転職活動の始め方

転職市場で30代女性スキルなしの立ち位置とは【あきらめるのは早い】

このまま今の職場で働き続けることがイメージできない。とはいえ年収を下げてまで転職したくはない。とくにスキルもない30代女性の転職はどれくらい難易度が高いの?

こんな悩みに答えます。

  • 女性が30代で転職する難易度
  • 30代女性でも未経験の仕事にチャレンジできるか
  • 30代女性がスキルなしでも転職を成功させる方法

 

この記事を書く私は30代で未経験の仕事へ転職しました。

20代でも一度転職経験がありましたが、やはり20代のときに比べると30代の転職の難易度は高いと感じました。

それでも30代未経験の転職で、中堅企業から誰もが知る大手企業に転職できたし、年収も100万円ほど上がりました。

つまり、30代の女性でも転職できるし、未経験の仕事でも転職は十分に可能ということです。

 

そこでこの記事では、スキルがない30代女性の私が未経験でもなぜ満足いく転職ができたのか、転職後はどれくらい苦労したのか、などについて語ります。

私-SARA-
私-SARA-
「スキルがないから」「30代だから」と転職をあきらめる前に読んでみてください。

今すぐ転職活動を始める

 

女性が30代で転職する難易度

20代のときと比べると30代の転職の難易度は確実に上がります。女性であればとくにそれが顕著になります。

理由は以下のとおりです。

30代は即戦力転職が基本

20代と30代の転職の圧倒的な違いは、20代では未経験の転職も歓迎されるけど、30代は即戦力を求められることです。

このため、20代の間に何らかのスキル、得意領域、実績、資格、経験を作っておかないと転職では苦労することになります。

とはいっても30代であればそれなりに社会人経験を積んできていますし、今と同規模の会社に経験職種で転職するのであれば、難易度はそれほど高くはありません。

 

なお、難易度が高くないといっても内定率は数%程度が一般的な水準。なので、経験職種だからといって2社受ければ1社受かる、というものではありません。

一般的な内定率や内定率を高める方法については「転職エージェント経由と直接応募の内定率の違い」の記事をご御覧ください。

30代女性はライフイベントの真っ只中

すでにわかっていることではありますが、多くの女性が30代で結婚、妊娠、出産、育児などを経験します。

企業からみるとこの間の女性はフルタイムで働けない可能性のある人材であり、これらのライフイベントがきっかけでせっかく採用しても辞めるかもしれない人材です。

こうして企業の立場から考えると、ライバルに同年代の男性や20代がいる場合には「30代×女性」が不利になってしまうのは避けようのないことはわかりますよね。

転職市場における男女格差、年齢差別については「日本の『女性活躍』は進んだ? データが示す無視できない男女格差」をどうぞ。

30代女性でも未経験の仕事にチャレンジできるか

このようにスキルのない30代女性が転職市場に出た場合、多くは厳しい現実に直面します。

とはいえ、私も未経験の仕事に無事に転職できたし、周りの友人達もなんだかんだで転職を成功させたことを考えると、30代女性でも未経験の転職を実現することは全く不可能ではないということです。

 

そもそも日本は謙遜の文化が根づいているので「スキルがない」と言っていても、30代まで社会人を経験した人であれば何らかのスキルが身についているはずです。

残念ながら本人がそれに気がついていない場合が多いのですが、いかに自分のこれまでのキャリアを言語化できるか、そしてこれまでの経験を転職先でどのように活かすことができるのかを説明できれば、転職への道は一気に開けます。

私-SARA-
私-SARA-
もちろん「本当に私は何も頑張ったことがない」という場合は転職は厳しいです。あまりそんな人はいないと思いますが。

 

ただし、自分のスキルに気が付き言語化できても、社会人としてのマナーが身についていなかったり、転職活動でやってはいけないミスを犯している場合は話は別。

これでは、どんなに頑張っても希望の会社から内定をもらうことはできません。

あわせて読みたい
転職でどこにも受からない人の意外な3つの理由【2ヶ月で挽回可能】 こんな悩みに答えます。 転職活動での失敗【転落の始まり】 転職でどこにも受からない人の意外な2つの理由 ...

30代で転職したときに苦労したこと

冒頭でお伝えしたとおり、この記事を書く私も30代で転職できた訳ですが、正直言って「30代女性の転職する前も転職した後も本当には厳しいな」と痛感しました。

というのも、私の希望は未経験職種への転職だったのですが、転職エージェントからは経験職種ばかりをすすめられるし、実際紹介された求人の多くは経験職種で、「未経験の職種に転職できても、年収が下がることは覚悟してくださいね」と言ってくる転職エージェントすらいました。

もちろん応募するのは自由なので自分が興味がある職種にも応募しましたが、書類選考でことごとく落とされました。

 

それでも最終的には第一希望の会社に希望の未経験職種で、それも年収UPで転職できました。その理由は次の章で解説しますが、当時の話は以下の記事にも詳しく書いているので興味があれば読んでみてください。

あわせて読みたい
未経験への転職なのに年収が上がりすぎた理由を公開します【必見】 こんな疑問に答えます。 凡人が転職で年収を上げるための鉄則 未経験転職した私の年収が100万円も上がった理由...

 

こうして晴れて未経験の仕事に転職できたのですが、困難はさらに続きました。

30代で初めての仕事に転職するわけですから、転職後は右も左もわからず、自信を失うばかりの日々が続きました。当時は本当にめちゃめちゃ苦労しました。

でも、素直な姿勢を徹底して真摯に取り組めば、しっかり成長できるし会社の戦力となれると実感することができたのも事実です。

未経験の仕事に転職直後の当時、時間的にも精神的にも余裕がない状況でも着実に成長するために実践したことについて、以下の記事に書いています。

あわせて読みたい
未経験の仕事に慣れるまでの期間とツラい期間の乗り越え方 こんな悩みに答えます。 未経験の仕事に慣れるまでの期間 未経験の仕事に転職後のツラい期間の乗り越え方 ...

30代女性がスキルなしでも転職を成功させる方法

こうして30代でも無事に希望の会社に転職できたのですが、実際は転職活動を始めてから2ヶ月という短期間で4社から前職を上回る年収で内定をもらうことができました。

働きながらの転職活動だったこともあって転職活動中は余裕がなく必死でしたが、それでもこの結果が出せたのは色々な要因があると思いますが、とくに以下の行動のおかげだと思います。

✓30代女性スキルなしの私が転職で成功した方法

  1. とにかく多くの企業に出会う
  2. 軸ずらし転職でチャンスを掴む

詳しく解説します。

① とにかく多くの企業に出会う

転職活動していると、応募した企業の少なくても転職できたことを自慢してくる人がいますが、応募社数の多い・少ないにはなんの意味もありません。

大事なのは、自分にとって納得がいく転職できるかということです。

私-SARA-
私-SARA-
何十社もの企業に応募することは恥ずかしいことではないので、これから転職活動するあなたにはためらわないでほしいなと思います。

 

私自身、30代で転職すると決めたときに「30代女の自分は転職では不利な立場にいる」と自覚していたので、何社もの転職エージェントに会って話を聞いたし、何十社もの求人に応募しました。

すると、チームのメンバー構成のバランスや、退職した人の補充採用で同じスペックの人を採用したいという理由から「経験がなくても30代くらいの女性を採用したい」と思っている企業もあることがわかりました。

もし私が変なプライドを持っていてたくさんの会社に応募せずにいたら、こうしためぐり合わせはなかったと思います。

私-SARA-
私-SARA-
要するに、転職は「ご縁」です。

 

このようなチャンスを逃さないためにも、30代で難易度の高い転職を実現するためにはできるだけ多くの企業に応募するべきです。(実際応募して面接に行ってみないと、掘り出し物の求人にも出会うことができません。)

「じゃあ何社くらい受ければいいの?」と疑問に思った方は以下の記事も読んでみてください。

あわせて読みたい
転職活動は同時進行で何社受けると内定もらえる?【有利に進める方法】 こんな疑問に答えます。 転職活動は同時進行で何社受けると内定もらえる? 私が何社も同時進行した理由とその結果...

② 軸ずらし転職でチャンスを掴む

全く携わったことのない仕事への転職は難しいのですが、軸ずらし転職であれば、スキルに自信がない30代女性にもチャンスはあります。

たとえば、同じ職種だけど未経験の業界への転職、未経験だけど現職の仕事でよく関わりのあった職種など、何らかの形でこれまでの仕事と関連のあった仕事を選ぶことができれば、30代女性でも転職がうまくいきやすいし、年収を上げることも可能です。

具体的には以下のようなイメージです。

 

  • 1社目:営業職として小売業界でキャリアをスタート
  • 1社目→2社目:営業職のまま、年収の良いメーカーに転職
  • 2社目:社内異動でマーケティング職になって実績を積む
  • 2社目3社目:マーケティング職のまま、年収の良いIT企業へ転職
  • 3社目4社目:その後、IT業界の企画職に転職

参照先:リベラルアーツ大学

私-SARA-
私-SARA-
自分の仕事に置き換えたときに「軸ずらし転職」のイメージが沸かなくても大丈夫。こんなときこそ転職エージェントに相談して、アイディアを練っていきましょう。

30代はまだ若いの自信を持とう

いかがでしたか?ここまで、30代でスキルのない女性の転職がいかに厳しいかについて語ってきました。

でも、実際は30代であれば何らかのスキルが身についているし(自分がきがついていないだけ)、それを言語化してできるだけ多くの企業で出会う機会を持てば、転職はほぼ確実にできます。

(「ほぼ確実」というのは、性格に難があったり何らかの問題がある場合は、転職に相当苦労するという意味。)

 

そして、もう一つ伝えておきたいのが、30代はまだまだ若いということ。会社には40代、50代、60代でも活躍する人がたくさんいます。

それに比べたら30代にはたくさんのチャンスが待っています。

さらに、今は人材不足に悩む企業ばかりです。そんな状況の中で転職できないわけがありません。

私-SARA-
私-SARA-
悩んでばかりいても転職活動を始めなければ転職はできないので、まずは実際に転職活動を始めて確かめてみてくださいね。

 

30代女性に自信を持っておすすめできる転職エージェント↓

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントは、扱う求人数転職決定数が圧倒的ナンバー1なので登録しておいて間違いないです。

リクルートエージェントはあらゆる求人を幅広く掲載しているのが特徴。他にはない非公開求人を多数抱えているので、希望の求人が見つかります。

また、業界ナンバー1だけに、優秀なキャリアアドバイザーが多いことには定評があるので、面談して見るだけでも様々なアドバイスを得られます。

なお、キャリアアドバイザーなど人に相談するのが苦手な場合は、「リクナビNEXT」(転職サイト)だけでもキープして、豊富な求人数(情報量)だけでも確保しておくのがおすすめ。

登録はこちら(公式サイト)

 

パソナ

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは大手企業やホワイト企業の求人情報を多く持っている転職エージェント。

特徴としては女性へのサポートが手厚いことでも有名で、女性に寄り添った的確なアドバイスやサービス提供ができることで定評があります。

また、転職初心者向けの支援体制も整っていて20代〜30代の結婚や出産、育児を意識している女性でも親身に相談にのってもらえるだけえなく、求人を紹介してもらえます。

年収でいうと400〜500万円台の求人に注力しています。全国どこでも幅広く求人を扱っているので、現在この年収ゾーンあれば利用を検討してみてください。

長期的なキャリア形成を真剣に考えている女性におすすめの転職エージェントです。

無料登録はこちら(公式サイト)

 

ビズリーチ

【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

 

ビズリーチは転職エージェントではなく有名企業の非公開求人や高年収の求人を紹介してもらえる転職サイト。

一般的な転職サイトは自分から求人情報を探して気になって求人に応募しますが、ビズリーチの場合は企業やヘッドハンターからのヘッドハンティングを受ける仕組みです。

他の転職サイトやエージェントに比べてハイレイヤーの求人情報を多数取り扱っているので、年収UPの転職にチャレンジしたいなら登録必須。

ビズリーチ経由でのみ応募できる非公開求人も多いので、年収が一定以上なら登録しておきましょう。

希望条件をある程度絞って転職活動したい人や受け身で転職活動している人、特定の業界や職種の知識豊富なヘッドハンターからの紹介を受けたい人はビズリーチとの相性がいいはずです。

登録はこちら(公式サイト)

 

あわせて読みたい
転職エージェントの比較は狙う年収別が成功の基本【女性向け】 こんな疑問についてお話しします。 転職エージェントの比較は狙う年収別が基本 【年収300万円〜】リクルートエ...
あわせて読みたい
30代女性の仕事の悩みを解決に導くシンプルな考え方【具体例あり】20代半ばまでは、それなりに働いていれば将来思い描いた生活ができているに違いないと将来を楽観的に考えていても問題ありませんでした。 ...
あわせて読みたい
転職で年収を上げるために女性ができること【私も年収100万UP】 この記事を読むと以下のことがわかります。 転職で女性が年収を上げるためにできること5つ 高年収を狙う女性に役...

 

スポンサーリンク