転職

未経験への転職なのに年収が上がりすぎた理由を公開します【必見】

転職で年収が下がるくらいなら転職しないほうがまし。とはいえ自分のキャリアややりがいを考えるとできるだけ早く転職したい。確実に年収を上げる方法はないの?

こんな疑問に答えます。

  • 凡人が転職で年収を上げるための鉄則
  • 未経験転職した私の年収が100万円も上がった理由
  • 転職で年収を上げるために今すぐできること

 

この記事を書く私はこれまでに2度の転職経験がありますが、直近の転職では未経験業界・職種への転職にもかかわらず年収が100万円ほど上がりました。

私に大きな成果や特別なスキルがあったというわけではないのですが、お世話になった転職エージェントの担当者が教えてくれたとおりに愚直に行動したら年収UPを実現。

 

その教えてもらったことというのがこちら↓

 

そこでこの記事では、私が転職活動で教えてもらったことをもとに、転職活動でどのように行動すれば自分への需要を高めることができて、結果的に年収UPできるのかについて、具体的な手順をまとめてみました。

これから転職活動を始める人、今転職活動中の人には一読する価値のある記事になったかなと思います。

私-SARA-
私-SARA-
過去の記事では「転職で年収70万円UP」と言ってきましたが、一年働いてみたら残業代やボーナスで変動して結果的に100万円UPしてました。

 

転職で年収を上げるための鉄則

 

転職で年収を上げるためには転職市場での自分の価値を高めることが必要。

すでに今の年収が高くて特別なスキルや実績があり、他社からも引く手あまただということであれば、すでに転職市場での価値が高い状態なので転職で年収を上げることは難しくないです。

 

でも、私のように自慢できる成果がない普通のOL・サラリーマンなら、客観的な指標となる市場での需要を高める行動が不可欠となります。

私-SARA-
私-SARA-
そしてこれを年収が高い人が実行すればさらに年収を伸ばすこともできます。

 

そして、実はありがたいことに転職市場での需要は自分でコントロールすることができます。

 

転職市場での需要を高める方法

転職市場で需要を高めるというのは、要するに多くの企業から「あなたを採用したい」と言ってもらうこと。

とはいえ、一社から内定をもらうだけでも大変なのに、複数社から内定をもらうのは難易度が高いのでは、と不安になる気持ちはわかります。

解決策は簡単で、転職活動を始めたたくさん応募すればいいんです。

 

転職活動の第1段階となる書類選考の通過率は平均で3割程度と言われているので、たくさん応募すればその分落ちる企業数も増えます。

最初はメンタル的にツラいと感じるかもしれませんが、転職活動で大事なのは書類選考で何社から落とされたかということではなく「何社の書類選考を通ったか」です。

つまり、先程の書類選考の通過率で考えると、10社応募すれば3社の書類選考を通過できますが、20社受ければ6社通過できます。

 

そして転職活動中の面接では「今並行して受けている企業は何社ありますか?」という質問が来たらこっちのもので、あなたは「現在は6社選考中です」と答えることができます。

逆に「何社応募しましたか?」なんてことを聞かれることはなく、企業が知りたいことは「現在何社の企業がこの人に興味を持っているのか」「ライバルは何社いるのか」ということ。

そして多くの会社ではこの回答内容をあなたの市場価値の判断材料とするわけです。

私-SARA-
私-SARA-
私の話をすると、私は40社応募して20社の書類選考を通過。そのうち12社の選考を辞退して、8社と面接を行いました。

 

なお、転職活動で始めからたくさん応募すると次のようなメリットもあります。

✓選考中の企業を増やすメリット

  • 書類選考の通過件数を増やすことができる
  • 面接の機会が増えるので場数を踏むことができる
  • 気持ちに余裕ができるので面接に自信を持って臨める など

 

未経験への転職なのに年収が上がりすぎた理由

 

転職で年収を上げるための基本的な考え方はわかったけど、未経験の職種への転職で100万も年収をあげるのって不可能にも思えるのだけど…

 

私が未経験職種への転職でも年収を大幅に上げられた理由は、未経験職種だけでなくこれまでの経験職種の求人の面接も同時に進めていたからです。

書類選考後は8社との面接を進めていましたが、そのうちの大半が経験職種での選考でした。

 

そして、経験職種では4社から内定をもらうことができ、そのうち最も年収が高かったオファーは前職よりも150万円UP。

その後、第一希望である未経験の仕事で内定をもらえたのですが、そのときに上記の金額で他社からオファーを受けていることを伝えたことで、結果的に未経験職種でも年収100万円UPを実現できたということです。

私-SARA-
私-SARA-
希望の企業から年収UPで内定をもらうためには、内定をもらう順番(最終面接の順番)の調整も重要なファクターですね。

 

未経験職種で年収を上げるための具体的な手順はこちらの記事にもまとめているので、もっと詳しく知りたい方はどうぞ↓

あわせて読みたい
転職で年収を上げるための交渉術【未経験でも年収70万円UP】 こんな疑問に答えます。 転職で年収を上げるための大原則 未経験職種への転職で年収を上げる交渉術 転職先...

 

転職で年収を上げるために具体的にやるべきこと

 

転職で年収を上げるための仕組みがわかったところで、具体的にあなたがこれからやるべきことをお伝えします。

効率よく興味のある会社にできるだけ多く応募するための最初の手順は以下のとおりです。

 

① 転職エージェントを複数利用すること

転職エージェントを1社しか使わないというのは賢い方法ではありません。

複数社利用することでより多くの求人情報を効率的に得ることができるし、自分に適したコンサルタントに出会う確率を高めてくれます。

さらに、転職エージェント間の競争意識を高めることができ、あなたの転職市場での優位性を高めることにも効果的です。

 

私自身の経験も踏まえた転職エージェントを複数利用することのメリットと、複数社を同時進行する効率的な方法は以下の記事からどうぞ。

あわせて読みたい
転職エージェントを複数使っても大変じゃなかった話【むしろ成功】 この記事ではこんな疑問に答えます。 転職エージェントを複数使っても大変じゃなかった話(理由5つ) 複数の転職...

 

② 高年収の求人を扱う転職エージェントを利用する

国内には転職エージェントが1万社以上あると言われていますが、転職で高年収を狙うならまずは大手に登録しておけばOK

というのも、大手は企業からの信頼感が厚く、多くの高年収求人や非公開優良求人が集まりやすいからです。

 

国内でもトップクラスの転職エージェントはリクルートエージェントdodaエージェントサービスJACリクルートメントなので、このうち3社は面倒でも2社には登録しておくと安心です。

とくにJACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントなので、気になる求人が見つかりやすいかもしれません。

 

これまでの私の転職活動で実際に利用して役に立ったと感じた転職エージェントは以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選6社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

 

まとめ

 

転職活動は自分をできるだけ高く売り込むための営業です。

なので、転職活動をただ何となく進めるのではなく、営業の仕事と同じように戦略をもって進め、ときにはパフォーマンスや柔軟な対応も必要となります。

 

今回の記事で紹介した年収UPの方法は効果は高いですが、1つのステップに過ぎません。(当然のことですが、たくさん応募するだけでは転職で年収を上げることはできないということです。)

つまり、これと併用して年収を高めるために知るべき順序があるので、それらを体系的に解説した記事(以下)も読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
転職で年収を上げる誰でも使えるテクニック【注意点あり】 転職しようとすると誰もがこういった悩みに直面しますが、今回はこんな疑問にお答えします。 転職で年収を上げる...

 

スポンサーリンク