりも状況が理解できるようになってくる2年目は、周囲の状況に目が届くようになり、会社の嫌なところを自覚し始める時期でもあります。

たとえば、毎日怒号が飛び交う環境は普通じゃない、目標にしたい先輩社員がいない、など。

こうして自分には合わない環境だと自覚し始めると将来への期待が持てずそこで働くことがツラくなってきます。

社会人2年目でメンタルが弱っていると感じたらとるべき行動

自分の実力不足なとで感じる精神的な辛さであれば、ここで頑張ることで大きな成長が期待できます。

でも、頑張りすぎは禁物です。

一度体調やメンタルを病んでしまうと完全に回復するまでにとてつもなく時間がかかる場合もあります。

自分を追い詰める前に適度な息抜きやリフレッシュも取り入れましょう。

メンタルを回復させるための効果的な方法

私も新卒2年目で仕事が本当につらくなったとき、ちょうど夏季休暇をとれたので遠く離れた実家に帰省して家族で温泉に行きました。

豊かな自然に触れて心が癒されていくのを実感したことは今でもよく覚えています。

私-SARA-
私-SARA-
そのとき初めて相当メンタル的に弱っていたことを自覚しましたね。自然の癒しのパワーは絶大なのでおすすめです。

また、社会人の心得として自分でストレスを発散できる方法をいくつか知っておくのもおすすめです。

社会人になったばかりのうちはストレスとの上手な付き合い方を知らない人も多いです。

超ストレス解消法 [ 鈴木 祐 ]」は100個のストレス解消法が紹介されていて、メンタリストのDaiGoさんも絶賛している本なので、参考にしてみるといいですよ。

老害を鵜呑みにしないことも大事

社内には「自分たちのときにはこれくらい当たり前だった」「以前ははもっと大変だった」と言ってくる人もいるが、こうした声は老害として聞き流すくらいでOKです。

老害とは以下のようなことです。

 

組織や一般社会の中で年齢や経験を盾に幅を利かせる年配者を指し、特に若い人の間で使われる言葉です。会社では、敬遠されている年配者を揶揄する意味でよく用いられます。

引用元:「老害」とはどんな人のことを指す?

自分たちが辛い経験をしたのだから若手も同じ経験をして当然だという考え方をする人もなぜかいるのですが、はっきり言ってこれは間違っています。

昔のやり方が正しいとは限らないし、物事は常に改善していくべきで、何年も若手が同じツラい経験をしているということはその会社は何も成長していないのと同じこと。

このため、会社の古い体質や老害は気にしなくていいのです。

メンタルがツラいと感じたら転職も視野に入れよう

会社という場所は健康やメンタルを害してまで働く場所ではありません。

一番大切なのはあなたの人生そのものであり、それを豊かにするためにはあなたの心身の健康を優先するべき。

このため、働く場所を選ぶ自由はどんなときもあなた自身が持っています。

会社や上司がなんと言おうとあなたを拘束する権限はありません。「石の上にも三年」こそ老害的な考え方。

会社がツラい、辞めたい、もう無理と思うなら転職を視野に入れて動き始めるべきサインです。

社会人2年目でも転職できる?

私が第二新卒だったのは10年近く前になりますご、そのときすでに社会人2年目で転職を決断する人は多かったです。

「社会人2年目だとまともな仕事に転職できないのでは?」という心配もよくわかりますが、社会人2年目でもチャンスは十分にあります。

私自身も未経験の憧れの仕事に転職できたのですが、当時の詳しい経緯は以下の記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
転職でどこにも受からない人の意外な3つの理由【2ヶ月で挽回可能】 こんな悩みに答えます。 転職活動での失敗【転落の始まり】 転職でどこにも受からない人の意外な2つの理由 ...

 

自分に適した会社を見つけ、納得いく転職を実現するには転職エージェントの存在は欠かせません。

私も同様に転職エージェントにお世話になったのですが、転職活動初期はエージェントから全く相手にされず苦労しました。

でも、第二新卒の転職サポートが得意なネオキャリアと組んだところ、トントン拍子で選考が進み希望の会社から納得いく条件で内定を獲得することができました。

また、マイナビジョブ20’sリクルートエージェントは第二新卒の求人案件が豊富で面接支援なども充実していたので、かなりありがたかったです。

 

■第二新卒・20代向けの転職に強い転職エージェントはこちら↓

転職エージェント名 特徴・強み
ネオキャリア 私が第二新卒のときに希望の転職の実現をサポートしてくれたエージェント。規模は大きくないですが、第二新卒の特性を熟知した的確なアドバイスとコンサルタントの熱心さは秀逸。第二新卒なら利用してみる価値ありです。
マイナビジョブ20’s 転職業界大手のマイナビが第二新卒・20代向けに展開する転職支援サービス。大手だけに求人数が多く信頼感もあります。第二新卒・20代向けのサポート体制が充実しているので、きめ細やかなサービスを受けたい人には向いています。
リクルートエージェント 業界最大手であるだけに求人数が豊富で登録すれば必ず気になる求人が見つかります。企業からの信頼感も厚く、リクルートだけに求人を出している企業も多いので、登録必須といっても過言ではないエージェントです。

 

このような社会人2年目向けの転職を強みとするエージェントは以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にどうぞ。

あわせて読みたい
第二新卒で本当に役立った転職エージェント厳選5社【これで安心】 こんな疑問に答えます。 第二新卒が転職エージェントを使うべき理由 第二新卒で本当に役立った転職エージェント厳...

 

中長期的にのキャリアプランをしっかり考えていきたい人には転職相談サービスもおすすめです。

あわせて読みたい
転職相談サービスが今後のキャリア形成に必須な理由【厳選3社】 こんな疑問に答えます。 転職相談サービスと転職エージェントの違いとは 転職相談サービスが今後のキャリア形成に...

 

スポンサーリンク