会社を辞めたい

仕事辞めたいけどお金がないから生活できない…次がないOLの選択肢

会社がツラいから今すぐにでも辞めたい。働きながら転職活動なんてムリだし、かと言ってお金がないのに転職活動のために辞めることもできない。少ない給料なのにお金がたまるまで今の会社で働き続けるしかないの?

こんな悩みの解決策を提案します。

 

つまり解決策は「仕事を辞めたいけどお金がないなら転職すればいい」です。

「当たり前のことを」と思うかもしれませんが、会社を辞めたいのに辞めれない人は転職を重くとらえすぎかなと。

  • 仕事を辞めたいけどお金がないなら転職すればいい
  • 辞めれない人に欠けているもの
  • 辞めたいなら選択肢は転職だけじゃない
  • 転職すれば年収は上がる

 

この記事を書いている私はアラサーで転職経験2回。

初めての転職(ブラック企業からの脱出)は、本当にお金に困っている状況の中で引越しを伴う転職でしたが、結果なんとかなりました。

そして2回目の転職は、急に決断したけど年収アップ&リモートワークOKの環境になり、転職するたびに働きやすい環境に。しかも、前職より年収100万円増で。

今回は、仕事を辞めたいけどお金がないから生活できない場合の対処法についてお話します。

無料でキャリア相談してみる

 

仕事を辞めたいけどお金がないなら転職すればいい

仕事を辞めたいけどお金がないから辞めれないと思っている人は多い様子。

 

ですが、なぜ「お金がない」から「転職できない」のでしょうか。

たしかに転職のために転職活動を始めると交通費などお金がかかります。スーツがない人はスーツも購入しなければなりません。

でも、転職活動するために今の会社を辞める必要はないです。たとえば3月31日に退職して翌日の4月1日に次の会社に入社すれば、給料は継続してもらえますよ。

 

逆に会社を辞めてから転職活動するとこうなります。

こうなるとお金にも気持ちにも余裕がなくなり、転職活動はうまくいかなくなります。

ですから、仕事を辞めたいけどお金がないのであれば、辞める前に転職活動を始めて転職先が決まってから退職すればいいんです。

私-SARA-
私-SARA-
2回目の転職では結果的に2ヶ月間転職活動したけど、1社目の内定が出たのは転職活動開始から1ヶ月たったとき。つまり、早ければ1ヶ月で転職活動を終了することも可能です。

 

転職活動のスケジュールや効率よく進める方法はこちらの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
初めての転職マニュアル【20代で一度はチャレンジすべし】 こんな疑問に答えます。 初めての転職を20代で経験すべき理由 転職活動の具体的な手順 初めての転職活動...

辞めれない人に欠けているのは覚悟と行動力

転職先が決まっていればお金の心配をせずに会社を辞めることができます。(次の会社で給料が激減する場合は別ですが。)

お金がないから「会社を辞めれない」=「転職できない」と思っている人は、会社を辞めてから転職活動しようと考えているから会社を辞めれないんです。

本気で辞める覚悟があれば行動できる

辞めれない人に欠けているのは「覚悟」と「行動力」。この2つがあれば働きながらでも転職活動できます。

「転職活動が会社の人にバレるかもしれない」と心配する人も多いですが、ある程度注意していればバレません。

どうしても不安な場合は以下の記事も読んでみてください。具体的な対策を詳しく書いています。

あわせて読みたい
転職活動が会社にバレる意外な盲点【知っていれば対策できます】 転職活動するときに誰もが抱える不安。 今回はこれらの疑問にお答えします。 転職活動がバレたときに発生するリス...

 

仕事が忙しすぎて転職活動してる暇なんてないという人も仮病を使って休んだり遅刻・早退してでも転職活動するべきです。本当に辞めたければ周りにどう思われるかなど気にする必要はありません。

私-SARA-
私-SARA-
覚悟を決めて行動すれば、実は転職は難しくないのです。

 

覚悟すれば「辞めること」が最優先になる

とはいえ、私も2社目のときは辞めたいと思いながら5年以上同じ会社で働いていました。

転職してから振り返ってみると、働きながら転職活動するのは決して楽ではなかったけど、十分に可能でした。

ただし、何度もお伝えしているように「覚悟」しなければ「行動」できません。

 

私の場合、「辞めたいから会社の人にどう思われようが気にしない」と覚悟したことで自分の中の最優先事項が「会社を辞めること」になりました。

そして、辞めるためにどうすればいいかを考えて「次の会社をできる限り早く見つけて、それができたら即辞めよう」と決断。

転職活動のために当日の朝会社に電話して「熱が出た」と休んだり、「通院します」と連絡して遅めの時間に出勤するなどして面接に行っていました。

周りの目が厳しい中で、覚悟がなければできなかった行動でした。

 

これにより、その日には転職エージェントに登録→1週間後に転職エージェントと面談→その3週間後に1社から内定を獲得することができました。

そして、転職活動を始めてから2ヶ月後には第一希望の会社から内定をもらい、その約1ヶ月後には次の会社に入社しました。

 

辞めたい会社に自分の時間を使うのは人生のムダ

一番大切なのは「自分がどうしたいか」です。

辞めたい会社のために自分の時間を使っている間にも残りの人生の時間はどんどん少なくなっています。

仕事を辞めてしばらくの間生活ができないほどお金がないなら、働きながら転職活動してできるだけ早く転職先を見つけるしかありません。

私-SARA-
私-SARA-
私はアラサーという年齢で、会社の仕事を通じてもっとスキルを高めたいこと、一方で出産や育児なども考えて、もうゆっくりしている時間はないと気づき覚悟が決まりました。

 

どうしても会社を辞める覚悟ができないなら、「辞めて何がしたいのか」「いつまでに実現したいのか」ということを考えてみてください。

そうすればやりたいことを実現するには意外と時間が少ないことに気がつくはずです。

 

残念ながら、転職市場では若い方が有利な場合が多いです。若い方がより多くのチャンスがあります。でも、お金はいつでも稼げます。

なので以下の三拍子がそろったら、覚悟をきめて行動しましょう。

  • 会社を心底辞めたいと思っている
  • だけどお金がない
  • 今すぐ会社員自体をやめるつもりはない
あわせて読みたい
在職中の転職活動の効率的なやり方【短期間で成功するコツを解説】 こんな悩みにお答えします。 私も転職する前は同じく悩みましたが、働きながらスピーディーに転職活動を進める方法を見つ...

 

《補足》追い詰められている場合、話は別。

ただし、ブラック企業やブラック上司に深刻な状態まで追い詰められているならすぐにでも辞めましょう。心身の健康を病んでしまうとその後の回復に時間がかかります。

時代の流れで今は働きやすい環境の会社もたくさんあるので、あまりにもツラい場合はさっさと辞めて、それから転職活動しても遅くはないです。

精神的な疾患として症状が現れている場合には休職するという手段もあります。場合によっては休業補償を受けられる場合もあります。詳しくは「休業補償とは? 給付要件・期間・手順から注意点までを徹底解説!」からご覧ください。

退職してからお金の心配なく転職先を探す方法

どうしても退職してからでないと転職活動できない場合は勢いで辞めるのではなく、先々の計画を立てて辞めることが重要です。

具体的には以下のことを知っておくと安心。

  1. 退職時や失業期間中に受け取れるお金の種類や金額
  2. 失業期間中の税金負担を軽くする方法
  3. 退職後に転職活動と両立しながらできる仕事

 

とくに③については、次のような条件を満たしている仕事だと転職活動に支障なくお金を稼ぐことができます。

離職中にできる仕事の条件
  • 短期間で働ける
  • 在宅勤務できる/毎日働かなくていい
  • 体力的にキツすぎない
  • 怪しくない(安心して働ける)
  • しっかり稼げる

上記①〜③については詳しく解説した記事を用意しているので、興味があれば以下から読んでみてください。副業としても選べる仕事を紹介しているので一見の価値ありです。

あわせて読みたい
転職するまでバイトでつなぎは可能?離職中もお金に困らない方法7選 こんな悩みに答えます。 退職後にお金に困らないために知っておくべきこと 転職するまでのつなぎのバイト・仕事お...

 

転職で年収が上がる人も多い

お金がなくて転職に躊躇している人に知っておいてほしいことがもう一つあります。実は転職することで年収が上る人も多いんです。

大手転職エージェントのdodaの調査(以下)によると、転職で年収アップに成功した人の平均年齢は31歳。(私も2度目の転職はこのくらいの年齢。)

年収の平均増加額は57万円です。

また、全年齢に占める転職で年収が上がった人の割合を見ると、第2新卒と言われる20代前半で年収が上がった人は1割ほどですが、20代後半になると年収が上がった人は大幅に増えています。

引用元:doda

 

こうした調査結果からもわかるとおり、転職することで金欠状態から脱却できる可能性もあるんです。

私-SARA-
私-SARA-
実際に私も直近の転職では年収が100万円ほど上がりました。

 

転職で年収UPするための詳しい解説は「転職で年収を上げるためにできること【私も100万円UP】」よりご覧ください。

まとめ

今回のポイントをまとめると、会社を辞めたいけどお金がないなら、働きながら転職活動を始めましょう。

覚悟があれば行動できます。

 

会社員自体に嫌気が指して会社員自体を辞めたい場合にも、まずは時間の融通がきく会社に転職して、将来の独立のために副業を始めるのがおすすめです。

よって、これから取るべき行動は以下のとおりです。

一番残念なのは、何も行動せず今と同じ日常を繰り返すこと。無理は禁物ですが、一つずつできることをクリアしてみてくださいね。

 

どうしても不安で動けない人でも転職エージェントは無料で利用できるのでまずは面談してみるといいですよ。

転職エージェントは今後あなたがやるべきことを順序立てて教えてくれて、二人三脚で転職活動を進めてくれる心強いサポーターとなってくれます。

具体的には、私自身も利用して希望の転職につながった/満足度の高かった転職エージェントを以下で紹介しているので参考にしてみてくださいね。

マイナビジョブ20’s

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒向けの転職エージェントで、未経験OKの求人ラインナップが豊富な点が特徴。

転職初心者向けに訓練されたキャリアアドバイザーが対応してくれるため、サポート体制が手厚いという口コミも多く、実際に提案される求人も違和感なく希望に沿った案件が多いです。

また、他社と比較してWeb適性検査のクオリティが高いことで有名で、自分の長所や特徴を客観的に知って転職活動にいかせるだけでなく、現職が自分に適しているかの判断にも役立ちます。

転職の方向性やタイミングに迷っているなら、まずはマイナビジョブ20’sのWeb適性検査を試してみるのもいいかもしれません。

無料登録はこちら(公式サイト)

 

ネオキャリア

【公式サイト】http://agent-neo.com/

 

ネオキャリアは第二新卒に特化した転職エージェント。大手エージェントと比較すると規模は大きくないものの、第二新卒を未経験の業界・職種に転職させるスキルに長けていると評判の高いエージェントです。

私が第二新卒で転職した会社のサポートをしてくれたのもネオキャリアでした。社会人経験すら2年足らずの私が憧れの人気職種に転職できたのは、ネオキャリアの営業力の影響が大きかったと思っています。

第二新卒で未経験職種にチャレンジしたい人にはおすすめの転職エージェントです。

無料登録はこちら(公式サイト)

 

dodaエージェント

【公式サイト】https://doda.jp/

 

リクルートエージェントに次ぐ規模のdodaエージェントは、業界でも豊富な転職者情報のデータベースを持っているのが特徴で、dodaエージェントに登録しておけばこのデータベースを利用する他社エージェントからアプローチしてもらえます。

dodaを利用する他社の中には第二新卒に強いエージェントも多数含まれるので、自分が登録した職歴や希望条件から他社エージェントに自分を見つけてもらうことで、自分に適した求人にたどり着きやすくなります。

実際、私もdoda経由でスカウトしてくれたエージェントの紹介で内定をもらっています。(同時にdodaエージェントの紹介でも2社内定をもらっていて、今はそのうちの1社で働いています。)

また、dodaエージェントは応募書類の添削や面接対策のバックアップのサポートスキルが高いので、これだけでも利用価値はあります。

無料登録はこちら(公式サイト)

 

 

■20代の転職に強い転職エージェントまとめはこちら↓

あわせて読みたい
本当に使える転職エージェント10選|20代におすすめ【全業界・業界別】今や転職活動には必須となった転職エージェント。 とはいっても転職が初めての人や前回の転職がうまくいかなかった人にとっては、転職エー...

 

■30代の転職で本当に役立つ転職エージェントはこちら↓

転職エージェント名 特徴・強み
dodaエージェント 業界ナンバー2。非公開の求人数が豊富で質が高いだけでなく、優秀なキャリアアドバイザーが多い転職エージェント。応募書類の添削や面接対策は転職者からも好評。
リクルートエージェント 扱う求人数転職決定数が圧倒的ナンバー1。あらゆる求人を幅広く掲載しているのが特徴で、他社にはない非公開求人を多数抱えている。
ビズリーチ 年収600万円以上を狙うなら登録必須の転職サイト。専任のコンサルタントがつくのではなく、ヘッドハンティング制。ビズリーチ経由でのみ応募できる非公開求人も多い。

30代におすすめの転職エージェントについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【転職2回でわかった】おすすめの転職エージェント・サイト厳選9社私はこれまでに2回転職しましたが、その過程で多くの転職エージェントや転職サイトを利用してきました。 実際に役立ったのはその中でも一...

 

スポンサーリンク